私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

タグ:安倍政権 ( 19 ) タグの人気記事

2018年 03月 21日のブログで安倍政権・厚生労働省が進める副業・兼業促進を批判した。
副業・兼業はそれまで一般的には消極的であったが、安倍政権・厚生労働省はその方針を180度変えて促進するというものであり、そもそも本業のほかに、副業・兼業せよというのであるから労働者の労働時短の流れに逆行することは明らかである。

しかも、兼業の場合に(それぞれが法定時間内でも合算すれば法定時間を超えるとき)残業割り増し手当はどちらの使用者が払うのかとか、通勤途上など労災の責任はどちらがとるのかなど法的な整備は不十分である。

要するにこれは安倍首相の「一億総活躍社会」という名の「一億聡国民働かせ政策」に迎合したとんでもない方針転換なのだが、そんな矢先、2019年01月10日付共同通信の記事が大変興味深いものであった。

それは、ガソリンスタンド運営会社など2社の契約社員として働いていた大阪府の男性が長時間労働でうつ病となり労災認定を受けたものの、その支給が1社の賃金に基づいた休業給付しかなかった。そこで、2社の賃金を合算しないのは違法だとして、国を相手取り支給決定処分の取り消しを求め大阪地裁に提訴していた、という記事である。

原告の訴えは普通の市民感覚としてよくわかる。

<これからは副業して二重に働け。しかし、労災になっても休業補償は1社分しか出さない…>
これで納得する国民がどれだけいるのだろうか。
安倍首相にきちんと説明してほしいものである。
.


by kazuo_okawa | 2019-01-15 15:38 | 労働 | Trackback | Comments(0)

日本政治の崩壊!

私が協力している集会のご案内です。

第2次安倍政権が発足して今年で8年目。日本の統治システムは、行政はもちろん、立法も司法も陳腐化し、日本の崩壊は止めどもなく進行しています。今年7月の参院選後も、安倍政権の存続を許すことになれば、日本にはもはや絶望しか残らないと言っても過言ではありません。

昨秋の沖縄知事選の惨敗に見られるように、安倍政権の支持基盤は弱体化し、唯一の生命線である株高も、日米FTAにおけるトランプによる為替条項導入と自動車関税撤廃によって、一気に吹き飛ぶ状況にあります。そうであるが故に、安倍政権は、7月の参院選で、衆参同日選挙による野党勢力の分断、消費増税再延期・北方領土一部返還・北朝鮮拉致被害者帰国等のフェイク情報も含めたマスコミ操作等、あらゆる手段を駆使して、国民の支持を掠め取ろうとしてくることは必至です。

そこで、白井聡氏に存分に語って頂く企画です。

ご存じの通り、白井聡氏は、日本崩壊の絶望的状況に対して、日本政治の構造転換を問題提起されてこられました。現在の政治の閉塞状況を切り裂くために如何にすべきか、縦横無尽に語って頂く予定です。

多くの皆様のご参加を呼びかけます。

集会タイトル
<なんとかならんか この日本!?~日本政治の崩壊に如何に立ち向かうのか>
講師 白井聡さん(政治学者 京都精華大学専任講師)
 日時 2019年3月1日(金)18時30分~20時30分(開場18時)
 場所 エルおおさか708号室(京阪天満橋駅徒歩5分)
 資料代 800円
 連絡先 オール関西平和と共生 FAX06-6607-6409 
.

by kazuo_okawa | 2019-01-13 19:21 | Trackback | Comments(0)

嘘つきは戦争の始まり

本日の朝日新聞朝刊に掲載された宝島社の広告には驚いた。

二面を使った巨大広告であり、左側一面はイラク戦争を導いたあの有名な「油まみれの水鳥」!
そして右側に大きな文字「嘘つきは戦争の始まり」!

政治指導者が今も平然と嘘をつくことを批判したストレートな広告なのであるが、この「嘘つき」とは言うまでもなく安倍首相とそれを取り巻く有象無象の輩を指す。
このことは誰だって分かるだろう。

安倍首相が「嘘つき」「不公平」であることは、実は自民党自身ですらよく知っている。
昨年の自民党総裁選に立候補した石破茂氏が、立候補表明時に掲げたキャッチフレーズ「正直、公正」は、「安倍晋三首相への個人攻撃」という自民党内の根強い反発が出たことからも明らかだろう。
つまり安倍首相が、「嘘つき」「不公平」と自民党自身がこう思っているからこそこういう反発が出たわけだ。

