人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

タグ:枝野幸男 ( 5 ) タグの人気記事

国会軽視の安倍政権だがようやく臨時国会が始まった。

10月7日、衆院代表質問に立憲民主党の枝野幸男代表が立ち、冒頭に台風15号への政府対応が結果的に遅れたことを率直に詫びるべきだとの質問から、政府による「あいちトリエンナーレ」への補助金全額不交付問題や、「表現の自由」の問題など広範囲に質問したが、答弁に立った安倍晋三首相はいつもの通り、原稿を読み上げ、単に美辞麗句を述べるだけであった。

冒頭の答弁は、「東日本大震災で(略)大変なご苦労をされた枝野代表には申し上げるまでもありませんが」と枝野氏を揶揄しながら、答弁する。

「あいちトリエンナーレ」への補助金全額不交付に至っては「法令や予算の趣旨にのとって適正に実施されるべき」と総論を述べ(ならば、モリかけはどうなんだ!と突っ込みを入れたくなるが)、そして文化庁が適正と判断したとだけ述べて、まったく答弁になっていない。

しかもこの答弁、わずか15秒である。
15秒ですよ。

こんなありさまだから、他も推して知るべし。

最後は、表現の自由、報道の自由について、「委縮している報道機関など存在しない」と強弁したが、本日朝のニュースショーではどのチャンネルも、安倍首相の「人を食った」答弁を全く報道しない、ということ自体が「萎縮」だろう。

そもそも国会中継などの「政治ニュースは極力避ける」というのは、理由はあれこれ言うも結局は委縮しているからとしか思えない。

そもそも政権のNHKへの圧力とNHKの委縮はこれまでも報じられ余りにも明らかだろう。
安倍首相には、謙虚な姿勢はどこにもない。

そして枝野氏への揶揄に始まった答弁の、締めくくりも「立憲を党名に掲げる枝野議員であればご理解いただけるものと考えている」と枝野氏を揶揄して終わるのである。

この党名問題は、先の参議院選において、安倍首相は何度も何度も(本当に各地で)「立憲民主党」の党名をわざと間違えるという小細工を弄したが、その揶揄を思い出す。

国会中継を見て、一国のリーダーがあまりに情けないと思ってしまうのである。
.

by kazuo_okawa | 2019-10-08 21:59 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)

統一名簿構想

今朝の朝日新聞に面白い記事が出ていた。

夏の参院選で野党候補を束ねる「統一名簿」構想をめぐり、野党間で論争が起きている、として、自由党の小沢一郎代表らが比例区の共闘策として実現を呼びかけるが、野党第1党・立憲民主党の枝野幸男代表は「迷惑だ」と完全拒否する、という記事である。

そもそも統一名簿に効果はあるのか、というのが論点だが、かねてから「オリーブの木」構想論者小沢氏は、「一つになったら相乗効果で投票率が上がる」と述べ、これに反対する枝野氏は「トータルの獲得票は間違いなく減る」と断言している。

「統一名簿党」と仮に名づけるが、大きな政党になればなるほど、自己の投票は生きてくる。
逆に言えば、死票になる確率は少なくなる。
そう考えれば、これまで、自分の投票が生きないとして消極的だった人が投票に行く可能性はある。
これは小沢氏の考えだろう。

一方、コアな政党支持者は自己の支持する「A党」だからこそ投票するのであり、「統一名簿党」では投票しない、ということもあるかもしれない。
これが枝野氏の考えだろう。

どちらが正しいのか。

人々の行動心理は一概に予測できない。

それゆえ、専門機関により意識調査などをして、人々の行動がどちらがより大きく動くのかを、統計的に論じていくべきだろう。

立憲野党同士、結論だけ述べるのではなく、科学的に冷静に議論して,
そしてより効果的な方法を選択してほしいと思うのである。
.


