私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

タグ:モリかけ疑惑 ( 20 ) タグの人気記事

手品師のジレンマ!

モリかけ事件の一方、加計事件の真相判明の勇気ある功労者ともいえる前川喜平・前文科事務次官の道徳講演が素晴らしい。
それを報ずる記事の中で、道徳教科書の内容を知る。

前川氏の講演は「道徳の教科化」(2018年度から移行措置期間、2020年度から小学校で完全実施)についての疑問を呈示したものだが、道徳の教科書に載っている「手品師の話」というのがひどい。

 <腕は悪くはないのだけれども売れない手品師がいて、いつかは大劇場で沢山のお客さんの前で演じたいと思っていた。ある日、道を歩いていると、寂しそうにしている少年に出会う。彼は父親が亡くなり、母親が働きに出ていて、一人ぼっち。手品師は少年を喜ばせてあげようと手品を見せたら、その子がすごく喜んだ。「明日も見せてくれる?」と言うので「ああ、いいとも」と約束した。
 ところがその日、帰宅すると、電話がかかってきた。
「明日、大劇場で手品をやってほしい。予定の芸人が病気になって、突然出られなくなった」と。手品師にビッグチャンスが訪れた。
 でも劇場に行けば、子供とした約束が果せなくなってしまう。そういうジレンマを抱えた手品師は、劇場に行くのを断って少年の元に行き、たった一人のために手品をした。>

これが、「約束を破らなかった手品師は、誠実ですばらしい」という話として紹介されているらしい。

前川氏は、「自己犠牲が正しい」という一つの徳目だけを押しつけることを批判する。
その批判は正しい。

しかし幼少からのマジックファンとしては、別の観点から腑に落ちない。

こんなマジシャンはいない!

無論、約束を守るマジシャンなどいない、と言っているのではない。
<大劇場にたつ><子供にマジックを見せる>
腕のいいマジシャンなら、普通は、この両方を実現しようと考えるだろう。

<一見不可能な事を実現する>そのトリックを考えるのがマジシャンだからである。
しかもこの状況は、マジシャンなら普通に実現できる。

つまり、大劇場にたちながら、子供にマジックを見せることはマジシャンには極めて容易なことである。
無論この場合、子供には、「対面で」見せるわけではない。
…例えば、子供には、「使い」をよこすなどして、「封筒」を渡す。
その「封筒」の中に、子供への指示と、そしてメンタルマジック!

これは一案である。
しかし、マニアも含めてマジシャンならば、むしろこの「ジレンマ」を楽しみ、すべてが実現するという格好の妙案を考えつくだろう。

そう、我慢してはいけない。
犠牲は良くない!
すべてが幸せになる方法を考える。

そう考えると、教師にとって腕の見せ所たる「教科書」かもしれない。
.

by kazuo_okawa | 2019-02-09 09:17 | マジック | Trackback | Comments(0)

「騒がしい」一年!

例年のことながら年末でばたばたしている。


とはいえ一昨日のニュースの不快さが未だ残っている。
安倍首相が26日に、東京都内で開かれた経団連の会合で「今年の酉年は、多くは語らないが、私にとって本当に騒がしい1年だった」と述べた話である。


これは何なのか。
明らかに森友、加計学園問題などを念頭においた発言と一般に解説されているが、要するに安倍首相にとっては、モリかけ疑惑を追及するのは「騒がしい」というわけだ。


「騒がしい」!!


彼は「丁寧に説明する」と言いながら疑惑を何ら丁寧に説明していないし、北朝鮮危機を煽って「国民突破解散」として総選挙しながら(インチキ選挙制度で)勝利するや、モリかけの審判を得たと、述べるのである。


普通に考えれば「嘘つき」となろうし、モリかけから逃げていることは明らかである。


そう考えれば、国民の疑惑を「騒がしい」と切って捨てたところに安倍首相の本音が見える。
経団連という、言わば身内だけに本音が出たとすればわかりやすい。
あたかも秋葉原での「こんな人たちに負けるわけにはいかない」発言を思い起こす。


とすれば、安倍首相が「騒がしい」ということは、国民の疑惑をそもそも相手にしていないということか、それとも国民の疑惑追及がボデイブロ-のように効いてきて、思わずそれが「騒がしい」という言葉になったのかどちらかだろう。