つまり宝島社の二面広告は名指しこそしていないが、明確な安倍政権批判である。

ときあたかも宝島社は『「アベ友」トンデモ列伝』という安倍批判の書物を昨年末に発行した。
これは文字通り「アベ友」つまり、稲田朋美、片山さつき、杉田水脈らから百田、櫻井、小川栄太郎にいたるとんでもない『お友達』を批判することによって、安倍首相を批判した痛快な書物なのである。

思えば、安倍政権が(これまでの自民党政権と質的に違い)嘘つきでとんでもない政権であることは、メディア、マスコミ、出版社は一番よく知っているだろう。

民主主義国家、立憲主義国家では、本来、メディアなどは権力チェックこそが真の役割である。

この宝島社のように、是非、その役割を果たして頑張ってほしい。
.

by kazuo_okawa | 2019-01-07 23:14 | 本・書物 | Trackback | Comments(0)

繰り返される暴挙!

ここまでくれば、もはや「安倍政権らしい」というしかない。

即ち、民主主義・法治主義・三権分立をないがしろにする安倍手法である。

27日の衆院法務委で与党は入管法改正案を強行採決した。
この法案は審議時間が15時間強で野党の質問にほとんどまともに答えず、しかも内容は「白紙委任」。

安倍政権は、特定秘密保護法、安保法、共謀罪、カジノ法案、働き方改革と次々と強行採決してきたが、その国会軽視ぶりが益々ひどくなってきた。

これに対し自民党も安倍首相のなすがままで、二階俊博幹事長などは「国会の会期には限りがある。やむを得ないと思っている」と話したというからとんでもないことである。

こんな理屈が通るなら、最初から、国会会期を短く設定して「会期には限りがある」と言って強行採決をすればいいことになる。
実にバカバカしい。

こんな二階発言に良識ある自民支持者はどう思っているのだろうか。

そもそも安倍首相自体が、森友事件の追及や、「不適材不適所」の大臣任命責任を問われることを恐れ、国会会期を短くしたのではなかったか!

そして28日から参議院に回されたが、そこでの安倍首相の答弁は本当に国会と国民を馬鹿にしている。
早口棒読みの上、質問にまともに答えず、質問に答えていないとの再質問にも、また同じ文書の早口棒読みを繰り返す。
これは答弁でもなんでもないだろう。

繰り返される暴挙には、諦めず繰り返し批判するしかない。
.

by kazuo_okawa | 2018-11-29 00:06 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)
第4次安倍内閣は、安倍首相自身が「適材適所内閣」「全員野球内閣」と称していたが、11月7日付日刊ゲンダイは、「疑惑の4番バッター」片山さつき地方創生相以下、早くも総崩れ、エラーの連続で失点ばかりと安倍内閣を厳しく批判している。

この「疑惑の4番バッター」という表現は実に面白い。

確かに片山大臣は次々と「疑惑」のヒットを飛ばし続けているからだ。

そして片山大臣以外にも太陽光発電をめぐる補助金詐欺事件で関与が取り沙汰されている吉川農水大臣。
暴力団系企業からの献金疑惑が持ち上がっている平井IT担当相。
何よりも担当大臣でありながら、「東京五輪の3つのコンセプト」を全く答えられなかった桜田五輪担当相。
そうそう森友疑惑・財務省公文書改ざん疑惑の責任者麻生大臣も忘れてはならない。
(ひょっとすればこちらが不動の4番!)

どこから見ても、誰が見ても、総崩れ内閣だろう。

ところが日刊ゲンダイで面白いのは締めくくりの次の一文である。

「問題大臣が多すぎるため、野党の追及はあっちへ飛びこっちへ行きと散漫になっている。そのおかげで、予算委は安倍首相が出席する絶好の機会なのに、モリカケ疑惑で追い込むに至りません。チンケな問題大臣を周囲にちりばめて煙幕を張り、自身への追及をかわす狙いかと勘ぐってしまいます」(政治評論家・本澤二郎氏)」

「ちりばめて煙幕」!

