私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:出口若武 ( 1 ) タグの人気記事

藤井七段最後の新人王戦

帰宅して10月10日付け朝日新聞夕刊の一面に驚く。

何と、これから始まる将棋新人王戦三番勝負の記事である。
何か、ほかに大事なニュース記事はなかったのかとも思うが、将棋ファンとしては嬉しい。

決勝戦三番勝負は、藤井聡太七段対出口若武三段である。

藤井聡太七段は将棋ブームを牽引した一人であり、将棋史に残ることは間違いない若き天才である。
一方、出口若武三段はいわゆる奨励会三段でまだプロではない。
普通に考えれば、これから始まる新人王戦などは新聞記事にはならないが、それが記事になるのは、何しろデビュー2年の藤井七段が早くも新人王戦の出場資格を失う(それゆえ最後の新人戦)からであり、その一回きりの新人王を獲得するかが注目されているからである。

何せ過去の新人王は、羽生善治竜王、渡辺明棋王、佐藤天彦名人など棋界を牽引する超一流棋士の登竜門となっている。

おそらくこの三番勝負は藤井七段の勝利、つまり新人王獲得で終わるだろう。

しかし、この新聞記事で思うのは、藤井井七段よりも出口若武三段の「強運」である。

何故なら、奨励会三段が一般紙の一面を飾ることなど、普通はありえない。
それがなったのは、相手が藤井七段だったからである。
それはある意味で、出口若武三段の強運と言えるだろう。

実際、新人王戦の決勝戦にまで行きながら惜しくも新人王を逃したものの、その後活躍した棋士は少なくない。
佐藤康光元名人(現将棋連盟会長でもある)、郷田真隆元王将、中村大地王座、豊島将之二冠などこちらも素晴らしい。

出口若武三段にはそのチャンスがある。

その強運を生かせるかどうかが興味深いのである。

【10月17日追記】
藤井聡太七段は17日、新人王戦決勝3番勝負の第2局で、出口若武三段を105手で破り、大方の予想通り優勝した。もはや、誰も驚かないことが逆に凄過ぎる。
.


[PR]
by kazuo_okawa | 2018-10-11 03:40 | 将棋 | Trackback | Comments(0)