私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

日経社説の責任!

「働き方改革法案」強行裁決後の28日の、日経新聞社説は「脱時間給の制度化を今国会で確実に」という見出しの元、脱時間給こと高度プロフェッショナルこと残業代ゼロ法案についてその必要性を論じている。

しかし、その根拠とするところは、結局「先進国に見劣りする日本の労働生産性を引き上げる意義がある」「ホワイトカラーの仕事は成果が労働時間に比例しない傾向が一段と強まっている」の2点にすぎない。

改めて指摘するまでもなく、これはもっぱら使用者の都合に過ぎない。

こんな使用者側の論理だけで強行採決するのはそれだけで不当だろう。
日経が経済新聞だとしても、こんなに露骨に使用者に肩入れするのはどうなのだろうか。

まず、「日本の労働生産性が先進国に見劣りする」というのは、そのデータ自体がいささか疑問である。
それはおいても、労働生産性とは「労働による成果(付加価値)」を「労働投入量」で除したものであり、その付加価値とは「営業利益-(人件費+原価償却費)」であるから、要するに、人件費が低くなればなるほど労働生産性が上がる、というそれだけのことである。

つまり、もっともらしい「経済用語」を並べているが、平たく言えば、人件費を下げたい(残業代を払わずに働かせたい)ということに過ぎない。

次に、「ホワイトカラーの仕事は成果が労働時間に比例しない傾向が一段と強まっている」というのはそうかもしれない。
しかしだからといってそれを、労働者に転化するのは間違いである。
成果の責任はあくまで使用者にある。

このことはかつて、成果給が猛威を振るった20数年前に批判したことがある。
つまり、労基法も認める「出来高給」とそもそも労働法が予定していない「成果給」は区別しなければならない、と。
たとえば、椅子を幾つ作ったかで給与を決めるのは「出来高給」として許される。
しかしその椅子が売れるかどうか(それが「成果」)を労働者に転化するのは無茶だろう。

今回の残業代ゼロ法案はもっともらしく「高度プロ」などと述べるが、結局は、本来使用者が負うべきリスクまで労働者に負わせるというもので、論理的におかしいのである。

無論、労働者の「成果」が企業に爆発的な利益を生み出したときに、それに見合う報酬を労働者に与えるというなら別である。
しかし、そういう利益は使用者が独占するのである。

ならばおよそ公平とは言えないであろう。

この残業代ゼロ法案は「過労死」を生む。

そういう観点からの批判はあちこちでされており、それはそれで正しい。
しかし、高プロ推進者の発想が根本的におかしいことをまず批判すべきだろう。

.


[PR]
# by kazuo_okawa | 2018-05-28 23:53 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)

琉球館~東京での初講演

一葉社社長和田さんのお陰で、2005年に出版頂いた「裁判と人権」をこの4月に大幅に改訂しました。(改訂5販です)
その出版記念を兼ねて、東京琉球館で講演することになりました。

実は、関東で講演するのは(日弁連主催の企画を別にすれば)全く初めてであり、ありがたい限りです。

主催は東京駒込の琉球館。
6月15日に下記の通り行います。
私がかかわった人権事件を題材に「裁判と人権」を語るというものですが、琉球館の性格上、沖縄の事件とちょうその30年後に発覚した森友事件を報告し、合わせて日本の人権状況を語るという内容です。

本日、昔の記録などをみて、ほぼ構成を固めました。

関東在住の友人の皆さん。
お時間があれば、ぜひ、東京琉球館にお越しください。


6月15日(金)午後7時~9時
参加費1800円(1ドリンク付き)
一葉社トーク「裁判と人権 改訂5版 平和に、幸福に生きる法律ばなし」出版記念
「裁判と人権~沖縄日の丸焼き捨て事件と森友事件
お話 大川一夫(森友学園のトリックを暴く弁護士」
要予約

.

[PR]
# by kazuo_okawa | 2018-05-27 15:55 | Trackback | Comments(0)

高見新叡王誕生!

新たにタイトルに昇格した「叡王」の決勝七番勝負に高見泰地六段が,金井恒太六段に勝利し、初代叡王についた。

ストレートの4勝奪取!

見事である。

高見六段は、決勝トーナメントで、豊島八段、渡辺棋王、丸山九段を打ち破り、決勝に進出した。
レイティーング1位の実力者「豊島将之八段に勝った責任」もある。

板谷一門、石田門下の初タイトル悲願もあった。

そういった期待に応えたのであるから素晴らしい。

「2~3冠とれるように精進する」という記者会見の言葉もいい。

羽生7冠を超えるように、藤井総太七段のために新設されたといわれる「叡王」。
結局は、藤井総太の「咬ませ犬」だったと言われないように、高見新叡王にはぜひ頑張ってほしい。

.


