私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

タグ:谷川浩司 ( 8 ) タグの人気記事

『泣き虫しょったんの奇跡』は、将棋棋士・瀬川晶司の自伝ノンフィクションである。

その小説を今回映像化した。
サブタイトルは『サラリーマンから将棋のプロへ』。

将棋のプロは奨励会というプロ養成機関に入会し、そこを勝ち抜き四段になってプロとなる。瀬川氏は奨励会に入会したものの26歳までという年齢制限で奨励会を退会。

従来の制度なら、二度とプロ棋士にはなれない。

瀬川氏も退会後約9か月、魂を奪われたように引きこもり、その後サラリーマンへ。
再び将棋をはじめ、その後、アマチュアとしてプロに勝ちまくったことから、それまでにない異例のプロ編入試験を実現させ、そして実際にプロ入りした。
その意味で奇跡の物語であり、その瀬川氏自身の実話である。

映画冒頭は駒を大橋流で並べる場面から始まるが、手つきが様になっている。

そして70年代からのストーリーは、谷川浩司中学生棋士誕生のニュースや、羽生善治七冠誕生へ向けて「虹をかける」記事など、将棋史を思い起こさせ、そういう点からも将棋ファンとしては実に懐かしい。

また、瀬川氏のプロ編入は、当時、リアルタイムで楽しんだ。
そして瀬川氏の原作を読んでいるものからすれば、実に感動的である。
映画自体は、現在のプロ棋士も出演し、これも楽しい。

それやこれやで将棋ファンにとっては、そのデティールも含め、実に感動的で素晴らしい映画である。

ただ、『3月のライオン』のように、将棋を全く知らないものにも楽しめるかどうかは分からない。

知らない人へ、いかにその『奇跡』を伝えるか。
『伝える』難しさ、という別のテーマを同時に思い起こしてしまう。

とはいえ、将棋ファンたる私は感動しました。
.

[PR]
by kazuo_okawa | 2018-09-22 19:25 | 将棋 | Trackback | Comments(0)
佐藤天彦名人に挑戦する名人戦7番勝負第6局。
名人の3勝2敗、羽生義治竜王からすればカド番である。

その重要な対局に羽生竜王は、名人の初手26歩に、なんと2手目62銀!

いやあ、古くからの観戦将棋ファン(見る将)ならこの2手目だけで体が震えるだろう。
20数年前の対谷川浩司戦をはじめ、羽生竜王が「不利」と言われながらも駆使した戦法である。

もっともこの時は初手76歩に対する2手目で、この場合の2手目62銀については羽生竜王自身数局連採したうえ、結局、「よくない」と結論付けたはずであったが…。
但し、プロ的には同じ2手目62銀でも、初手26か76かで違うのかもしれない。
とはいえ素人的には初手26に62なら、先手に飛車先交換されて余計よくないと思うのだが、近時ソフトの影響で飛車先交換はそれほど得はないとされてきたので、ヴァージョンアップされた2手目62銀なのかもしれない。

いずれにせよ意外な一手をこの重要な一局に用いた。
おそらく思うところがあっての採用だろう。

振り返れば、対局前に大橋流で駒を並べるとき、羽生竜王は通常は角行の前に歩を置くときには(頭の丸い)角行に当たらないように置き、飛車にはむしろ飛車のエネルギーをもらうように飛車に歩の駒を当ててその前に置くといわれるが、本日は(飛車は無論)角行の前の歩も、角行に当てて並べた。

本日の作戦を力戦型とあらかじめ考えており、それが力強い駒並べとなったのだろう!!
2手目62銀!
この後の展開が実に楽しみである。

【20日追記】
その後、見ごたえのある攻防が続き、佐藤天彦名人が防衛した。
内容及び柔軟な名人の差し回しは見事である。
羽生竜王の工夫した力戦を制したのであるから、名人の強さを物語っている。

.


[PR]
by kazuo_okawa | 2018-06-19 12:23 | 将棋 | Trackback | Comments(0)

春は名人戦!2018!

