私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

タグ:藤井聡太 ( 18 ) タグの人気記事

藤井七段最後の新人王戦

帰宅して10月10日付け朝日新聞夕刊の一面に驚く。

何と、これから始まる将棋新人王戦三番勝負の記事である。
何か、ほかに大事なニュース記事はなかったのかとも思うが、将棋ファンとしては嬉しい。

決勝戦三番勝負は、藤井聡太七段対出口若武三段である。

藤井聡太七段は将棋ブームを牽引した一人であり、将棋史に残ることは間違いない若き天才である。
一方、出口若武三段はいわゆる奨励会三段でまだプロではない。
普通に考えれば、これから始まる新人王戦などは新聞記事にはならないが、それが記事になるのは、何しろデビュー2年の藤井七段が早くも新人王戦の出場資格を失う(それゆえ最後の新人戦)からであり、その一回きりの新人王を獲得するかが注目されているからである。

何せ過去の新人王は、羽生善治竜王、渡辺明棋王、佐藤天彦名人など棋界を牽引する超一流棋士の登竜門となっている。

おそらくこの三番勝負は藤井七段の勝利、つまり新人王獲得で終わるだろう。

しかし、この新聞記事で思うのは、藤井井七段よりも出口若武三段の「強運」である。

何故なら、奨励会三段が一般紙の一面を飾ることなど、普通はありえない。
それがなったのは、相手が藤井七段だったからである。
それはある意味で、出口若武三段の強運と言えるだろう。

実際、新人王戦の決勝戦にまで行きながら惜しくも新人王を逃したものの、その後活躍した棋士は少なくない。
佐藤康光元名人(現将棋連盟会長でもある)、郷田真隆元王将、中村大地王座、豊島将之二冠などこちらも素晴らしい。

出口若武三段にはそのチャンスがある。

その強運を生かせるかどうかが興味深いのである。

【10月17日追記】
藤井聡太七段は17日、新人王戦決勝3番勝負の第2局で、出口若武三段を105手で破り、大方の予想通り優勝した。もはや、誰も驚かないことが逆に凄過ぎる。
.


[PR]
by kazuo_okawa | 2018-10-11 03:40 | 将棋 | Trackback | Comments(0)

菅井王位の貫禄!

今朝のデイリースポーツを見ると「藤井七段ガックリ」との見出しが出ている。

天才将棋棋士の藤井聡太七段が9月3日、渡辺明棋王への挑戦者を決める第44期棋王戦挑戦者決定本戦トーナメントの初戦で、菅井竜也王位に133手で敗れ、藤井七段が今年度のタイトル戦に登場する可能性は絶たれたからである。

まあ、藤井七段は、朝日棋戦で優勝しているが持ち時間は短い。

そのため、この対菅井戦は注目であったが、菅井王位の公式戦2連勝(無敗)となった。

ニコ生のタイムシフトを見ると
藤井七段の「ガックリ」ぶりが凄い。

一方、対局終了後、藤井七段のマイク・インタビューに答える間、菅井王位が腕を組んで、かつ、顔を上方に向けている姿が印象に残る。

まだまだ負けん、というオーラがその姿勢から伺えて、大変興味深い。
.

[PR]
by kazuo_okawa | 2018-09-04 17:55 | 将棋 | Trackback | Comments(0)

増田六段のリベンジ!

藤井聡太七段と増田康宏六段との間で行われた竜王戦決勝トーナメント2回戦で、増田六段が125手で勝利した。

増田六段は、昨年6月に藤井七段が公式戦最多の新記録29連勝を達成した時の因縁の相手である。
約1年ぶりの対戦で今回は増田六段がリベンジした。

連続新人王であり藤井登場までは最年少天才棋士であった増田六段としては、昨年の藤井フィーバーと自分が新記録樹立を許したことに最大の屈辱を感じたことは想像に難くない。
増田六段は万全の体制で本局を迎えたことだろう。

先手増田六段が55手目から一気に猛攻を仕掛ける。

62手目に藤井七段が10分使ったあとは、互いにほとんど時間を使わずに指す!
つまり<あなたはそう指しましたか。しかしそれはこちらの読み筋通りですよ>と指し示ていることを意味している。

解説田村康介七段の言葉を聞くだけでこの対決の凄さはわかるだろう。
「何故こう指すのか、私にはわかりません」
「早い、早い」
「お互い、読んでますよ!ということです」
「これは凄い」
「天才同士の勝負です」
「どちらが読み勝っているんでしょうか」

73手目まではソフトは微差で藤井優勢。
しかし、74手目藤井に緩手。ソフトは一気に逆転。
ここから増田六段は手厚く指して勝ち切った。

これで両者1勝1敗!

