人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

タグ:郷田真隆 ( 2 ) タグの人気記事

羽生九段の強さ!

本日、将棋ファンはネットは「3窓」、そして午前中はNHK杯中継と将棋一色だったろう。

無冠となりながらも改めて強さを見せつけたのは,NHK杯戦である。
羽生善治九段は本日放映されたNHK杯将棋トーナメント決勝で郷田真隆九段を下し、7年ぶり11回目の優勝を達成した。
これで一般棋戦の優勝回数が45回となり、大山康晴15世名人の44回を抜いて単独トップに立った。

将棋史を「平成」で区切るというのもいささか抵抗もあるが、羽生九段の場合は、NHK杯で「4名人」を破って、あの衝撃の優勝をしたのが、平成元年であり、そして「平成」最後の年も優勝したというのだから、まるで絵にかいたような勝ちぶりである。

角換わり腰掛銀という最新形である。
アマチュアは指さない方がよいといわれる非常に難しい将棋である。
羽生九段は常に一番難しい将棋に挑戦する。
そして解説佐藤康光九段を唸らせる43歩を放つ!

金銀の効くただ捨ての場所である。
「凄い手ですね!」
「いやあこの手の意味は分からない」
「温めた手ですね」
「しかしこれは研究してても指せない」と佐藤九段を唸らせ、そして勝ち切るのである。

羽生九段は27年間何らかのタイトルを保持していたが、無冠の時も棋戦優勝はしている。
つまり本当の意味で、「無冠でかつ優勝もない」という年は、この「平成」の間は一度もなかったのである。

実に凄すぎる!
.

by kazuo_okawa | 2019-03-17 18:59 | 将棋 | Trackback | Comments(0)

4強全て、羽生世代!

いやいや何というか。
NHK杯のベスト4。

すでに準決勝進出を決めていたのが羽生善治九段、丸山忠久九段、森内俊之九段。

そして残る一枠を闘ったのが、広瀬章人竜王と郷田真隆九段。
郷田九段は好きな棋士だが、ここは広瀬竜王を応援していた。
しかし勝利したのは郷田九段。
見ていて面白い激しい将棋を制した。
矢倉模様ながら、現代的なバランス重視の玉の薄い闘い。

NHK杯は早指し戦である。
昔から、こういう時間の短い対局は若手が有利としたものだが…。
そしてそれゆえに将棋界の未来を占う棋戦として注目を浴びていたはずだが…。

結果、郷田九段が勝利し、これでベスト4は全員羽生世代となった。

しかも8大タイトル時代でありながら、タイトルホルダーは一人もいない。

いやあ、なんというか…。

繰り返し、繰り返し言われてきたことだが、「羽生世代」の凄さを改めて思い知る。
これで決勝戦が、羽生対森内戦となれば、まるでかつての「名人戦10年」のようなデジャブ現象のように思ってしまう。
将棋史の針を戻すことになるのではtと…。
う~ん。

【3月3日追記】
羽生九段は丸山九段を破って決勝戦に進出した。
何かここのところ3局連続で「羽生の手の震え」を見ている。
このこと自体が羽生の全盛期を彷彿させる。
解説谷川九段が指摘していたが、羽生九段は平成時代27年間タイトルを保持していたが、タイトルを保持していないときでも棋戦優勝はしているという。
つまり羽生にとっては<タイトル保持か棋戦優勝>の連続記録中だという。
それ自体恐るべき記録であるが、そのためにはこのNHK杯はその記録を続けられる残った棋戦だという。
.


by kazuo_okawa | 2019-02-25 21:56 | 将棋 | Trackback | Comments(0)