これって「木の葉は森に隠せ」ではないですか。

本格ミステリの有名トリックである。
…とこう書きながら、安倍氏は以前もこの見え見えの手法を使い、私はすでにブログに書いたデジャブ感が…。

アベノミクスの目くらまし、加計疑惑の手法…。

見え見えでも同じ下手くそなトリックを何度も使い続ける…。
無論、主犯を正しく見据えなければならない。

【11月9日追記】
松尾貴史氏のツイッターに「灰色が黒の中には白く見え」とあった。
見事である。
と同時に思いは同じか!
.

by kazuo_okawa | 2018-11-08 00:34 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)
17日夜の「ニュース23」を見ていると、政府を批判するジャーナリスト殺害などが、今年はひときわ多く、また「報道の自由」が世界的に脅かされているという特集が報じられていた。

政府関与によるジャーナリスト殺害が疑われるサウジアラビアは、世界の中で、報道の自由度ランキングの下位に位置する。
最下位は北朝鮮。

そして日本が、メディア攻撃の激しいアメリカよりも「報道の自由度」は下位にある、と指摘するなど、全体的に良い特集である。

現に、日本の報道の自由度は安倍政権成立後、毎年下がっており、今日では安倍政権に忖度するマスコミと言われる中、極めて正しい指摘である。

ところが、専修大学山田健太教授の、「従来は独裁国家だけであったが、今日ではそうでなくなってきているのに非常に危機を覚える」と評し、それを受けて番組の星浩キャスターもそのようにまとめていた。

それが表題の通り「民主主義国家でもメディア攻撃」というまとめになるのである。

非常にいいニュースであるが、このまとめは違うだろう。

真に、民意を反映した民主主義国家ならそんなことはするまい。

アメリカ、日本その他…。

つまり、一見「民主主義国家」に思える.国家が、実際は、民主主義国家でなくなってきているのである。

そのようにまとめるべきだろう。
.

by kazuo_okawa | 2018-10-18 00:58 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)

論理無視の政治に憤り

8月16日毎日新聞夕刊に綾辻行人氏のインタビュー記事が出ている。

一面左に、綾辻氏の写真と「黙ってはいられない」の見出し。
その書き出しは「政治の話はお客さんと交わせない。思想や立場が違うと、もう来てくれない人が多いから」という理髪店のマスターの話から始まる。

そして二面。
全面を使っての綾辻氏の記事である。

「論理無視の政治に憤り」の見出しとともに、次にように始まる。
 <沈黙してきた。
 社会性や時代性とも距離をおいてきた。何より、政治のにおいは、作品にも発言にもにじませてこなかった。
 その希代のミステリー作家が、口を開いた。
 「僕のデビューは1987(昭和62)年なので、昭和の最末期です。つまり作家生活のほとんどが、平成という時代に重なります。社会や政治の問題については基本的に淡泊なスタンスを取ってきました。でも平成の終わりに至って、胸にあるのは危機感です。憤り、といってもいい」
 京都の、東山を望むホテルのバーで作家は言葉を選びつつ、語り出した。>

その内容は、京大の自由な学風が、綾辻行人を生み、その自由さが失われつつあること、安倍政権のひどさと、それが「論理無視」であることに対する憤り、などが窺える。

綾辻氏はこういう考えを持ちながらも、明確に政治的発言はしてこなかった作家である。
(無論、ブログその他で、行間は読み取れるのだが)

その彼がこういう発言をしてくれることは大変嬉しい。

我が国は「自由社会」のはずである。
思想や立場が違うとしても、互いに尊重し、互いに自由に発言できるのが「自由社会」のはずである。
それが失われつつあることへの危機感。

発言できる人は大いに発言してほしい。

綾辻氏のこの記事、是非、全文をお読みいただきたい。
.

by kazuo_okawa | 2018-08-18 20:52 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)
カンボジアの民主主義が崩壊している。

7月29日に実施されたカンボジア下院の総選挙で、与党・人民党の圧勝が確実視され、全125議席を人民党が独占するという。

前回2013年の総選挙では最大野党の救国党が4割以上の議席を得ていたが今回、ここまで与党の圧倒的な勝利に転じたのは、公正な民意ではなく、野党の弾圧による結果である。

フン・セン政権は選挙に備えて、政権転覆を謀ったとして救国党党首を逮捕し、裁判所を通じて野党の解散を命じた。
これで政権批判は封じ込まれた。

全くひどい話である。
これでは公正な選挙とはいえず、およそ民主主義とは言えないだろう。
国際社会が、カンボジアを大いに批判したのは当然である。

しかるに、我が国の安倍政権は何ら批判しない!

ニュースによれば、国際社会は<カンボジアを批判しない日本>を批判しているという。

これまた当然であろう。
何故、安倍政権は批判しないのか!!