[PR]
# by kazuo_okawa | 2018-05-26 22:57 | 将棋 | Trackback | Comments(0)

どんな労働者なのか!

安倍政権が最重要法案と位置づける働き方改革関連法案は、衆議院厚生労働委員会で、野党側が抗議する中、採決が行われ、一部修正のうえ、自民・公明両党や日本維新の会の賛成多数で可決されたという。

ひどい話である。

安倍首相が「働き方改革国会」などともっともらしい名称をつけて、その目玉としているのが「働き方改革関連法案」は例によって、玉石混交の一括法案としている。

「一括法案」自体の問題性は繰り返し述べてきた。
またしてもそういう手法をとるのか、としか言いようがない。

問題は安倍首相が「高度プロフェッショナル制度」と呼び、私たちが「残業代ゼロ法案」と呼んでいる制度の導入である。

政府はあれこれ必要性を述べるが、要するに、残業代をゼロにしたい経営側の意向に沿うもので、労働者にとっては全く良いことはない。

ところが加藤勝信厚労大臣は「労働時間規制を外すことに肯定的な労働者の意見がある」と説明している。
労働時間規制がなくなり、それこそ「死ぬほど働かせられる」可能性のある制度を肯定する労働者とは、一体全体どんな労働者なのか?

全く不可思議としか言いようがない。

.


[PR]
# by kazuo_okawa | 2018-05-25 22:54 | 労働 | Trackback | Comments(0)
公選法の「改正」により自己の望むヘルパーの代筆が禁じられたその「改正」公選法は違憲だと問う訴訟。
5月23日は、その訴訟の第4回口頭弁論期日である。

この日は基本的に被告国の主張の日である。

まず裁判所の構成が変わったため「弁論更新」という手続きがなされる。
と言っても、実際は、裁判長が「従来通りですね」「はいそうです」というやり取りだけである。

次いで裁判長が、被告の書面を確認し、求釈明書、被告第3準備書面陳述ですね?と聞き、被告訴訟代理人が、陳述します、と言って終わりである。
実際に、要旨を具体的に陳述することはない。

ちなみに、国の代理人はこの4月から交代しており、この日は3人来ている。

裁判長は「原告は書証甲7号証の1~3陳述ですね」と確認する。
これは、先の豊中市長選で、中田氏が自己の望むヘルパーで実際に投票できたという記事である。
そこで私が「新聞、テレビの報道の通り、原告が自己の望むヘルパーで代筆投票ができたのであり、しかも、このことによって何ら支障も、公正を欠くという事態も生じていない。そのことを本裁判の証拠として頂くべく提出した」と口頭で述べる。
本日の手続きはこれだけである。

裁判長が、それを確認して、今後の進行について聞く。
私は、こちらは今の主張や、求釈明への回答、また被告書面への反論をすると述べた。

裁判長は他にないですか?と聞くので、私は、被告訴訟代理人に尋ねた。
「被告はもっぱら、合理性基準説にたって主張しているが、今回の主張で尽きている、と考えてよいのか」
「これで一応主張は尽きている。無論、原告主張によりさらにその反論をすることはある」と述べた。
その後、日程調整に移ったが、被告は次回からは中央からも代理人が来るという。
そのためこの日には日程は決まらず、結局次々回期日は、のちに、10月1日午後3時と決まる。

さてその後、弁護士会館で報告集会。

始めて傍聴に来ていただいた方が、簡単に終わった、との感想を述べられた。
本日は、もっぱら、被告の主張だが、被告代理人が内容を全く説明しないために、確かに傍聴者にとっては、何が何だかわからなかったであろう。

被告の主張は4点。骨子だけを述べれば次のとおりである。
①憲法判断の基準については、厳格基準説と合理性基準説があるが、合理性基準説のよるべきという。(つまり緩やかな基準)
②ついでその説のもと、本件公選法は合憲であることを述べる。ここは被告が力を入れているところである。つまり、成年後見人の選挙権拡大による改正であるが、被成年後見人の判断能力は一見してわからない、だから事務従事者に限るなどとの主張をしている。
③さらに、我々が次の選挙で投票できる権利の確認を求めたところでは、そのような権利はないという。
④そして国家賠償請求においては、そもそも公選法が合憲なのであるから、違法性はない、という。

以上のような主張をしているのだるが、内容の説明はないため、初めて傍聴していただいた方には物足りなかったかもしれない。

次回は、こちらの反論ですから、法廷でも傍聴者に分かりやすく説明します。

次回期日  2018年7月18日午後3時~
次々回期日 2018年10月1日午後3時~
いずれも大阪地裁大法廷(202号法廷)です。

次回以降も引き続きご支援お願いします。

.

