人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

タグ:萩生田文科相 ( 2 ) タグの人気記事

さてこう言ったのは誰れでしょうか?

女子や2浪以上男子に対して不当に低く点数をつける医学部の不正入試問題事件。
疑惑の聖マリアンナ医科大は合格者を除いた2次試験の受験生に受験料を返還する一方で、「点差はあるが意図的ではない」として不正は否定している。

ところがニュースによれば21日、萩生田文科相はこうした経緯を踏まえ、「まったく大学に非がなければ、受験料を返す判断にはならない。納得できる説明を期待している」と語ったという。

よく言うよ、としか言いようがない。

発言者は、誰あろう、あの萩生田氏だというのである。
無論、聖マリアンナ医科大の説明には誰しも納得しないであろう。

では萩生田氏自身はどうなのか。
萩生田氏こそ、加計学園事件のカギを握っている一人であるが、この加計疑惑は国民のほとんどはわかっていることだろう

獣医学部新設4要件を満たさないため、加計学園は過去何度申請しても開設は認められなかった。
ところが安倍首相がその最高責任者になるや突然認められる。

何故認められたのか。
「総理のご意向」であるとして官邸が文科省に圧力をかけた。
無論政権は頭から否定。
しかし「総理のご意向」文書も存在し、圧力をかけられた側の前川喜平氏は「公正たるべき行政が歪められた」と述べたのである。

このように客観的事実は明らかに、総理が、総理の「お友達」に優遇したとしか思えない。

ところが萩生田氏も安倍首相も関与は一切否定している。

「納得できる説明を期待している」
この言葉は、萩生田氏自身や安倍首相にこそ向けられるべきであろう。
.

by kazuo_okawa | 2020-01-22 06:21 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)

自民党世論の不可思議?

5日付日刊スポーツ「政界地獄耳」が意味深である。

萩生田文科相の差別的な「身の丈」発言で物議をかもした英語民間試験は、結局延期となったが、それについて「政界地獄耳」氏は書く。

<自民党議員が言う。「英語試験は野党攻勢というより、自民党支持層のネットでの怒りが大きい。今、自民党が見る世論と野党がみる世論動向は違う。>

地獄耳氏の記載はここまでであり、自民党世論と野党世論のどこがどう違うのか、それ以上は書かれていない。
そこが気になるのである…。

野党世論は明快である。
- 経済力のある者が有利な「教育格差」は不公平であり、それを是認する「身の丈」発言は許せない。英語民間試験はやめるべきだ。―

これと違う自民党世論というのが分からない。

自民党世論を意識して「やめた」というのであるから、今回の「英語民間試験」に反対なのだろう。

しかし、それでいて野党世論と違うというのが分からない。

いやあ、本当に、いつも自民党世論は何を考えているのかわからないところがあるのである。
.

by kazuo_okawa | 2019-11-05 21:35 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)