まあ、考えてみれば我が国の選挙も、野党党首の逮捕や、党の解散こそないが、かなりひどい選挙制度である。
既成政党に圧倒的に有利な、世界に例を見ない戸別訪問禁止をはじめとする選挙活動規制、新規参入を妨害する異例かつ世界一高い供託金、これまた世界に例を見ない自書制度などなど、よくもまあこれだけ見事に「合法的に」ひどい制度を作ったと感心させられる。
そして民意に反する「強行採決」!

確かに、安倍政権が「公正な選挙を!」「民主主義を守れ!」というのは、「お笑い」としか言いようがない。

さすがの安倍氏も「天に唾する」<ブーメラン発言>はできないということだろう。
.



by kazuo_okawa | 2018-08-01 18:00 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)

7月26日付け朝日新聞は「国会182日 すれ違った『言葉』」と題する記事で、先の国会における主な「言葉」を挙げている。

そのリード文は「安倍晋三首相は、通常国会で森友・加計(かけ)学園問題の釈明に追われた。質問には正面から答えずに論点をずらし、同じような説明を長々と続けてかわす。首相の論法に野党側はいらだち、論戦は不完全燃焼に終わった。」というものである。

そして同記事の大きく目立つ見出しは、「同じこと聞かれれば同じことを答える」。

これは、5月30日の党首討論で立憲民主党枝野代表が森友問題を追及した際に、安倍首相の述べた言葉であり、安倍首相は従来通りの説明の上「同じこと聞かれれば同じことを答える」と答えたのである。

これほど見事な、言い逃れ、開き直りはないだろう。

この時期は昨年の「従来通り」の説明をしていた時期とは違う。

森友問題に限っても、この時期は、ウソの答弁に文書隠蔽と改ざんが明らかになっているのである。

にもかかわらず言い逃れ、開き直り、そして論点のすり替えなど、およそまともな答弁をしていない。

安倍首相には、民主主義も、最高機関国会へのリスペクトもない。

「私や妻が関係していたら私は総理大臣も国会議員もやめる」と大見え切りながら、今や少なくとも妻の関係が明らかになると、先の発言は「贈収賄をしていない」という意味に平然とすり替える。

この一事だけをとっても、ウソの答弁に、言い逃れ、そして論点のすり替えである。

安倍首相は、これを開き直って「同じこと聞かれれば同じことを答える」といったのだが、ならば我々国民、メディアも

「同じように開き直るのなら、同じように追及する」しかない。

.

 


by kazuo_okawa | 2018-07-31 00:42 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)

奨学金が日本を滅ぼす

7月28日、連合大阪法曹団の研修会に、大内裕和中京大学国際教養学部教授をお招きして『若者の格差と貧困~奨学金とブラックバイト』というテーマで講演して頂いた。

このテーマのうち、「奨学金問題」を紹介するが、大内先生曰く、この問題ほど、世代間ギャップの大きい問題は無いという。

何せ、昔の世代(これを「育英会世代」という。懐かしい言葉ですね)は、国立の授業料は安く、従って奨学金利用者は少ない上、奨学金利用者も無利子で、後の職などにより免除制度もあった。

従って、現在、奨学金が学生とその家族を圧迫していることなど全く理解されない、という。

今は、育英会時代と違って、奨学金は「スカラ・シップ(奨学金)」ではなく、単なる「ローン(貸付)」だという。

現在、授業料の高額化もあり、これも国立だから安い、という時代とは違う。
無論、親世代の収入があれば別だが、親世代も格差社会、非正規化、で収入は減少している。
子供への平均仕送り額もこれも昔と違って大きく減少しているという。

以上の背景に、大学生の半分以上が奨学金を利用しているのだが、その奨学金は、前述の通り育英会時代(昔の奨学金)と違って、返済の負担が(有利子ゆえ)大きく、家族を巻き込んで大きな負担となっている、という。

大内先生曰く、半分が奨学金を利用しているということは単純に考えて、若者のカップル単位でみれば、全体の4分の3のカップルが、両方あるいは片方が奨学金の負担にあえいでいることになるという。

これで若者が、結婚、出産、育児ができるのか。
その奨学金負担は、貸与期間48か月で月12万円の貸与だと、「大学新卒で借金600万円」という。

社会に出るスタートからこれである。

安倍政権は一体、日本をどこに連れて行こうとしているのだろうか!

(表題は大内先生の著『奨学金が日本を滅ぼす』(朝日新書)である。是非お読みください)
.


by kazuo_okawa | 2018-07-30 18:43 | 本・書物 | Trackback | Comments(0)