人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

タグ:憲法審査会 ( 2 ) タグの人気記事

ネットニュースを見れば、
自民党の甘利明選対委員長は31日のNHK番組で、憲法改正について「戦後70年以上がたって今も全部そのまま通ると思うことが間違いだ。政府の解釈で乗り切るのはもうそろそろ限界だ。憲法改正論議はきちんと始めるべきだ」との認識を示した、という。

加えて、衆院憲法審査会が開催されていない現状に関しても「『どうして』と国民は思っている。議論をしていかなければいけない」と主張したとも述べたという。

幾つも間違いがある。

まず「70年たっているから」という、お馴染みの「古くなった」論である。
改憲論者はいつもこれを言う。
しかし、古くなったから変えなければ成らない、と言うのは全く論理的ではない。
内容が素晴らしければ、何年たっても変える必要はない。

例えば、刑法は、ひらがな化や重罰化などの「改正」はあったが、「人を殺してはならない」「ものを盗んではならない」などの根本規範は100年以上たっても変わらない。
こういう根本原理を「古いから」という理由だけで、変えようと思う人はいないはずだ。

憲法も同じである。
「国民主権」「基本的人権の尊重」「平和主義」
この3大原理は古いからと言って決して変えてはならない。

しかし、安倍自民党が画策している「憲法改正」はこの3大原理に手をつけようとするものだ。
この3大原理は決して変えてはならない。

二つ目の間違いは、「解釈で乗り切るのはもうそろそろ限界だ」との発言が、まるで、集団的自衛権の「解釈改憲」は「限界」内のように聞こえる。
しかし、すでに「限界」を超えている。

最後の間違いは、「衆院憲法審査会が開催されていない現状に関しても「『どうして』と国民は思っている。」との点である。

そんな国民はどこにいるのだろう。
「もりかけ」に始まる疑惑から、文書改ざん、統計疑惑など、国民の多くが思っているのは、安倍首相の説明不足である。
そしてそれに加えてごく一部しか潤っていないアベノミクスによるのではない真の景気回復である。

さらに日々の生活におわれる国民にとっては、子育て、雇用、福祉、年金に関心があるだろう。

こういった事よりも、「衆院憲法審査会の開催」に関心をもている国民がどこにいるのか甘利氏には是非教えてほしいものだ。

いやいやそれよりも不起訴になったとはいえ、3年前に問題にされた甘利氏自身の収賄疑惑について(当時、国会を休んで説明せずに逃げたのであるから)説明すべきだろう。
.

by kazuo_okawa | 2019-03-31 18:56 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)

それは考えすぎなのか!

10月5日の朝刊で、読売新聞は一面に「改憲案 自民単独で提示」と大きく載せている。
何せ、安倍首相らが「読売新聞を読んで下さい」といったように、読売は安倍御用達新聞である。

その読売新聞が、連立を組む公明党との事前協議を見送り、単独で、衆参両院の憲法審査会で条文案を示すという。

一日遅れて6日付け朝日新聞なども報じていたから、安倍自民のこの方針は間違いないのだろう。

自民党が、公明党との協議を見送ったのは、公明党自身が慎重姿勢だったからだ。
朝日の記事では「このままでは(選挙で)負ける。改憲どころじゃない。しっかり考えた方がいい」という公明党幹部の声を紹介している。
本来は、連立を組む公明党を尊重して、改憲を後回しにするのが連立を組む与党の姿勢たるべきだろう。

そころが自民党はそういう公明党の声を無視した。

まあ、安倍首相の方針なんだろう。
あくまで最初に改憲ありき。
安倍サンは、これまでの歴代自民党総理と違って、全く異質の「自分勝手」な人物であることは分かっている。

心配なのは公明党である。
支持母体創価学会(員)は平和を求めているはずであり、安倍改憲に反対の声も多いだろう。
だからこそ先の幹部の声の通り、改憲は本来は慎重でなければならない。

そうならば、連立与党公明党の声を聞かず、単独で提示するという安倍自民の方針には、公明党は、党として抗議すべきだろう。
では何故、公明党は抗議しないのだろうか!

支持者向けに「公明党は反対したが、結局、自民党は単独で提示した。」

こういう形を取って、結局、公明党は『改憲』を荷担する。
そういうシナリオを水面下の自公で、画策しているのではないでしょうね。
.

by kazuo_okawa | 2018-10-07 02:05 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)