私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

タグ:ビッグイシュー ( 2 ) タグの人気記事

画一化に向かう社会

ビッグイシュー最新号(344号・2018年10月1日発売)は羽生善治竜王のスペシャル・インタビューである。

竜王は、日本将棋連盟の発行する免状の一枚一枚に署名しなければならないなど、対局以外の「竜王位」としての仕事も多い。
そうでなくとも将棋界の「顔」である。
将棋解説や講演、他の世界の方たちとの交流などひきも切らない。

そのような超多忙であるにもかかわらず、ビッグイシューにも協力する。
しかも、そのビッグイシューによれば、羽生竜王の「謙虚さ」を絶賛している。
凄いとしか言いようがない。

ビッグイシューのインタビューのテーマはおおむね3つ。
①年齢との闘い、
②AIとの付き合い方、
そして、③スポーツ界の勝利至上主義の弊害について。

いずれも関心を引きつけるテーマである。
①②は、羽生竜王は他の媒体でも答えているが、私には③が興味深かった。

羽生竜王の、柔軟な考え方のわかる答えである。

将棋ファンにとっては、ビッグイシュー最新号の羽生竜王のインタビューを読むだけでも値打ちがあるだろう。

ビッグイシューの成り立ちからして、ぜひ購入してお読みください。

「画一化に向かう社会」という表題は、記事のリード文である。

そして、それに引き続いて「しかし、いろんな世界や考え方があって、それらをたくさん受容できる社会の方が楽しい」と続いている。

羽生竜王のこの考え方には多くの方が共感を覚えるだろう。
.

[PR]
by kazuo_okawa | 2018-10-08 00:20 | 将棋 | Trackback | Comments(0)
ビッグイシューを時々買う。
「ホームレスの仕事を作り自立を応援する」という目的で
路上で販売している冊子である。

売り上げの一部が販売者の収入になることで
支援している。

そのビッグイシューが今年9月で創刊10周年を迎えるという。
その221号の記念特集に、将棋の羽生三冠が
大きく表紙に出るとともに、10周年スペシャル企画として
ビッグイシュー日本代表と対談している。

将棋ファンでミステリ好きのシャーロキアン
(シャーロックホームズファンのことです)の私としては
何やら本当に心地よい気分なんですね。

対談を読んでいても大変気持ちがいい。

この対談を、羽生は6月29日に応じているのであるが
タイトルマッチの忙しい時を思えば驚異的であると
同時に、こういう企画を快く引き受ける羽生に
心から敬意を表する。

そして、記念の号は「221号」

大抵の方には、何の事かと思われるかもしれない。
しかしシャーロキアンにとって見れば
221はシャーロックホームズの住んでいた場所
(正確には221B)であり、221は
シャーロックホームズファンにとっては
一番馴染みのある数字なのである。

ちょっとした偶然は人を気持ちよくさせる。

ビッグイシュー221号は
将棋ファンでシャーロキアンには実に気持ちがいいのである。

ちなみに、羽生の日本将棋連盟登録番号は175。
そして私の日本シャーロック・ホームズ・クラブの登録番号も175。

だからどうした、
と言われても困りますが、まあちょっとした偶然で
私にとっては大変気持ちがいいのです。
.

[PR]
by kazuo_okawa | 2013-08-22 19:09 | 将棋 | Trackback | Comments(0)