いずれにせよ、この言葉を(秋葉原発言のように)問題にして、メディア・マスコミは安倍首相のその意味を追求してほしいものである。
「騒がしい」と言われるくらいに…。

.



by kazuo_okawa | 2018-12-29 20:08 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)

国家はいつも嘘をつく

表題は植草一秀氏の新著である(祥伝社新書)。

序章に、安倍首相のこれまでついてきた嘘の数々をこれもかというくらいに挙げている。
例えば、森友事件で有名な「私や妻が関係していたら国会議員も総理大臣もやめる」と断言していながら、のちに関係が明らかになっても辞めない嘘や、消費税,TPP、トリクルダウンの嘘を具体的に挙げている。
いやいや実に嘘のオンパレードなのである。

本書はこの序章を読むだけでも値打ちがあるだろう。
是非、本屋で立ち読みしてでもこの序章は読んでほしい。

そして副題に「日本国民を欺く9つのペテン」とあるように、アベノミクス、モリかけ事件ほか9つの嘘を暴く。
いや、実際に安倍首相の「嘘」を暴いているのである。

私は、本日購入して、序章(前述の通り)、1章(アベノミクス)、2章(民営化の嘘と題してモリかけ事件)を読み終えたばかりだが、事実に即して迫力がある。

いつも言うのだが、民主主義が機能不全している現在、一番簡単な意思表示として、こういう本をベストセラーにすることも一つの方法である。
本書をお勧めする次第である。
.





by kazuo_okawa | 2018-12-17 23:20 | 本・書物 | Trackback | Comments(0)

近畿財務局OBの訴え!

ニュースによれば、財務局のOBらが森友問題の真相究明を求め、野党のヒアリングにも応じたという。

そして直後に報道ステーションの富川キャスターの取材にも応じ、番組は25日にその様子も報じた。

とかく風化されがちな森友事件であるが、そんな中でいいニュースである。

森友事件が何ら解明されていないことは誰しも思っているだろう。
財務局OBも森友問題の真相究明は今のままでは不十分だと、顔を出しての取材に応じている。

この問題では自死という犠牲者も出ている。
近畿財務局の職員だった男性が「改ざんを指示され悩んでいた」と書き残し、自ら命を絶ったのである。

近畿財務局OBが「やっている仕事は何かというと、改ざんという非常に公務員にとってみれば本当にどうしようもない仕事。」
「(自死した同僚は)見てる間に顔つきが変わってきた。本当に無念だったなと思っています。」
「麻生大臣とかが責任を誰も取らず、このままきておりますので、それは絶対に許されない」と述べる。

その思いは多くの市民にとっても同じであろう。

国民と国会に対して、実質的な説明責任を果たさない安倍首相。

臨時国会の開会を出来る限り遅らせ、ようやく始まったと思ったら、またしても「外交」という名の「海外旅行」をして、国会から逃れている。

どこまで国会と国民を軽視するのだろうか。

森友事件を決して忘れてはならない。
.

by kazuo_okawa | 2018-10-26 01:14 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)
10月10日付け朝日新聞朝刊社説は、「加計氏の会見 説明になっていない」である。
誰しもがそう思うであろう的確な指摘である。

そもそも加計孝太郎氏は、誰もが一番ニュースに興味をもたないであろう時期、つまり先の3連休の真ん中の日に会見している。
こういう会見自体が、国民に注目されたくない日を選んだ、としか思えない。

そしてその内容は、安倍首相と面談したとされる2015年2月25日について「記憶にない」「分からない」と述べるのみで、何ら証拠は示すことなく、ただただ、中途半端に否定するという会見に終始した。

すでに批判されているとおり、これでは一体何のための記者会見か分からない。

そもそも、東京にいる安倍首相との面談がないなら(そのときは東京におらず、別の場所にいたであろうから)別の場所のアリバイは容易に反証できるだろう。
近時の監視・管理社会のもと、ある場所にいたことを全くの痕跡なしに過ごすなど現代社会ではほとんどあり得ない。
移動履歴、購入履歴、パソコン履歴などどこか何らかの痕跡は残る。
従ってそういった何らかの痕跡をもって、東京以外の場所にいたという反証すなわちアリバイ立証は普通にできるはずである。