増田・藤井の年齢差(5歳)で思うのは、かつての田中寅彦(元棋聖)VS谷川浩司(第十七世永世名人)である。

二代目中学生棋士として颯爽とデビューした天才谷川浩司に対して、ちょうど5歳年上の「序盤のエジソン」こと田中寅彦は闘志を燃やし二人は激しく戦った。
谷川・田中のライバル関係は短かったが、藤井・増田はよきライバルとして長く好勝負を続けてほしい。
.


[PR]
by kazuo_okawa | 2018-06-30 10:12 | 将棋 | Trackback | Comments(0)
15日東京への往路、車中で、「将棋コンピュータ・ソフトを上回る藤井聡太」とネット上話題になった竜王戦五組決勝をタイムシフトで見る。

先手石田直裕五段、後手藤井聡太七段の対局であるが、確かに65手目からが実に面白い。
後手番藤井七段は6筋に、62金63銀。
飛車は81に配置され、よくある「81飛62金型」である。

65手目石田五段が64歩に同銀とつり上げ、開いた63の地点に歩!
取ると81飛と63金の間の72銀と割り打ちになるから、普通は72金とよるか、61金と引く。
いずれにせよ、金は逃げる。

ところが藤井七段は、人間的には読めない63同銀!

この瞬間、解説は驚き、視聴者も驚きのツイートが画面いっぱいに流れる。

この後、後手86飛車、87歩、 76飛車、77歩、これを藤井七段は「飛車ただ捨て」の同飛!
圧巻である。
この瞬間、「あああ…」、というツイートや「ソフト越え」の文字が流れる。

これを66手目、64同銀のときから読んでいるのであるから解説のプロもうなる驚異の読みである。

この後も、藤井七段の攻撃は、歩頭の桂馬や、66角捨てなど妙手も続くのであるから本当に見ていて面白く、また強すぎるのである。

確かにこれはタイムシフトで見る価値のある対局である。
いや「見る将」なら必見!
.

[PR]
by kazuo_okawa | 2018-06-16 07:57 | 将棋 | Trackback | Comments(0)

4月22日のNHK杯戦は面白かった。

若手の大橋貴洸四段が、強豪三浦弘行九段見事に下したからである。

しかもその内容が力戦形でトリッキーで見ていて面白い。


実はこの大橋四段昨年度の実績は、全棋士中、

勝率2位,勝数2位、対局数3位という実に好成績の実力派なのである。


ところがその上位に藤井聡太六段がいたために目立たなかったが本当はすごいのである。


そして大橋四段はその藤井とプロ入り同期で、かつ藤井とは公式戦で2勝2敗なのである。

いやあこれだけでも藤井六段に対する秘めたる闘志が窺えますね。


大橋四段は、関西将棋まつりなどで何度かお見かけしたが、お洒落な服装とともに

謙虚な雰囲気、それでいて将棋は強気と、俄然面白い。

楽しみな若手棋士の一人である。


.



[PR]
by kazuo_okawa | 2018-04-26 22:04 | 将棋 | Trackback | Comments(0)
将棋界のスーパールーキー藤井聡太六段が22日、第66期王座戦2次予選ブロック決勝で糸谷哲郎八段を破った。
帰宅してAbemaを見ると終局している。
将棋連盟アプリにアクセスして仔細を知る。

いやあ恐ろしいとしか言いようがない。

藤井六段は、確かに朝日オープンで佐藤天彦名人、羽生竜王、広瀬八段を破ったが、朝日オープンは持ち時間が短い。
非公式戦も同様に短い。
そして持ち時間が短いのは、若手に有利である。

ところが22日は持ち時間5時間の公式戦である。
しかも相手は関西の実力者,DJダニーこと糸谷八段であり、元竜王でもある。

藤井六段は過去公式戦で、関西の若手実力者菅井王位、豊島八段、稲葉八段に敗れているが、彼らは糸谷八段のライバルでもあり、それゆえ糸谷八段としても決して負けるわけにはいかなかった。

しかも戦型は糸谷八段得意の角替わりから力戦型。
その力将棋を藤井六段は制したわけだ。

強い!
強すぎる!
藤井六段は、これで「挑戦者決定トーナメント」進出を決めた。

トーナメントは16人が参加し、優勝者が中村太地王座に挑戦することになっているが、
いやはやなんというか、あと4勝で挑戦者である。
藤井六段は「棋戦初参加初タイトル」という、またしても漫画の世界のような、ありえない道を進んでいるが、ここまでくれば是非実現してほしい。


.




