人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:棋聖戦 ( 3 ) タグの人気記事

羽生善治棋聖に豊島将之八段が挑戦していた第89期棋聖戦五番勝負の最終局で、豊島八段が見事に勝利し、棋聖位を奪取した。
豊島八段の初タイトルである。

応援してきたファンの一人としては率直に嬉しい。

若くから将来の名人と嘱望され、その実力通りに勝ち進んできたが、その強さに比して「あと一歩」と思うことも少なからずあった。

ソフトに勝利した直後、豊島七段(当時)にインタビューする機会を得たが、そのとき彼は力強く目標はA級八段昇格とタイトル奪取と述べていた。

またソフトの影響から、このソフトの利用は直ちに効果が出なくても、近いうちに必ず役立つ、とも述べていた。
豊島八段といえば「序盤、中盤、終盤、スキがない」。
しかしこのソフトの利用後、彼は、鋭い踏み込みと思い切りという武器を間違いなく手にした。

45手目羽生棋聖の新手47角や、「難しい将棋でよくわからない」(豊島八段の言葉)将棋は、同時に見ていて面白い将棋でもある。

これで将棋界は8つのタイトルを8人で分け合うという空前の戦国時代に入った。
関西所属棋士から3人いるというのも関西将棋ファンとして嬉しい。

無論、しかし、このまま8人のタイトルホルダーで分け合っているだけでは全く面白くない。

この先、誰が複数タイトルを集めていくのか。
そこが俄然興味深い。

豊島新棋聖には天下を取る勢いで頑張ってほしい。
心から応援している。

【追記】
Abemaの佐藤天彦名人の「振り返り解説」を聞くと、豊島八段の38手目41飛が「人間にはさせない手」と指摘していた。
居飛車豊島八段が42玉のその後ろに飛車を回るのであり「玉飛接近すべからず」という将棋の格言に反しているからである。こういうところにソフトとともに研究している姿が窺える。

.


by kazuo_okawa | 2018-07-17 18:58 | 将棋 | Trackback | Comments(0)
羽生善治棋聖に豊島将之八段が挑戦する第89期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負の第3局が6月30日に行われ、豊島八段が145手で羽生棋聖に勝ち2勝1敗として、タイトル奪取に王手をかけた。

前局が豊島八段らしからぬ予期せぬ逆転負けであったので、本局も終盤はらはらしたものの豊島八段が制した。

この対局、なんといっても驚いたのは後手番羽生棋聖が4手目に袖飛車を採用したことだろう。
対局終了後の共同インタビューで、「最近力戦型の採用が多く、本局も研究されたのだと思うが」との質問に、羽生棋聖は、質問自体は肯定するわけでも否定するわけでもなく、「やってみないとわからない」と答えている。

それは単に、対局相手が若手実力者だから定跡形をはずすというのではなく、今なお、将棋の可能性を探る羽生棋聖の姿勢であり、未知の世界に飛び込む羽生流でもある。

豊島八段はレーティング1位の最強実力者であり、タイトル挑戦5回目であろことからしても、おそらくタイトルは奪取するだろう。

そしてそれがレジェンド羽生棋聖からのタイトル獲得であるところに大きな意義がある。

次局で決めてほしい。
.

by kazuo_okawa | 2018-07-01 08:43 | 将棋 | Trackback | Comments(0)

感想戦にみる羽生の強さ

将棋は、勝負がついた後、両対局者がその一局を振り返って検討するという「感想戦」がある。

あのときこう指したがその手はどうだったか、他の手はどうか、ということをお互いに考え方を打ち明けて検討するものであり、他の競技にはない将棋独特の慣行である。
無論、簡単に感想戦をすませるものや、全く感想戦をしない棋士もいないことはないが、多くの棋士は感想戦を行う。

この感想戦における検討のときに、果たして両対局者が「本音を言うのか」という疑問が生ずるだろう。
対局時に考えていた秘策や、感想戦時に思いついた新しいアイデアは伏せたままにして、次の対局に生かそう、というものもいるのではないか。
現にそういう趣旨のことを書いている棋士もいる。

しかし羽生名人は違う。
ファンの質問に答えて、羽生ははっきりと「(感想戦で)考え方を隠したりしない。何か思いついて隠しても、それは誰かが考える。ならば考え方を披露した方がよい」という趣旨の回答をしている。
王者の回答かくありきである。

最多タイトルホルダーであり超多忙な羽生としては、「あとで考える」のではなく、自分の考え方を披露してでも、その場で検討し、研究し、自分なりの結論づけるのが、結局は最善であり、合理的であるということだろう。

多忙であれば、ともすれば「あとで考える」ということをしがちだが、羽生の姿勢には教えられる。

7月4日、棋聖戦第三局。
応援している豊島七段が敗れたのは残念だが、終局後、一時間は優に超える両対局者の感想戦には心を打たれる。
そこに超一流棋士の姿がある。

.

by kazuo_okawa | 2015-07-04 22:43 | 将棋 | Trackback | Comments(0)