人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

タグ:渡辺明 ( 37 ) タグの人気記事

「将棋世界」の最新号(2014年2月号)を読む。
森内名人が「竜王位」も奪取した後の
インタビューが良い。

森内名人は謙虚である。
年下の渡辺竜王から、竜王位を奪取し
名人・竜王とまさしく棋界の第一人者に成ったにもかかわらず
実に謙虚である。

技術解説も興味深い。
例えば第一局、後手4四金の後の変化について
渡辺は、7七銀引きと読み
森内は、7七金直と読んだという。
王の回りに金銀が集まるか
或いは離れるか、真逆の発想である。

素人目にいつも驚くのは
バラバラであった金銀がいつの間にか
王の回りに固まってしまう渡辺のプロの技である。
一方、森内は、金銀が王から離れ
これでいいのかと思うのだが
不思議にゆったりと王を守っているという、これまた至芸である。

いずれもアマチュアにはとうてい真似の出来ない技術であるが
この二人の将棋観の違いが先の通り
読みを異ならせたのである。

こういう技術解説もよかったが、一番面白かったのは、
森内の語る渡辺の将棋観である。

将棋という勝負は、かつては、番外戦も交えた極めて「人間臭い闘い」であった。
大山康晴第一五世永世名人の、タイトル戦前日からの心理戦も含めた番外戦は有名である。
例えば、大一番の前日にもかかわらず、何事もないように、前夜祭の夕食を
皆の前で、目一杯たいらげる。
このことによって、対戦相手を圧倒するのである。

しかしてそのトリックは、大山は、その日の昼食を抜いて
夕食に備えていたのである。

こういった大山の番外戦は今では「伝説」とも成っている。

しかしそれは、時代と共に、将棋は「番外」で闘うのではなく
真理を追究するような勝負に変わっていった。
例えば谷川浩司第一七世永世名人は、番外戦は行わず
加えて「美しく勝つ」ということにこだわった。
これは「盤上この一手」という最上の一手を追求する美学である。

そして、「谷川以後」に登場した渡辺は、
「運」も「ゲン担ぎ」も「調子」も信じず、
合理主義の極致に達したような棋士である。

ところが、森内の語る渡辺の合理性が興味深い。
森内曰く、
渡辺は、相手を見て、無理な仕掛けでも
(適切な応答を)やってこないと思えば仕掛けるという。
渡辺は、番外戦こそやらないが、
決して、「(対戦相手を離れた)盤面最上の一手」を目指すのではない、
ということがわかる。

これは、巡り巡って、人間臭い大山流でないのか。

渡辺の意外な「合理主義」に驚いた次第である。
.

by kazuo_okawa | 2014-01-06 23:54 | 将棋 | Trackback | Comments(0)
竜王対名人の頂上対決とも言われた
今期竜王戦は、森内名人が
4勝1敗で渡辺竜王を破る、
名人・竜王の2冠王となった。

森内名人は、文字通りの第一人者となったわけだが
際だったのは、今季竜王戦で
渡辺に対しての恐ろしいまでの強さである。

第1局、第2局は、急戦矢倉で先手・後手とも勝って連勝。
つまり「往復ビンタ」である。

第3局こそ破れたものの、
今度は、第4局、第5局と持久戦矢倉で後手・先手とも勝って連勝。
再び往復ビンタである。

プロの目からは実際は僅差なのかもしれないが
素人目には、森内は渡辺に完膚無きまでに叩きつぶした
という感じがする。

何せ、ダブル「往復ビンタ」ですからね。

一体何があったのかと思う。

ここから先は、私の大胆な推測も入っている。

この竜王戦の最中に、渡辺は「勝負心」という著書を
発行した。
お薦めの作品であり、私のブログにも書いたが、
内容は全編、羽生の強さと羽生への尊敬に満ちあふれている。

しかし、考えてみれば、森内は
羽生とは、小学生以来のライバルで
以後今日まで、今なお、第一線で闘っている
言わば生涯のライバル同士である。

渡辺はその「羽生・森内」の一方にだけ絶賛しているのである。
これは、他方としては全く面白くないのではないだろうか。

現に「勝負心」における、森内名人に関する言及は
草履を掃き間違えたことと、竜王戦の最中に競馬の
有馬記念を見に行ったというエピソードだけであり、
いずれも森内名人に「失礼」したとあやまっている。