佐藤天彦名人に挑戦するのは将棋界のスーパースター羽生善治竜王である。
昨年、永世七冠を達成し、国民栄誉賞にも輝いた。

羽生竜王を生き返らせたのは間違いなく若き天才藤井聡太である。
羽生竜王は、タイトルホルダーとして藤井聡太を迎え撃つつもりなのだろう。
まさしく最強挑戦者である。

一方、佐藤天彦名人は、谷川永世名人が、天才ルーキー藤井の活躍を褒めつつもそのときに、二〇代、三〇代棋士は何をしているのかと檄をを飛ばした、その中心が佐藤天彦である。
本来は天下を取っていなければならない。
しかし上に羽生世代、下に藤井聡太である。

この羽生と天彦の両者の名人戦である。

その第一局の一日目。
戦型は横歩取り!!
いやあ、戦型を知って体が震えました。

言うまでもなく、佐藤天彦の必殺戦法であり、名人奪取の最終兵器でもあった。
2年前の羽生名人とは文字通り「横歩取りシリーズ」であった。

羽生竜王は、そのリターンマッチの今回に再び横歩取りで挑んだのである。
無論、羽生竜王はオールラウンドプレイヤーであるが、横歩取りというのがいい。

全盛期の羽生は、相手の得意戦法を選ぶ事で知られていた。
まるで全盛期に戻ったのかのような戦型選択である。

加えて進行は、見ていて面白い激しい空中戦!

実に楽しみな名人戦が始まった。

【追記】
一日目から、見ていて華々しい、空中戦。
この激しい闘いを羽生竜王が制した。
凄い!
2年前も羽生が先勝したが、2局目で流れが変わった。
次回が極めて注目であり、実に楽しみである。

.

[PR]
by kazuo_okawa | 2018-04-12 00:34 | 将棋 | Trackback | Comments(0)
いあや恐るべき勝利である。

将棋界の超新星藤井聡太新四段のためのAbemaテレビ時別企画である。
こういう特別企画をされること自体が天才藤井に対する将棋界の期待の大きさを感ずる。
何せ将棋界5人目の中学生棋士。
14歳である。
それまでの中学生棋士4人は羽生三冠や谷川浩司永世名人など大棋士ばかり。

そこでその藤井のために、羽生三冠を始めとした錚々たる7人の実力者と戦う企画が作られたのである。
題して炎の7番勝負。
藤井はその開幕戦を制した。

初戦の相手は新人王増田四段。
藤井デビューまでは最年少棋士である。
同時に藤井以外のただ一人の十代棋士でもある。

対局前インタビューで増田は「藤井に注目がいったので、注目を取り返す」とその意気込みを語っていた。
同じ十代棋士として負けられない。

しかし藤井はその若手実力者に対して完勝である。

何と言っても藤井の終盤の強さが凄まじい。
詰将棋日本一の実力を持つ脅威の終盤力である。

増田が藤井の玉頭を攻めてきたとき、藤井は単身で9筋に逃げる「97玉」!
司会が「鳥肌がたった!」と述べた場面である。

そして最終場面、自玉を安全にして勝ちに行くのではない。
一瞬にして相手を詰ます!
長手数の詰将棋であるが、読み切っているのが凄い。

いやあ実に魅力的な天才棋士である。

7週連続で毎週日曜日夜に放映されるというのであるから、第二局以降も実に楽しみである。



.
[PR]
by kazuo_okawa | 2017-03-13 07:32 | 将棋 | Trackback | Comments(0)
将棋界のスーパースター谷川浩司は私の好きな棋士の一人である。
若き谷川が順位戦を駆け上がっていったときどれほどわくわくしたことか。
そして名人奪取のとき私は関西将棋会館で拍手を送ったものである。

その谷川が一連のスマフォ疑惑事件(本来は竜王戦挑戦者交代事件と呼ぶべきである)の責任をとって会長職を辞任した。
体調不良も理由の一つというのだから、その人柄からして、多いに悩まれたに違いない。
トップとして責任を取ったことは潔いだろう。
しかしファンとしてこれほど悲しいことはない。
…本当の意味の責任者は誰なのか。

渡辺竜王は、「メディアの取材に応じたこと」により迷惑をかけ、お騒がせをしたことを謝罪しているが、三浦に疑いをもち三浦に非常に辛い思いをさせたことへの謝罪はない。

私にはどうしても、冤罪判明後の警察の対応を想像してしまう。
最大の人権侵害、冤罪が判明しても警察が謝ることはほとんど無い。
「捜査は適切であったと考えている」
どれだけこのようなコメント聞いてきたことか。
そしてそれが冤罪被害者(元刑事被告人)にさらに追い打ちをかけて辛い目に遭わせている。