[PR]
by kazuo_okawa | 2018-03-23 11:43 | 将棋 | Trackback | Comments(0)

豊中で講演を頼まれていたため最後の部分しか見られなかったが、それでも、決勝の妙手45桂から見ることが出来た。
そして中学生棋戦初勝利の場面も…。

将棋ファン注目の、対羽生竜王との初対決が話題となった朝日オープン。

天才中学生が、絶対王者羽生竜王を準決勝で制し、そして決勝戦で、もう一方の山から勝ち上がった広瀬八段に勝利したのである。

いやあ、信じられない。

将棋漫画で、デビュー1年強の中学生が勝ちまくるというようなストーリーを展開すれば、ばかばかしいと多くの読者は思うだろう。
それくらい凄いことが、つまり漫画以上のことが現実に起こったのである。

羽生対藤井の新旧天才同士の対決は、その姿を見ているだけで、将棋ファンなら体が震える。
しかも羽生は相居飛車を選択し、最新型雁木であり、受けて立つ姿も垣間見れる。

ABEMA解説者は、谷川浩司17世名人と中村王座、現地解説は佐藤天彦名人。
この豪華さだけで注目度はわかるというものである。

そして注目された中で、藤井五段は羽生に勝利し、そして優勝したのである。

何ともいえない驚きが、知的興奮を隠しきれず、極めて心地よい。


【追記】
Abemaテレビの朝日オープンの番組が凄い。
夕刻、藤井五段優勝のあとも、ずっと放送を続けている。
まさに将棋史に残る歴史的な一日をたっぷりと分析してくれた。
いかに画期的な一日だったかということが改めてよくわかる。
詳しい解説がよい。
藤井五段を受けて立つ羽生竜王が、最新トレンドの雁木を選択したことに、オールラウンドプレイヤー羽生が、変化球ではなく、ストレートで臨んだことがわかる。
それと共に、大一番でも相手の得意型(最新型は若い棋士ほど詳しい)に飛び込むのはまさに全盛期の羽生流でもある。
負けたとはいえ、羽生は羽生らしさを示している。
むしろ持ち時間の長いタイトルマッチならどうなるか興味は尽きない。
解説の谷川永世名人は「わずか1年強の棋士に優勝されるのは、20代、30代の棋士が情けない」と述べていたのも印象に残る。
谷川の言う、佐藤天彦名人、菅井王位、中村王座らタイトルホルダー世代。
そして、藤井の30連勝を止めた佐々木勇気ら20代前半世代。
これらの世代が絡まないと面白くない。
このあと数年の闘いが実に楽しみである。


【2月18日追記】
主催者朝日新聞の18日付文化欄の将棋解説が詳しい。
79手目43歩といういわゆる「焦点の歩」を図入りで詳細に説明している。
この歩が藤井の名手であり、羽生をして迷わせたということは記事ともどもよくわかる。
おそらく後々まで語られるであろう。
しかし、では、この場面で羽生がどう指すべきだったかは解説されていない。
ニコニコ生放送でのコンピューターAIの指し手は、なんと、どの駒でも取らずに玉が51に逃げるという極めて意表をつくものであった。
AIの指し手も含めて後に検討結果が示されるであろう。
後日発売される「将棋世界」が楽しみである。



.


[PR]
by kazuo_okawa | 2018-02-17 17:18 | 将棋 | Trackback | Comments(0)

天才対決の予測!

羽生竜王対藤井五段の初対決が話題を呼んでいる。

この土曜日2月17日に朝日オープンの準決勝で二人が闘うのである。

非公式戦では1勝1敗だが、あくまで非公式戦に過ぎない。

棋界の第一人者羽生に藤井が勝ち、さらに決勝でも勝利すればそれはとてつもなく凄いことなのである。

まあ、普通はあり得ない!

どう考えてもあり得ないのだが

実は羽生自身が、五段時代にNHK杯戦で、歴代四名人を破ったことは羽生伝説としてあまりにも有名である。

とすれば藤井五段も、伝説を作って何らおかしくない。

の藤井五段。

前哨戦である14日に、大阪市の関西将棋会館で指された新人王戦で藤井五段は古森悠太四段を難なく85手で破った。

将棋連盟アプリで見たが(というか、夕方、仕事を終えてABEMAにアクセスすると終わっていた)強すぎる!