つまり将棋観の話ではないのである。
どうなんですかね、これは。

普通なら、すこしばかり気分が悪くなるであろう。

無論、温厚で人間が出来ている森内名人が
実際に気分を悪くしたかどうかは分からない。
むしろ、何らそういう感情はいささかも見せず
全てを盤上に込めて、
そして盤上でその力を見せつけた。

将棋に「運」も「ツキ」も「調子」もない、
というのが渡辺哲学であるが、
今回ばかりは、番外の何かが、森内名人の後押しをしたような気がする。
by kazuo_okawa | 2013-12-02 00:30 | 将棋 | Trackback | Comments(0)

竜王戦in宇奈月温泉

宇奈月温泉で、竜王戦第5局が行われている。

渡辺明竜王に対する挑戦者森内名人の3勝1敗であり
竜王奪取まで、あと1勝である。

このシリーズは、誰が名付けたか
「往復ビンタ」シリーズといわれている。

第1,2局は、急戦矢倉という同戦型で戦い、
森内が連勝、つまり「往復ビンタ」である。
第3局は、同じ急戦矢倉で渡辺が1勝返したが
4局目は、堂々たる持久戦模様の矢倉で
後手番森内が勝利を収めた。

これは渡辺にとっては辛い。
単に1勝3敗になったというだけでない。
急戦矢倉で負けが先行したのみ成らず
持久戦模様で先手番で負けたことが大きい。

そういう中で、本日、宇奈月温泉での
戦型が注目された。
先手森内は矢倉模様に誘うであろうが
後手番渡辺が持久戦模様の矢倉に応じて
仮に、渡辺が負ければ、再び「往復ビンタ」の上
竜王を失冠することになる。

渡辺はどうするのか。

果たして渡辺は、第4局同様、持久戦模様の矢倉を選択した。
何と45手目で第4局と同じという。

こう来なくてはいけない。
さすがである。
さすがに棋界の覇者を目指す渡辺である。
誘った森内に、持久戦模様の矢倉で応じたわけである。

とはいえ森内はこういう矢倉は十八番である。
果たして明日、どういう決着になるのか。
興味は尽きない。

しかし、
先手が「主導権」を握っているとはいえ
森内が十八番の矢倉に導いたのは
「権利の濫用」だろう(笑)。
by kazuo_okawa | 2013-11-28 23:42 | 将棋 | Trackback | Comments(0)
「天才・羽生善治が最も恐れる男が明かす『勝つ』極意」
のキャッチフレーズとともに発刊された
渡辺明竜王(三冠)の新著「勝負心」(文春新書)が実に興味深い。

渡辺曰く、
「運」や「ツキ」など信じない。
ゲンをかつがない。
「調子」などというものはない、全て実力。
後悔は時間の無駄。…。
など徹底的に合理的な考えに、共感し、
むしろ、すがすがしさえ覚える。

また全編を通じて
羽生三冠への尊敬と敬意に満ちており
逆に、渡辺竜王を通じて、羽生の凄さも浮き彫りにされる。

プロの気配りやコンピュータとの違いなどの項も大変面白い。

この一冊は是非お薦めである。

ただ読んでいて気になったのは
「私は以前から、米長哲学には素直にうなずけなかった」との下りである。
「以前から」というには、当然、今もうなずけない、となろう。
しかし、そうであれば、あとの記述と照らし合わせて
とうてい渡辺竜王の言葉とは思えない。

さて、突然「米長哲学」と出てきて、
将棋ファン以外の方には何のことか、と思われるかもしれないが
これは、今は亡き米長邦雄永世棋聖の言葉として大変著名なものであり、
「自分にとって消化試合でも、相手にとって大きな勝負には
全力を尽くすべき」という勝負哲学として知られている。

例えば、相手は勝てばタイトル挑戦権を獲得するというような大一番
(或いは逆に、その地位を陥落するというような逆の大一番も同様である)
そして、こちら勝とうが負けようが何ら変わらないというような消化試合を意味する。
こういう勝負においては、しばし手を抜きがちであるが
しかし、こういうときこそ、手を抜かず、否、
むしろ全力で闘うべし、という考え方である。

この考えは将棋ファンも含めて広く共感を呼んだ。

しかるに合理主義者渡辺竜王は、この考えは
「非論理的な内容だ」というのである。

つまり、大事な一番も、そうで無い一番も頑張れ、ならわかるが
大事でない将棋「こそ」頑張れ、というのはおかしい、というのである。

無論、米長の言いたかったのは前者である。
米長の名著「人間における勝負の研究」(詳伝社)や
「泥沼流人生相談」(ネスコ)などをよく読めば分かる。

何故、大事でない一番も全力を尽くすべきかなのか。
自分にとっての大一番は自ずから全力を尽くす、
しかしそうでない一番は手を抜く可能性がある、
それ故に、そうでない一番「こそ」全力であたれと強調したに過ぎない。