しかし加計孝太郎理事長はできる反証を全くしないし、そういう反証をしようとすらしない。

さて皆さん。
これで思い出すのは、モリかけ疑惑のもう一方、安倍首相が安倍昭恵夫人を通じて森友学園に100万円寄付した事実である。

森友学園籠池理事長の発言はリアルで説得力がある。
ところが、安倍晋三首相はこれに対して、『悪魔の証明』などと述べて何ら反証しない。
つまりできる反証を何らしないのである。

この『悪魔の証明』の意味は拙著『訴因安倍晋三』(一葉社)でも解説しているのでどうぞお読みください。

それはともかく、出来るはずの「反証」を全くせずに、言葉だけ否定してる。

加計氏、安倍氏の二人は、まさに、「口だけ」の似た者『お友達』である。
.


by kazuo_okawa | 2018-10-10 23:11 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)

争点の「ねつ造」!

14日に行われた日本記者クラブ主催の自民党総裁選候補者討論会で記者からの質問でモリかけ問題の質問が集中したという。

安倍首相は幕引きをはかろうとしているが、真相解明に向けた真の検証はなされず表面的にごまかしたことを見透かされているからだろう。現に世論調査を見ても国民の多くは納得していない。

ところが朝日新聞15日付記事によれば安倍首相は次のように発言したという。
「私が政治的に便宜をはかったという贈収賄事件ではない。しかし、道義的には責任を負わないといけない。その意味において、この問題も含めて昨年総選挙を行った」「相当な議論をいただいた。その意味で国民の審判を仰いだ」

さすが『偽造・ねつ造・安倍晋三』と批判されるだけのことがある。

明かに昨年の総選挙の争点のねつ造である。
或いは「あったことを無いことにし、無いことをあったことにする」安倍政権とも批判されているがその通りともいえる。

そもそも安倍氏は、昨年の総選挙を『国難突破解散』と名付けたことは記憶に新しい。

Jアラートを鳴らしたり、訓練させたり、やたら『北朝鮮危機』を煽った。

モリかけ問題は、聞かれたら「丁寧に説明してきた。これからも説明する」と言葉では述べていたが、実質的にはモリかけ問題から逃げ回っていた。
このことは私は昨年のブログで繰り返し述べている通りである。
(2017年10月9日付、17日付ブログの通り)

にもかかわらず選挙で勝つや「(モリかけ問題は)国民の審判を仰いだ」と述べているのである。

世界中が平和を模索しているときに一人「戦争危機」を煽った責任はどこ吹く風で、その替わりに争点のねつ造をしている。

こんなことを平然と言うのが恐ろしい。
.

by kazuo_okawa | 2018-09-17 14:15 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)
朝日新聞8月7日付朝刊は「森友・加計ゼロ回答続く」の見出しとともに
参院予算委員会は6日、理事懇談会を開き、森友学園と財務省の国有地取引をめぐる通常国会の積み残し課題を協議したが、政府側からは「ゼロ回答」ばかりであることを報じている。

安倍首相は「丁寧に説明する」と口先では言いながら、実際はこの通りである。

何故に森友学園が優遇されたのか?
国民の誰もがわかっているように
「安倍昭恵案件」だからである。

状況証拠は全てその事実を示し、安倍首相側は何ら具体的に反証しない。
これほど国民を蔑ろにした話はないだろう。

翌朝日新聞8月8日付社説は「佐川氏を再び国会に」の見出しとともに
国会が7月に閉じてから、森友・加計問題に進展はないことを指摘し、
これらの解明がすすまないのは、「与党とくに自民党が事実確認に背を向けているからだ。首相への火の粉を振り払うのに懸命なようにしか見えない。」と断言している。

自民党が何故に安倍首相を守り、安倍三選になびくのか、
自民党は誰の為に政治をしているのか。

このあまりにも嘆かわしい状況に、決して風化させることなく書き続ける朝日新聞には、引き続き頑張ってほしい。

私たちも、9月16日午後2時から、豊中市文化芸術センターで大集会を予定している。
.



by kazuo_okawa | 2018-08-08 20:01 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)

7月26日付け朝日新聞は「国会182日 すれ違った『言葉』」と題する記事で、先の国会における主な「言葉」を挙げている。

そのリード文は「安倍晋三首相は、通常国会で森友・加計(かけ)学園問題の釈明に追われた。質問には正面から答えずに論点をずらし、同じような説明を長々と続けてかわす。首相の論法に野党側はいらだち、論戦は不完全燃焼に終わった。」というものである。