三浦九段の復帰戦は、最大の注目が集まるだろう。

マスコミが注目するのみならず、三浦九段に判官贔屓が生ずるかもしれない。
戦型はどうするのか。
三浦九段が疑われた戦型で闘うのか…。
対戦相手は色々な意味でやりにくいに違いない。
一体誰が相手するのかと思われるが、本日、その復帰戦も発表された。

何と、その相手は、羽生三冠!
言わずと知れた将棋界の「神」である。
そしてこの一連の事件の中で(限られた情報の中で)「疑わしきは処罰せず」との一番まともなコメントを出していたのが羽生である。

今の将棋界の混迷を救うのは羽生しかいないだろう。
ときあたかも、渡辺対千田の棋王戦が始まるが、考えようによっては、タイトル戦よりも重要な一局であることは違いない。

【2月4日追記】
ニュースによれば谷川元会長は入院したという。谷川ファンとしてはやるせない思いがする。
どうか一日も早く元気になってほしい。



.
[PR]
by kazuo_okawa | 2017-01-18 23:08 | 将棋 | Trackback | Comments(0)
9月3日、将棋界の超新星の誕生である。
三段リーグを単独トップで勝ち抜き、プロになる登竜門として一番苦しいと言われる三段リーグを、何と一期で駆け抜けた。
14歳2ヶ月のプロ入りは将棋史上最年少である。

終盤力の無類の強さを武器としている。
藤井のこれからの上位陣との闘いはわくわくする。

絶対王者羽生が名人戦で、若き実力者佐藤天彦に敗れた。
佐藤天彦が新名人になったその年に藤井プロの誕生である。
将棋界にとって今年が歴史的な一年であることは間違いないだろう。

それにしてもスターは足踏みしない、とつくづく思う。

【追記】
主要5紙を読む。
無論、いずれも詳しく取り上げている。
朝日、毎日などは一面であるのが嬉しい。
主催棋戦との関係であまり他紙のタイトルは書きたくないのかも知れないが、「横綱を目指したい」とかでは、何を言っているのか、という記事もある。
しかし各紙読み比べるとおそらく次のように言ったのだろう。
「あこがれの棋士は谷川浩司、闘いたい棋士は羽生善治」そして「名人を目指したい」
終盤力を武器とする藤井新四段が、あこがれの棋士を「光速の寄せ」谷川とするのはよく分かる上、これまた谷川ファンとしても嬉しい。
渡辺竜王を筆頭に玉を硬く固める闘いが主流だが、薄い守りのまま闘いを仕掛け、スピード溢れる終盤力勝負が、見ている分には面白い。
そういう戦型のブームをリードしていく棋士になるか。
いやあ、色々な意味で楽しみが大きい。

【9月6日追記】
先に「歴史的な一年」と書いたが、たまたま「将棋世界」最新号を読むと、将棋界にとって20年ごとにビッグニュースが起きるとして、20年前の「羽生七冠誕生」など20年ごとの将棋界の出来事が書かれていた。
偶然だろうが、その法則に従えば今年は確かに歴史的な一年となった。

【2018年2月27日追記】
「スターは足踏みしない」と書いたが、足踏みしないどころか藤井聡太の駆け上がる速度はすでに「光速」である。




.

[PR]
by kazuo_okawa | 2016-09-04 10:01 | 将棋 | Trackback | Comments(0)
谷川浩司第十七世永世名人の唯一の弟子である。

谷川と言えば、阪神淡路大震災のとき、一度は、羽生の七冠制覇を防いだ。
谷川自身、そのとき震災の被害者でもある。
その震災下で、羽生と王将戦を戦ったことは将棋史に残る名勝負であった。

都成竜馬は、1月17日生まれである。
誕生日が震災の日であるというあさからぬ因縁を感じ、谷川は都成を弟子にとったと言われている。

都成は若くして才能を発揮し期待された棋士であったが、三段リーグを長く抜け出せなかった。
それがようやく四段デビューとなった。

本日の公式戦は13局。
その内、将棋連盟アプリで3局が中継されたのだが、その3局の一つが、都成のデビュー戦であった。

注目度の高いことが分かる。
そして都成はそのデビュー戦を勝利した。
注目された中で勝つというのは、プロの世界では極めて重要である。

私は、豊島七段をはじめ、おおむね関西の棋士をひいきにしているのだが、また楽しみが増えた。

【2018年3月17日追記】
都成四段は3月15日C級2組順位戦に勝利し、五段昇段とC1への昇級を決めた。


.