ところが、米長は何故そうすべきかの理由を、
そうすることによって「運を呼び込む」からといったのである。

しかし、「運」などと言い出すのは、ここは合理主義者としては、
とうてい納得しがたいところである。
おそらく渡辺竜王もここに納得し得ないのであろうと
私は想像している。

おそらく消化試合でも頑張るのは
「プロ故に、常に、どんなときでも
ファンに最高のパフォーマンスを提供すべきであるから」
という理由からであろう。
だからこそ消化試合も全力を尽くせ、ということであろう。

無論、そのように言わず、「運」を結びつけたところに
米長哲学の真骨頂がある。

【以下は、私の推論である】

渡辺竜王の言いたかったのは、
以下のようなものではなかったか。

<渡辺は、若い頃、大事でない勝負「こそ」全力を尽くせという、
米長の考えは、非論理的と思ってうなずけなかった。
しかし今では、米長は「全てに全力尽くせ」という
意味だったのではと思っている。
しかし、運を呼び込む、などというロマン的な考えはない。
とはいえ、私の言いたいのは、偉大な先輩の言葉だからといって
納得出来ないときは従う必要はなく、もしも受け入れるならば
十分に納得してすべきだ、ということである>

ゴーストライターをつかい、
そしてそのゴーズトライターが微妙に勘違いしたのではないかと
私は、推論している。
.
by kazuo_okawa | 2013-11-23 02:06 | 将棋 | Trackback | Comments(0)
帰宅して、録画していた将棋竜王戦7番勝負の第2局を見る。
挑戦者森内の連勝である。

今、将棋界は、この竜王戦タイトルホルダーの渡辺と
森内名人、そして羽生の3人が7大タイトルを分け合っている。

なかでも「名人」と「竜王」は、伝統と賞金額から
2大タイトルで有り、そのタイトルホルダー同士の激突とあっては
将棋ファンとして見逃せない。

そして結果は森内の連勝である。

しかし何よりも将棋ファンの度肝を抜いたのは
森内名人の、渡辺竜王に対する「往復ビンタ」である。

「往復ビンタ」とはいささか下品な言葉であるが
実は「言い得て妙」の言葉である。
これは、将棋界の俗称のひとつで、同じ戦型で、先後、共に連勝することを言う。
といっても、将棋の知らない方には、これだけでも
何のことか分からないでしょうね。
要するに、負けた側の立場に立ってもやはり勝つ、ということです。
例えば、ある戦型で片方が負けますね。
敗北はそれだけでも悔しいものですが、
勝った方が、今度は、先手後手入れ替わったろう、と負けた側に立場を変える。
しかし、それも負けたら、ショックでしょう。
あたかも往復ビンタをくらったようなものですね。

とまあ、いささか解説が長くなりましたが
名人対竜王という大一番で、森内が
「往復ビンタ」を狙った事が凄い。

そして渡辺竜王も激しい手順で応じた。
両者の対応は見ていて面白い。
私は、プロたる者、ファンが見ていて面白い将棋をすべきである、と思っている。
無論、勝負師たる者、勝負にこだわるのは当然であろう。
しかし、ただ勝てば良いというものではない。

その意味で今期竜王戦は見ていて面白い上、
しかも、森内名人は見事に「往復ビンタ」をしたのである。
これは凄い。
実に凄い。

「往復ビンタ」をされて負けた渡辺の心中やいかに、と思うが、
渡辺は、これで終わる男ではない。
かつて、最強羽生を相手に、3連敗から4連勝をした男である。

次はどうなるのか。
森内が更に完膚無きまでに渡辺をたたきつぶすのか
それとも渡辺が巻き返すのか。
それは、渡辺が(往復ビンタされた)同じ戦型を選ぶのか、という興味もある。

第3局が実に興味深い。

【2018年10月26日追記】
この年まで渡辺竜王は竜王戦9連覇していたが、この年は結局森内名人が奪取、そして翌年は糸谷、その次は渡辺、さらに翌年は挑戦者交代事件と、竜王戦は波乱万丈の棋戦となった。
そして2017年は羽生善治の奪取で永世7冠となり、今期は羽生の100タイトル奪取がかかっている。

