人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー

タグ:シャーロッキアーナ ( 1 ) タグの人気記事

ヤフー・ニュースを見ていると、1月25日配信記事に
電気こたつの国内生産が激減しているというニュースと共に
一方で、みかんの出荷量も減少していることから
両者に相関関係があるのではないかとの「仮説」も紹介されていた。

昔は電気こたつの上には必ずと言っていいほどみかんが置かれていましたね。
その発想から、こたつが減少すれば、その上にあった、みかん出荷量も
減少したのではないかという、大変面白い「仮説」である。

だが、いくら何でもこの「仮説」は無理だろう。

そもそもこの記事自体、こたつの減少は、マンションなどでエアコンが普及したほか、
部屋の保温性が高くなり、和室が減るなどしたためとみられると分析し
一方、みかんの出荷量の減少の原因も、ほかの果物や菓子などスイーツが多様化したことも原因として考えられるとしている。

つまり両者の減少は、それぞれに理由があり、一方の減少が
他方に影響するという相関関係はあまり考えられない。

無論、こたつの上に、たまたまみかんがあり
何を食べても良いときなど、たまたま、みかんが目の前にあるから食べるが
そうでなければわざわざみかんは食べない、ということもあるだろうから
こたつの減少が、みかん出荷量の減少に全く関係ないとはいえない。

しかしながら、だからといって、こたつ減少との相関関係を結びつけるのは無理だろう。

現に記事の横に添えられた両者の減少グラフを比較すれば
電気こたつは毎年減少しつつも、平成10年に大幅に減少している。
一方、みかん出荷量は毎年順調に減少している。
仮に、両者に相関関係があれば、グラフの形は似ていないと
おかしいであろう。
つまり、グラフを見る限り、両者の減り具合は明らかに異質であり
相関関係有りというのはまず難しい。

とはいえ、電気こたつの上には「みかん」という日本の伝統な
風景に着目した面白い「仮説」であり、その発想には大いに感心する。

こういう自由な思考は、仮に立証されなくても、「仮説」自体が、実に面白い。

シャーロック・ホームズを研究するシャーロッキアーナ(シャーロック・ホームズ学)を
思わす、柔軟な仮説であり、実に楽しい。
.
by kazuo_okawa | 2014-01-27 23:53 | パズル・統計・数学 | Trackback | Comments(0)