by kazuo_okawa | 2019-02-15 19:34 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)
先の通常国会で立憲民主党枝野代表が
内閣不信任案をつきつけ、国会で約3時間演説したのを
そのまま書き起こしたものである。

本日、朝日新聞に大きく広告が出ており目に付く。

もともとSNS上で評判となり、
注文が相次ぎ、書店にも並ぶようになり、
そして今、新聞紙に広告が載るようになったわけである。

表題通りに素晴らしい演説である。

臨場感もあり、読みごたえもある。

かつて戦争法国会の時の野党議員の演説を聞き、
枝野氏が一番説得力あり,かつ、うまいことから感心したことがある。

その時のことは当時ブログに述べた。

本書の、上西充子法政大教授と田中信一郎千葉商科大特別客員准教授の解説もいい。

本書を大ベストセラーにして頂き、安倍政権に国民から不信任を突き付けてほしいものである。
.


by kazuo_okawa | 2018-08-28 19:16 | 出来事いろいろ | Trackback | Comments(0)

またしてもご飯論法!

昨日のブログで安倍首相の「嘘」を書いた。

そうしたところ、27日の党首討論で、枝野幸男立憲民主党代表が「国会でまたウソをついたのか」とただしたことが報じられている。

枝野氏の質問に答え、安倍氏は「米側に安全管理、再発防止の徹底を強く申し入れ、米側は徹底的な点検のため訓練飛行を中止した」と自らの25日の答弁議事録を読み上げ、「最初に正確な申し入れの話をしている」と反論し、一方で「結果としてそうなった」とも述べたという。

つまり飛行中止の要請はしていないことも明らかにしており、よく聞けば「嘘」を認めている。
しかし「(別の)申入れをした」と強調するのであるから、またしても「ご飯論法」である。
情けない!

しかも質問と違う「赤信号論法」も繰り出している。

すなわち、安倍氏は、第2次安倍政権以降に発生した米軍機の事故など4件の事案を挙げ、飛行中止を申し入れたと強調し、枝野氏に「ちゃんと議事録をご覧になってから質問いただきたい」と述べたという。

無論、枝野氏は過去の事故を取り上げていない。
まさしく、質問のすり替え。
赤信号論法である。

何とかしてほしい。
.


by kazuo_okawa | 2018-06-28 19:02 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)
5月30日に行われた党首討論。
はっきりいって茶番である。

まずは立憲民主党党首枝野氏。
論客であるが19分しかない。

枝野氏はまず森友事件について追及する。
安倍首相が「私や妻が関係していたら総理大臣も国会議員もやめる」と昨年2月に述べていたのが、近時急に「金品の授受はないので問題ない」と矮小化しているのは卑怯な行為だと指摘する。

これに対して安倍首相は、19分の限られた時間を引き延ばしするかのように「私も枝野さんも同じ25年前に当選した」とかなんとか関係ない前口上を延々と述べたうえ、お金の流れの話は昨年3月にしている、従って今回初めてではない、と強弁する。
これは誰が見たってまともに答えていない。

「金品授受があったらやめる」といったのではなく、「私や妻が関係していたら総理大臣も国会議員もやめる」といいていたのである。それが、もはや少なくとも妻の関係は明らかになったために、その発言を打ち消すかのように、「金品の授受はないので問題ない」と矮小化すろことを問題にしているのに、有名な「ご飯論法」で逃げている。

次いで、枝野氏の質問は<私人の総理夫人に公務員の谷氏がつき、その谷氏が財務局へ問い合わせしたこと>の問題を問いただしたとき、安倍首相は、<森友事件の本質はそこにはない。谷氏は「そういう制度をあてはめるべきではないか」と政策を求めた>とこれまた強弁する。

誰が見ても、論点外しである。

しどろもどろであり、まともに答えていない。
無論「丁寧に説明する」とは程遠い。

これが「一国の首相」とは!

あらゆる意味で情けな過ぎる。

.

by kazuo_okawa | 2018-05-31 23:06 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)