人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー

タグ:若島正 ( 1 ) タグの人気記事

9月28日に日本シャーロックホームズクラブ全国大会を京都大学で開催した。
私はこの実行委員長として場所の手配から内容まで主導的に進めさせ頂いたが、無事に成功して嬉しい。

特別ゲストに綾辻行人氏、望月麻衣氏、秋月壱葉氏、戸川安宣氏、新保博久氏らという、ミステリを愛する人なら直ちにわかる豪華なゲストということもあって早々に申し込みは満席となった。

全体は3部構成で、第1部は大学ミステリ研がテーマ。第2部はホームズ研究の発表。第3部は作家座談会。

第1部は、戸川安宣氏(立教大学)、新保博久氏(早稲田大学)、日暮雅通氏(青山学院大学)、私大川(京都大学)という45~50年前に各大学ミステリ研を創設し率いてきたメンバーが時代や大学ミステリ研を語るというものである。

よく言われている事だが、一番遅くに発足した我が京大ミステリ研は他大学と交わらない「鎖国政策」をとることによって、会員が「犯人当てミステリ」を創作して披露するという他大学のミステリ研にはない全く独自の発展を遂げた。

そして、京大ミステリ研の新人会員へ、先輩の「犯人当て」を経験させることでその「凝縮スパイラル」が生まれ、それが作家に集約したのが綾辻行人氏であるともいえる。
さらに京大ミステリ研からはその後も創作者・作家が続出している。

そうすると、創作・創造こそ京大ミステリ研の特徴であるといえよう。

しかし思えばこれは、私が関係した、将棋、マジックでも京大はそうなのである。

京大将棋部のその特徴は、「強い」というよりも異能の天才創作家を多数生み出したことだろう。
将棋を知るものなら名前をあげるだけで理解してもらえるに違いない。
若島正氏、上田吉一氏、加藤徹氏、小林看空氏…。

京大奇術研究会もそうである。
学生マジシャンとして「見せる」ということでは一般に老舗の私学の方が上手くてビジュアルであろう。
しかし京大奇術研究会はその創作性においてひときわ個性を放つ。
古くは根尾昌志氏から谷英樹氏、池田洋介氏ら名だたるクリエーターが並ぶ。

思えばノーベル賞を生み出す京大の学風とも関係あるだろう。

以上のようなことを第1部「大学ミステリ研」座談会で発表させてもらった。
.     

by kazuo_okawa | 2019-09-29 08:20 | ミステリ | Trackback | Comments(0)