しかもニュースによれば、この日はバレンタインデーとあって、同会館には藤井五段宛てのチョコレートも大量に届けられ、藤井五段は持ち帰れないほどだったという。

何やら流れが藤井に吹いているように思える。

しかし相手は歴戦の強者、羽生である。

永世七冠である。

いやあ、まったく読めない。

羽生が貫録を示して藤井を打ちのめすのか、

それとも藤井伝説第二章が始まるのか。

オールラウンドプレイヤー羽生がどういう戦型をとるかも注目である。

私は,相居飛車で、羽生の勝利と予想するが、まったく自信がない。

【追記】
ご承知の通り、天才対決は藤井が勝利し、同棋戦で初優勝した。
.


[PR]
by kazuo_okawa | 2018-02-14 23:53 | 将棋 | Trackback | Comments(0)
  • 日本将棋連盟から、2017年獲得賞金・対局料ベスト10が発表された。
    1位は渡辺明棋王である。

    昨年、誰が活躍したかを考えたとき、将棋ファンなら「これはないだろう」と思うのではないか。

    渡辺棋王は、昨年、竜王位を失冠している。
    そして、棋王、竜王以外のタイトルには何ら絡んでいない。
    それどころか前半は勝率3割台であった。

    にもかかわらず渡辺棋王がトップなのは、竜王戦に限っては、翌年に賞金が得られるからである。
    つまり渡辺は、2016年に竜王だったからその賞金が2017年に反映されているのにすぎない。
    毎年いっているのだが、その年の活躍ぶりが分かるのが、「獲得賞金・対局料ベスト10」の意味なのであるから、
    実際に払われる年でなく、その権利が発生したときにすべきである。

    そうすれば、渡辺は一位ではなく、一位は羽生竜王である。
    羽生のみが唯一複数タイトルであるから、これは実感にもあう。

    私は以前からそのように訴えている。

    ときあたかも藤井聡太四段が、五段に昇格した。
    史上最年少五段であるが、実はひふみん加藤一二三九段も同じく若くして五段になっていた。
    しかし加藤九段は権利獲得時でなく、年度変わってから昇段となった。
    それゆえ藤井五段が史上最年少である。
    これは権利獲得時に昇段という規定に変えたからである。

    これはこれで良い変更である。

    それならば「獲得賞金・対局料ベスト10」についても同じようにすべきだろう。


    .






  • [PR]
    by kazuo_okawa | 2018-02-08 20:46 | 将棋 | Trackback | Comments(0)

    藤井、五段へ!

    藤井聡太五段へ!

    注目のC級2組順位戦、ただ一人全勝の藤井聡太四段が、2月1日、梶浦宏孝四段に勝利し、C級1組への昇級とそして同時に五段への昇段も決めた。

    早速テレビ地上波「ニュース23」でも速報していた。

    2月2日の新聞にも報道されている。

    中学生五段は史上初である。

    素晴らしいとしか言いようがない。

    Abemaとニコ生で生中継されていたが、Abemaの解説は森内十八世名人と豪華すぎる。

    何せ四段同士の対局ですよ。

    藤井四段の注目度がわかる。

    序中番は梶浦の作戦勝ち。

    梶浦としては意地でも負けられない。

    しかし終盤、藤井は強い。

    梶浦曰く「意表の手」をつかれ、そして藤井は最後まで隙なく押し切った。

    これで昇級である。

    谷川浩司の持つ最年少名人位の記録を破るにはノンストップで順位戦を駆け上がるしかない。

    まずその第一段を藤井四段はクリアした。

    順位戦の最終局を残して昇級したのである。

    そして、順位戦最終局の相手は、なんと言うことか。

    最終局の相手、三枚堂は以前藤井が負けている数少ない相手である。

    しかし、日に日に強くなっている藤井はおそらくリベンジし、全勝して「藤井伝説」第一章を締めくくるのであろう。

    【追記】

    その後、藤井五段は2月17日朝日オープンで優勝し六段に駆け上がった。

    五段時代はわずか16日!

    そして五段の藤井聡太は全勝である。

    恐るべし!

    .


    [PR]
    by kazuo_okawa | 2018-02-02 23:53 | 将棋 | Trackback | Comments(0)