そして同記事の大きく目立つ見出しは、「同じこと聞かれれば同じことを答える」。

これは、5月30日の党首討論で立憲民主党枝野代表が森友問題を追及した際に、安倍首相の述べた言葉であり、安倍首相は従来通りの説明の上「同じこと聞かれれば同じことを答える」と答えたのである。

これほど見事な、言い逃れ、開き直りはないだろう。

この時期は昨年の「従来通り」の説明をしていた時期とは違う。

森友問題に限っても、この時期は、ウソの答弁に文書隠蔽と改ざんが明らかになっているのである。

にもかかわらず言い逃れ、開き直り、そして論点のすり替えなど、およそまともな答弁をしていない。

安倍首相には、民主主義も、最高機関国会へのリスペクトもない。

「私や妻が関係していたら私は総理大臣も国会議員もやめる」と大見え切りながら、今や少なくとも妻の関係が明らかになると、先の発言は「贈収賄をしていない」という意味に平然とすり替える。

この一事だけをとっても、ウソの答弁に、言い逃れ、そして論点のすり替えである。

安倍首相は、これを開き直って「同じこと聞かれれば同じことを答える」といったのだが、ならば我々国民、メディアも

「同じように開き直るのなら、同じように追及する」しかない。

.

 


by kazuo_okawa | 2018-07-31 00:42 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)

我が国の情報管理!

森友事件のきっかけは、豊中市が求めていた豊中国有地が、右翼の森友学園が利用することに木村真市議が気付いたことだ。

後に、只同然の激安で払い下げを行ったことは判明するのだが、当初から、この「安倍昭恵案件」は「国民に隠す」方針であったことは、木村氏が近畿財務局に問い合わせたときの担当池田氏のやりとりでわかる。

この責任をきちんと取らない限り、我が国の「民主主義」はない、と繰り返し述べてきたが、案の定、安倍政権の大臣で不祥事が起こっている。

朝日新聞の記事によれば、野田聖子総務相の事務所による金融庁への説明要求(つまり不当な圧力問題)に関し、朝日新聞が同庁に情報公開請求した内容が漏れていた問題で、同庁は24日、取材に対し、請求者に関する情報を含めて開示決定前に総務省に伝えた、と認めた、という。

同庁幹部である審議官も承認のうえで、開示決定通知書などを事前に渡していたという。
まあ、要するに安倍首相が嫌った言葉で表現するならば「ずぶずぶ」である。

朝日は、「情報公開制度を所管し、請求内容の漏出防止を指導する総務省のトップが自ら漏らしていたことに加え、金融庁が閣僚に関するものであることを理由に他省庁に決定通知書まで渡していたことが明らかになり、制度の信頼性が大きく揺らぐことになった。」とまとめているがその通りである。

森友できっちり責任をとらせないことが、さらなる、こういういいかげんな情報管理を生み出す。

私たちが、今なお、森友を追求していることに対して「まだ森友か」という人がいる。

しかし、森友事件では何ら責任が取られていない。

だからこそ、こういう「森友的」なものが生み出されてくるのである。
.




by kazuo_okawa | 2018-07-25 00:54 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)

民主主義の根腐れ!

7月22日 、国会が閉会した。

同日の朝日新聞の社説の見出しは「安倍1強政治の果て 民主主義の根腐れを憂う」

安倍1強のおごりで、民主主義の危機は一層深まった、ということをカジノ法案などの強行採決、森友、加計における安倍首相の不誠実な姿勢、三権分立の軽視などその主張に全面的に賛成である。

こんなにもひどい政権は、過去にないだろう。

願わくば、モリ・かけ・日報・文書改ざんは何ら本質的に解決されていないのだから、引き続き追及してほしい。
それは強行採決された法案の問題点も引き継続き批判してほしい。

それにしてもテレビは一般によくない。
日曜日のテレビをみていたが、与党、野党を一緒に批判する。

「安倍政権も悪いが、野党もだらしない」とか「野党は攻めあぐんだ」というたぐいである。
これは結局、両方批判して、現状維持、つまりは安倍政権の味方としか思えない。

何とかならんのだろうか。
民主主義の根腐れだというのに…。
.

by kazuo_okawa | 2018-07-23 00:50 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)