[PR]
# by kazuo_okawa | 2018-05-24 22:41 | 出来事いろいろ | Trackback | Comments(0)
加計学園の獣医学部新設をめぐる問題で、愛媛県は、3年前に柳瀬元総理大臣秘書官が官邸で学園側と面会したことに関連する県の新たな文書を21日に国会に提出した。文書には、学園側からの報告内容として「3年前の2月末、加計理事長が安倍総理大臣と面談し、獣医学部の構想を説明した」などと記載されている。

そもそも安倍首相は、加計学園の獣医学部新設の計画について初めて知ったのは、学園が国家戦略特区の事業者に選定された2017年1月20日だと国会で繰り返し説明してきた。

実はこの説明自体がもともと疑わしい。
何故なら、以前福島瑞穂議員の質問に対する答えと矛盾することや、加計氏と長年にわたる緊密な関係、前川氏らの証言(「総理のご意向」等)などから、これらだけでも十分信用性に欠けるのである。

そういう状況で出てきた愛媛文書であり、その意味では首相の虚偽説明の決定打ともいうべきものである。

ところがこの点について、公明党の山口那津男代表は22日午前の記者会見で、「当事者である首相も、加計氏も面談を否定している。一方、出された文書はまた聞きのまた聞きというような伝聞を重ねている要素もある」と語り、さらに「自分の直接経験したことに基づいて表現するのが真実に近づく大事な要素だ。中村氏はまったく自身の経験ではない。それで事実の解明が大きく進むとはあまり期待できない」と述べたという。

ネット上もさっそく「伝聞であり信用できない」という安倍首相寄りの言説が流布されている。

山口代表の言う「伝聞は信用できない」「自分の直接経験したことに基づいて表現するのが真実に近づく大事な要素だ。」という内容は、その一般論自体は正しい。
しかし、この件では違うだろう。

先に述べた通り、安倍首相の説明自体が信用できないのである。
加えて、愛媛文書には、虚偽文書や信用性に欠けるいい加減な文書を作る必要性は全くない。
そういったことなどから本件ではこの一般論は当てはまらない。

しかも、一番重要なことがある。

「伝聞は信用できない」と今回、声高に述べられているのであるが、もしも、「伝聞は信用できない」とうなら、その言葉を向けるべき相手はほかにいるだろう。

モリかけ疑惑で「伝聞」を繰り返した人。
…「妻から聞いた」
…「妻に代わって説明している」
と「伝聞」を繰り返した人物。

無論、安倍首相その人である。

愛媛文書に「伝聞は信用できない」と非難する人たちは、同じように、安倍首相にも「伝聞は信用できない」と批判して、昭恵夫人の国会喚問を要求すべきだろう。

.



[PR]
# by kazuo_okawa | 2018-05-23 12:02 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)
5月21日発売の週刊誌で同じような記事が出ている。

まずAERA(5・28号)
「暴言連発の麻生財務相」「政治家を辞めるべきだ」
との見出しで、麻生氏の暴言が次々と並べられている。
麻生氏といえば「未曾有」を「みぞゆう」と読むなど、余りにも多くの漢字が読めないという恥ずべき事実が明らかになったマンガ大臣だが、その点は今回の記事ではごくわずかしか触れられていない。

一方、週刊ポスト(6・1号)では「国益を暴落させた安倍首相の『虚言、妄言、詭弁」全記録」
「拉致被害者は必ず全員帰国させる」「私も妻も一切関係はない!」「プロセスには一点の曇りもない」「次は必ず消費税を10%に上げる」
「根拠もないのに言い切って、訂正・謝罪する勇気もない―」
「そのツケは国民が払わされる」
との見出しでこれまた、虚言、盲言、詭弁が次々と並べられている。
「全記録」とあるが、無論、ごくわずかである。

オリンピック誘致発言やプーチン会談前・北方領土発言、憲法違反の臨時国会不開催前の「丁寧に説明する」発言などは触れられていない。

まあ、しかし、安倍・麻生両氏のこれだけの暴言、虚言、盲言、詭弁を見るだけでも実に恥ずかしい。
誰が考えてもこれだけで辞職ものだろう。

加計の獣医学部新設を初めて知ったのが2017年1月20日だとういのが安倍首相のこれまでの発言であるが、愛媛県が公開した、安部・加計2015年2月面会文書は先の安倍発言を否定する内容だ。
しかし首相は今日も、加計氏とのその面会を否定している。

一体、誰が信じられるだろうか!

.

[PR]
# by kazuo_okawa | 2018-05-22 22:02 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)