私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

タグ:エセ科学 ( 1 ) タグの人気記事

サンマーク出版の表題の著が売れているという。

著者は科学者にして、「霊能者」。
大学でも教鞭をとっているという。
心理学・統計学の視点と、自身の「霊能力」の視点をあわせた今までにない解説が好評をえている、という。

まあ、これだけでも相当に怪しいが、阪急電車でみた同書の広告のうたい文句の一つが私には引っ掛かった。
「神社に参拝すれば幸福になる」!

著者によれば「神社参拝回数」「年収」「幸福度」を調べてみたという。
そうすると、神社参拝回数の多いものは、年収、幸福度も高く、したがって、神社に参拝すれば年収も増え幸福になるというのである。

あきれてものが言えません。

こういう調査自体が正しいかどうかは検証のしようがない。
その問題点はさておいて、仮に「神社参拝回数の多いものは、年収、幸福度も高く」という調査が正しいとしよう。
しかし、それは単に「相関関係」を示すものでしかない。

前者(神社参拝回数の多いもの)によって、後者(年収、幸福度も高く)が導かれるという「因果関係」は何ら立証されていないのである。

つまり、因果関係は逆かもしれない。
年収、幸福度も高いものが、神社参拝回数が多いのかもしれないのである。
或いは、もっと別に原因があるかもしれない。

このように「相関関係」と「因果関係」を誤る、というのは統計学上の初歩的なミスである。

こういう初歩的な(繰り返すが初歩的な誤りである)統計学的誤りを堂々と電車広告にのせながら、「理科系」というのであるから驚く。

まあ、問題は、何ら疑いなく、無批判に信ずる市民が問題なのだろう。

【追記】
こういうことを書くと、私は、神社参拝そのものを全否定しているように取る人もいる。
神社のある種の「ブラシーボ効果」は、私は否定していないので、念のため。



.
[PR]
by kazuo_okawa | 2016-09-29 22:27 | パズル・統計・数学 | Trackback | Comments(0)