.
by kazuo_okawa | 2013-10-30 22:45 | 将棋 | Trackback | Comments(0)
対渡辺明との棋聖戦が確か明日ではなかったと思い
「玲瓏」(れいろう)にアクセスする。

「玲瓏」は、羽生三冠の熱心なファンが私的に開いた
羽生に冠するあらゆる情報のつまった大変便利なサイトである。
このサイトの開設者には心から敬意を表する。

ついでに羽生の日程を見て驚いた。

17日棋聖戦。相手は渡辺三冠である。
19日竜王戦挑戦者決定決勝トーナメント。相手は森内名人である。
21日達人戦。相手はひふみんこと加藤一二三。元天才である。
23~24日。王位戦。先のブログに書いた遅れてきた強豪行方である。
25日銀河戦。
26日A級順位戦。相手は佐藤康光。「1億3手読む」と言われる強豪である。

わずか10日間である。
しかし実に超過密スケジュールである。
闘う相手も半端でない。
強豪揃いなのである。

過密なのは、どの棋戦も羽生が勝ちぬいているからである。
(トーナメントで負ければ次はない)
現に、羽生は、昨年も、一昨年も対局数ナンバーワンである。

22日は休みかと思ってはいけない。
おそらく王位戦の前夜祭で羽生はファンサービスもするだろう。

繰り返すが信じられないくらいの超過密なスケジュールなのである。

人は往々にして、多忙を理由にすることがあるが
羽生が負けたとき、彼自身が「多忙」を理由にしたことなど
私は一度も聞いたない。

超一流とは何か。
多忙を困難とせず成果を残し
多忙を言い訳にしない。

羽生の姿勢に改めて学ばされるとともに
この超過密の羽生の10日間は実に興味深い。

一体羽生はどう闘うのか。
果たして勝ちぬけるのか。
興味は尽きない。
by kazuo_okawa | 2013-07-16 22:47 | 将棋 | Trackback | Comments(0)
将棋ファンなら知っての通り現在、羽生善治三冠対渡辺明三冠の
棋聖戦五番勝負が戦われている。

将棋は7つのタイトルがありそのうち羽生と渡辺の2人が
3つずつ分け合っているのである(残り一つは森内名人)。
その2人の三冠同士の直接対決なのである。

羽生対渡辺の対決がいかに面白いかは
私のホームページの趣味の欄に書いたとおりである。

その棋聖戦が進行しているのと並行して
新たに夏の王位戦が始まった。
チャンピオンは羽生であり、王位戦にはめっぽう強い。

その羽生王位に挑戦するのは、行方尚史八段である。

行方とは何者か。
行方は羽生より3つ年下の39歳であるが、将棋ファンでない限り
ほとんど無名といってよいだろう。

その行方がここ2年ほどもの凄く強いのである。
20年もの間、低迷していた行方が、ここへ来て
何故、突然、強くなったのか。

一般的には「結婚」と言われている。
彼は2年前に結婚し、そのころから強いのである。

ところが彼自身は「将棋世界」(という将棋専門誌)のインタビューで
菅井竜也、佐藤天彦、中村大地ら若手有望株に
大一番でことごとく破れたことが、将棋をシビアに考えるきっかけになった
と述べている。

おそらくいずれも事実であろう。

実は、私が一番興味深いのは「人は変わりうる」ということである。

今年こそ、こうしよう。来年こそ、こうしよう。
そう思いながらもなかなか思うようにならないことは
誰しも経験しているであろう。

ところが、行方は変わったのである。

それまでいかに低迷していても、気持ちを切り替え
真に努力すれば「人は変わる」。

これほど人に夢を与え、希望を抱かせることはないだろう。
行方は、実はそのシンボルなのである。
このまま、行方が、王位を奪取すれば
遅れてきたシンデレラ・ボーイとなるであろう。

しかし、相手は羽生である。
いかにダブルタイトル戦を並行して行っているからといって
対戦相手のサクセス・ストーリーにつきあうつもりは毛頭ないであろう。

どちらが勝つのか、全く予想が付かない。
実に興味深い。

王位戦七番勝負第一局、その決着は明日夜決まる。

【2019年6月21日追記】
羽生王位はその後6連覇し、現在の王位は豊島3冠。そして2019年王位戦に挑むのは何と、この棋戦4回目の挑戦者となる木村一基九段!4回目である。きっと期するところがあるに違いない。
.


by kazuo_okawa | 2013-07-10 23:20 | 将棋 | Trackback | Comments(0)