[PR]
by kazuo_okawa | 2016-04-21 23:23 | 将棋 | Trackback | Comments(0)
新年1月2日にBSフジで放送された
「The GAME 震えた日 
羽生善治vs谷川浩司『史上初の七冠制覇』」が
大変面白かった。

1996.年2月.14日に最後の王将戦のタイトルを
奪うことによって達成した、羽生の将棋界七大タイトル全冠制覇を
18年後の今、当事者2人、即ち勝者羽生善治三冠、敗者谷川浩司九段が
大崎善生、つるの剛士を交えて語るという
将棋ファンにとっては楽しみな番組であった。

内容は、羽生の七冠挑戦につねに立ちはだかった
谷川浩司との壮絶な戦いの歴史から紐解き
対局中のさまざまなエピソードや盤上の戦略を、
羽生、谷川本人が語り合い、そして、最後に
七冠達成の決め手となった対局を、当人たちの語りとともに
再現するというものであり、このような企画は過去にない。

将棋には勝負の終了直後に、両者が将棋を振り返って検討する
「感想戦」というものはあるが、
後日、両者が、一緒に対局を振り返るという企画はこれまでにはない。
敗者の気持ちを考えればこれは当然であろう。

しかし、それが今回、このような企画が実現したのは
それくらい、羽生七冠制覇の偉業が素晴らしい上
今や日本将棋連盟の会長である谷川が
大きな観点から将棋ファンのために了承したからに違いない。

敗者谷川の語り口は興味深い。
勝者羽生もおごらず、言葉を選んで話す様は印象に残る。

羽生はこの前年も、七冠制覇の直前まで行きながら
それを谷川に阻止された。
しかしその後一年、羽生は六冠を全て防衛しつつ
再び王将戦の挑戦者決定リーグ戦も勝ち抜いて
挑戦権を獲得するのである。
この凄さは形容のしようがない。

常に羽生の前に立ちはだかった谷川。
谷川からすれば急速に追いかけてきた後輩の実力者羽生。
谷川対羽生の激闘ほど面白いものはないが
しかし両者の語り口は極めて紳士的である。

大崎善生は当時、専門誌「将棋世界」の編集長であり
七冠制覇のシリーズを間近に見ており
且つ、七冠達成後「将棋世界・臨時増刊号」を発行している。
その大崎も振り返っており、テレビ番組として
面白くないはずはない。

その番組中、印象的だったのは
この王将戦に先立つ、別のタイトル戦のエピソードである。
羽生竜王が挑戦者谷川を迎え撃つ竜王戦で、
それは羽生が初めて、谷川の挑戦を受けるという初めての場面であったが
そのときチャンピオン羽生が、上位者の役割として、
駒袋から駒を取り出すときに、羽生の手が震えた、
というエピソードを、大崎が語っていたことである。

後年、羽生は、自己の勝利を確信するときに
手が震えることで有名になるのだが
初期の頃は違ったかと、妙に私には印象に残った。

こういう駒袋を開けるシーンは編集者として絵になるのだろう。
七冠制覇シリーズではどうだったか。
前著「将棋世界・臨時増刊号」を改めて読み返してみると
やはり大崎編集長は一頁使って羽生が駒袋から
駒を取り出すシーンを掲載している。
もっとも大崎はこの王将戦では
「羽生のしぐさ表情には、将棋への畏敬の思いが漂っている」と
キャプションに書いている。

番組では、七冠達成を決めた一局を再現し
それを検討している。
谷川が、敗者側として語るのは
さぞかし辛いものがあるだろうが
淡々と振り返るのはさすがにプロである。

ところが、前著「将棋世界・臨時増刊号」を
18年ぶりに読み返して驚いた。
この前年に、羽生が七冠達成に失敗した直後
共同記者会見をどうするかについて
記者が敗者羽生に「どうですか。嫌ならいいんですが」と
尋ねたときに、羽生は
「いいですよ、やりましょう」と拍子抜けするくらいに
あっさりと答えたという。

その様子に、毎日新聞加古明光記者は
青年羽生に「感嘆した」と書いている。

谷川、羽生、
自ら、敗者の弁を語ることも
超一流の証なのかもしれない。
.
[PR]
by kazuo_okawa | 2014-01-04 22:48 | 将棋 | Trackback | Comments(0)