人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

タグ:甘利明 ( 2 ) タグの人気記事

ネットニュースを見れば、
自民党の甘利明選対委員長は31日のNHK番組で、憲法改正について「戦後70年以上がたって今も全部そのまま通ると思うことが間違いだ。政府の解釈で乗り切るのはもうそろそろ限界だ。憲法改正論議はきちんと始めるべきだ」との認識を示した、という。

加えて、衆院憲法審査会が開催されていない現状に関しても「『どうして』と国民は思っている。議論をしていかなければいけない」と主張したとも述べたという。

幾つも間違いがある。

まず「70年たっているから」という、お馴染みの「古くなった」論である。
改憲論者はいつもこれを言う。
しかし、古くなったから変えなければ成らない、と言うのは全く論理的ではない。
内容が素晴らしければ、何年たっても変える必要はない。

例えば、刑法は、ひらがな化や重罰化などの「改正」はあったが、「人を殺してはならない」「ものを盗んではならない」などの根本規範は100年以上たっても変わらない。
こういう根本原理を「古いから」という理由だけで、変えようと思う人はいないはずだ。

憲法も同じである。
「国民主権」「基本的人権の尊重」「平和主義」
この3大原理は古いからと言って決して変えてはならない。

しかし、安倍自民党が画策している「憲法改正」はこの3大原理に手をつけようとするものだ。
この3大原理は決して変えてはならない。

二つ目の間違いは、「解釈で乗り切るのはもうそろそろ限界だ」との発言が、まるで、集団的自衛権の「解釈改憲」は「限界」内のように聞こえる。
しかし、すでに「限界」を超えている。

最後の間違いは、「衆院憲法審査会が開催されていない現状に関しても「『どうして』と国民は思っている。」との点である。

そんな国民はどこにいるのだろう。
「もりかけ」に始まる疑惑から、文書改ざん、統計疑惑など、国民の多くが思っているのは、安倍首相の説明不足である。
そしてそれに加えてごく一部しか潤っていないアベノミクスによるのではない真の景気回復である。

さらに日々の生活におわれる国民にとっては、子育て、雇用、福祉、年金に関心があるだろう。

こういった事よりも、「衆院憲法審査会の開催」に関心をもている国民がどこにいるのか甘利氏には是非教えてほしいものだ。

いやいやそれよりも不起訴になったとはいえ、3年前に問題にされた甘利氏自身の収賄疑惑について(当時、国会を休んで説明せずに逃げたのであるから)説明すべきだろう。
.

by kazuo_okawa | 2019-03-31 18:56 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)
週刊文春最新号で、片山さつき地方創生相が、国税庁への口利きをするとのことで、業者から100万円を受け取ったという疑惑を報じている。

同記事は、税務調査を受けた企業の経営者が2015年6~7月、片山氏側に国税庁への働きかけを依頼し、その見返りとして片山氏の私設秘書の税理士に100万円を支払った、というのである。

「口利き収賄疑惑」である。

片山氏はすぐに、「口利きしたことはない」と述べ、100万円の授受も否定し、週刊文春側を名誉毀損で訴える準備を進めているという。

ところが朝日新聞デジタルニュースによれば、企業経営者は朝日の取材に「税制上の優遇がある青色申告の承認の取り消しを免れるため、片山氏の事務所に口利きを依頼し、私設秘書にもその説明をしたうえで100万円を支払ったことに間違いはない」と話し、税理士も朝日の取材に「国税局への口利きが目的だとは知らなかった」とはいうものの「100万円は受け取った」と説明しているという。

朝日の取材を前提にすればこれだけでも相当怪しい。

これで思い出すのが、同じく口利き疑惑の、甘利明経済再生相(当時)であり、千葉県の建設会社側から総額1200万円の現金や飲食接待を受けていたというものである。
しかし、甘利氏は当時いい加減な記憶で否定し、国会を休んで入院し(国会終了後と同時に退院するのだが)、そして、安倍首相のプーチン来日要請で「私の代で北方領土問題は解決する」と大見得切って、マスコミジャックし、結局、甘利問題はうやむやにしてしまった。
(大見得切ったプーチン来日も、金額は忘れたが、プーチンに巨額の手土産を渡しただけなのであるから二重、三重にひどすぎる)

要するに「もりかけ疑惑」と同じである。
とにかく否定しておけば、そのうち国民は忘れる。

またしても国民は舐められているのである。
これは片山氏の問題であると同時に安倍政権の問題でもあるだろう。
.


by kazuo_okawa | 2018-10-19 01:18 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)