人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

タグ:意外性 ( 3 ) タグの人気記事

意外性に出会いたい!

アマゾンにある本を注文したら、以前、「注文かご」に入れたままだった書物が一緒に送られてきた。
それが『学校に行きたくない君へ』(ポプラ社)である。

不登校や引きこもりの子供の支援のために20人の著名人がインタビューに答えている。
その一人が羽生善治竜王である。
多忙であろうにこういうインタビューに気軽に答える。
それが素晴らしい。

そして本書の趣旨からすれば、羽生竜王の印象に残る言葉は「学校に行かないことに罪悪感を持たない」「学びに年齢は関係ない」「いつ始めても、いつやめてもいい」

しかし私は羽生竜王の別の言葉に目が止まった。

将棋を続けるモチベーションは?との問いに対して、羽生竜王の言葉は
「「意外性に出会いたい」に尽きます」という。

いやあいいですね。
我が意を得たり!
全く同感である。

将棋、本格ミステリ、マジック、パズル…。
全て「意外性」を求めてともいえる。

実に魅力的な知的エンターテインメント!

そして、将棋界では、「100」か「ゼロ」かの竜王戦が始まった!
楽しみである。

【追記】
『学校に行きたくない君へ』自体も名著である。
<不登校や引きこもりの子供の支援>をしている方たちの支援のためにも購入をお進めする。
.


by kazuo_okawa | 2018-10-12 00:16 | 将棋 | Trackback | Comments(0)

それまでの明日!

原寮の新作を読む。

ミステリ好きだが本格派なので、ハードボイルドはそれほど読むわけではない。
しかし、原寮は別である。
全作ハードカバーで読んでいる。

さて待ちに待った新作。
ミステリの醍醐味は意外性にあり、真相が明かされたときに<あそこはどう書かれていたか>とページを繰って読み直し、<真の意味>をスルーしてしまった、その見事な表現(叙述)に騙されたことを確認するのが心地よい快感である。

今回も、ページを繰り直した。

いやはや、傍点まで打たれているではないか。
14年かけての新作であり、表現の一つひとつに工夫をしているのだろう。

『私が殺した少女』の時ほどの衝撃はないが、それは以前は「意外性」に拘ったが、今回はそれは止めてむしろ本来のハードボイルド仕立てにしたという。

私自身はこの<ハードボイルド+意外性>が好きだったのだが、
原寮タッチに馴染んでくると、それでも面白い。

そもそも「沢崎」という主人公を作り上げたところが素晴らしい。

お馴染みの登場人物が出てきて<沢崎ワールド>に引き込まれるのが、本作の一番の魅力である。

.


by kazuo_okawa | 2018-03-25 11:33 | ミステリ | Trackback | Comments(0)

老松古美術祭り!

4月29日からのゴールデンウイークに、私の事務所付近の大阪市北区西天満の老松通りで古美術祭りが始まった。

老松通りは、裁判所に近いということもあって弁護士事務所の街でもあるが、古くから、陶器、絵画その他、古美術商(古物商)が立ち並ぶ街でもある。

30日、お昼の食事に出て、その後、古美術祭りを見る。
普段と違って、店の前の路上に商品を並べており、まるで縁日のようである。
また、古美術を楽しむ人たちも多い。

連れ合いとぶらり回ったがなかなか面白い。

古美術と言うよりも、60年代、70年代のただただ懐かしいだけの商品もある。
古い時計やライター、日常品、おもちゃやその他何でもないものだが、おそらく元の持ち主にとっては愛着があったのだろう。

何か、ほんわかしながら、ぶらぶらしていたのだが、連れ合いがつぶやいた。
「まるで、被後見人の残した日常品みたい!」

言われてみれば、確かにそうである。
一見がらくたのようでも、その人にとって懐かしく離しがたい愛着品を何らかの事情で、手放すことがある。
せめて誰か引き取ってもらえれば、と古物商に引き渡す。

弁護士などが、後見業務や管財業務をしていれば、処分すべき品を廃棄することなく、古物商に引き渡すこともあるのだろう。

今まであまり考えていなかったが、老松通りが弁護士事務所と古美術商(古物商)の街というこの意外性ある組み合わせは、案外関係あるのかもしれない。
.
by kazuo_okawa | 2016-05-01 21:56 | 出来事いろいろ | Trackback | Comments(0)