私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

タグ:片山さつき ( 4 ) タグの人気記事

第4次安倍内閣は、安倍首相自身が「適材適所内閣」「全員野球内閣」と称していたが、11月7日付日刊ゲンダイは、「疑惑の4番バッター」片山さつき地方創生相以下、早くも総崩れ、エラーの連続で失点ばかりと安倍内閣を厳しく批判している。

この「疑惑の4番バッター」という表現は実に面白い。

確かに片山大臣は次々と「疑惑」のヒットを飛ばし続けているからだ。

そして片山大臣以外にも太陽光発電をめぐる補助金詐欺事件で関与が取り沙汰されている吉川農水大臣。
暴力団系企業からの献金疑惑が持ち上がっている平井IT担当相。
何よりも担当大臣でありながら、「東京五輪の3つのコンセプト」を全く答えられなかった桜田五輪担当相。
そうそう森友疑惑・財務省公文書改ざん疑惑の責任者麻生大臣も忘れてはならない。
(ひょっとすればこちらが不動の4番!)

どこから見ても、誰が見ても、総崩れ内閣だろう。

ところが日刊ゲンダイで面白いのは締めくくりの次の一文である。

「問題大臣が多すぎるため、野党の追及はあっちへ飛びこっちへ行きと散漫になっている。そのおかげで、予算委は安倍首相が出席する絶好の機会なのに、モリカケ疑惑で追い込むに至りません。チンケな問題大臣を周囲にちりばめて煙幕を張り、自身への追及をかわす狙いかと勘ぐってしまいます」(政治評論家・本澤二郎氏)」

「ちりばめて煙幕」!

これって「木の葉は森に隠せ」ではないですか。

本格ミステリの有名トリックである。
…とこう書きながら、安倍氏は以前もこの見え見えの手法を使い、私はすでにブログに書いたデジャブ感が…。

アベノミクスの目くらまし、加計疑惑の手法…。

見え見えでも同じ下手くそなトリックを何度も使い続ける…。
無論、主犯を正しく見据えなければならない。

【11月9日追記】
松尾貴史氏のツイッターに「灰色が黒の中には白く見え」とあった。
見事である。
と同時に思いは同じか!
.

[PR]
by kazuo_okawa | 2018-11-08 00:34 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)

生活保護バッシング!

5日の参院予算委員会で、
立憲の杉尾秀哉氏が、片山さつき地方創生担当相の「生活保護は生きるか死ぬかのレベルの人がもらうもの」とする過去の発言について追及した。

しかし片山氏が「所管外」として回答を拒否したため、質疑がストップしたという。

そもそも、自分の発言が問われているのに、「所管外」というのが考えられない。
所管外も何もそういう問題ではなく、根本的に憲法感覚を疑われているのである。
憲法25条が人権として保障した「健康で文化的な」という意味は、「生きるか死ぬかのレベル」では到底ない。
こんなことは誰が考えてもわかることだ。

誰もがわかるにもかかわらず、こんな憲法無視の生活保護バッシングをした片山氏が入閣(それも唯一の女性)すること自体が安倍内閣の性格を物語っている。

再開後、片山氏は「不快に思われたら申し分けない」「ご気分を害された人がおられたら大変申し訳ない」と陳謝したらしいが、発言自体を根本的に撤回して陳謝したのではない。

そもそもこの問題は、「不快・ご気分」問題ではないだろう。
憲法無視・反憲法であることが問題なのである。

にもかかわらずこういう陳謝自体が国民を(つまり憲法を規定した主権者を)なめているのではないか。

いや実際になめている。
.

[PR]
by kazuo_okawa | 2018-11-06 07:27 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)
臨時国会が始まったが、ニュースを見ているとほとほと腹立たしくなる。
政権側がまともに答えないからだ。

本日のニュース。
片山さつき地方創生相は、口利き疑惑につき、問題の秘書に、国会通行証を渡したか、という質問に延々と、問いに関係ないことを喋る。
結果は通行証を渡していたのであり、これでは「秘書ではない」との従前の答えが嘘となる。

嘘をついたのであるから、本来はこれだけでも辞任ものであろう。

それはともかく、問題は、質問に端的に答えないという態度である。

繰り返し何度も言ってきたが、こういう態度こそが国会軽視である。
本日のニュースの山下貴司法務大臣も同じである。

そう思えば、昨日は、麻生太郎財務大臣も正面からの答弁は避けていた。

まあ、要するにどれもこれも「ご飯論法」の安倍晋三総理を見習っているということだろう。

こんな国会軽視の議員はぜひ次期選挙で落としてほしい。
.

[PR]
by kazuo_okawa | 2018-11-03 00:22 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)
週刊文春最新号で、片山さつき地方創生相が、国税庁への口利きをするとのことで、業者から100万円を受け取ったという疑惑を報じている。

同記事は、税務調査を受けた企業の経営者が2015年6~7月、片山氏側に国税庁への働きかけを依頼し、その見返りとして片山氏の私設秘書の税理士に100万円を支払った、というのである。

「口利き収賄疑惑」である。

片山氏はすぐに、「口利きしたことはない」と述べ、100万円の授受も否定し、週刊文春側を名誉毀損で訴える準備を進めているという。

ところが朝日新聞デジタルニュースによれば、企業経営者は朝日の取材に「税制上の優遇がある青色申告の承認の取り消しを免れるため、片山氏の事務所に口利きを依頼し、私設秘書にもその説明をしたうえで100万円を支払ったことに間違いはない」と話し、税理士も朝日の取材に「国税局への口利きが目的だとは知らなかった」とはいうものの「100万円は受け取った」と説明しているという。

朝日の取材を前提にすればこれだけでも相当怪しい。

これで思い出すのが、同じく口利き疑惑の、甘利明経済再生相(当時)であり、千葉県の建設会社側から総額1200万円の現金や飲食接待を受けていたというものである。
しかし、甘利氏は当時いい加減な記憶で否定し、国会を休んで入院し(国会終了後と同時に退院するのだが)、そして、安倍首相のプーチン来日要請で「私の代で北方領土問題は解決する」と大見得切って、マスコミジャックし、結局、甘利問題はうやむやにしてしまった。
(大見得切ったプーチン来日も、金額は忘れたが、プーチンに巨額の手土産を渡しただけなのであるから二重、三重にひどすぎる)

要するに「もりかけ疑惑」と同じである。
とにかく否定しておけば、そのうち国民は忘れる。

またしても国民は舐められているのである。
これは片山氏の問題であると同時に安倍政権の問題でもあるだろう。
.


[PR]
by kazuo_okawa | 2018-10-19 01:18 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)