人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
5月21日、福井地方裁判所(樋口英明裁判長)は、関西電力大飯原発3,4号機の運転差し止めを認める判決を下した。
実に素晴らしい判決である。(以下、樋口判決という)

早速判決文を読む。
この種の原発差し止め訴訟では、いわゆる伊方訴訟における立証責任を論じた最高裁判決があるため、双方ともに立証責任論で主張を激突させることが多い。またその主張自体が大変わかりにくい(特に被告側の主張)。
この福井地裁でもそうであったろうことは、判決文の当事者の主張を読むだけで分かる。
しかし、樋口判決は(行政訴訟ではなくて民事上の差し止め請求訴訟ということもあろうが)この立証責任の点は実にすっきりとしている。
すなわち原発の運転差し止めを認めるか否かは、福島原発事故のような被害が発生する具体的危険性があるかどうかであり、そしてこの具体的危険性があることの立証責任は原告らが負うとして、具体的な危険性の存否を直接審理の対象とする、としている。
実に分かりやすい。
ではその具体的危険性の立証はどうなったか。

樋口判決の素晴らしさは、我々がすでに福島原発事故を経験した社会であることを判断の中核においている点である。
原発推進側はよく、新しい技術が潜在的に有する危険性を許さないとすれば社会の発展はなくなるということをよく言う。
ところがこういう主張に樋口判決は明快である。
つまり、福島原発事故によって、「技術の危険性の性質やそのもたらす被害の大きさが判明している」のであるから、「危険性を一定程度容認しないと社会の発展が妨げられるのではないかといった葛藤が生じることはない」とする。

そして、福島原発事故のような事態を招く具体的危険性が万が一でもあるのかが、判断の対象であると言い切るのである。

「具体的危険性が万が一でもあるのかが判断対象」というのは原発推進側にとっては
いささか厳しくとられるかもしれない。
しかし樋口判決は、引き続いて「福島原発事故の後において、この判断を避けることは裁判所に課された最も重大な責務を放棄するに等しい」としている。
いやあ、素晴らしい。

樋口判決はその後、地震の可能性と起こりうる被害について詳細に論じた上、次のように言う。
「この地震大国日本において、基準値震動を越える地震が大飯原発に到来しないというのは根拠のない楽観的見通しにしかすぎない上、基準値震動に満たない地震によっても冷却機能喪失による重大な事故が生じうるというのであれば、そこでの危険は、万が一の危険という領域をはるかに超える現実的で切迫した危険と評価できる」

「ここでの危険は、万が一の危険という領域をはるかに超える」というのがいい。
そして樋口裁判長は更に指摘するのである。

「以上にみたように、国民の生存を基礎とする人格権を放射性物質の危険から守るという観点からみると、本件原発に係る安全技術及び設備は、万全ではないのではないかという疑いが残るというにとどまらず、むしろ、確たる根拠のない楽観的な見通しのもとに初めて成り立ち得る脆弱なものであると認めざるを得ない」
いいですね。

いわゆる被告主張の「コスト論」についても樋口判決は明快である。

「被告は本件原発の稼働が電力供給の安定性、コストの低減につながると主張するが、当裁判所は、極めて多数の人の生存そのものに関する権利と電気代の高い低いの問題等とを並べて論じるような議論に加わったり、その議論の逃避を判断すること自体、法的には許されないことであると考えている」

マスコミがわかりやすく解説した、命と電気代のどっちが大切なのかという部分ですね。

「コストの問題に関連して国富の流出や喪失の議論があるが、たとえ本件原発の運転停止によって多額の貿易赤字が出るとしても、これを国富の流出や喪失というべきではなく、豊かな国土とそこに国民が根を下ろして生活していることが国富であり、これを取り戻すことができなくなることが国富の喪失であると当裁判所は考えている」

読んでいて実に痛快である。

この判決に共感を覚える人が多いのではないだろうか。

住民側弁護団と樋口裁判長に心から敬意を表したい。
# by kazuo_okawa | 2014-05-23 22:51 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)

羽生三冠、名人復位!

森内名人に羽生三冠が挑戦した第72期将棋名人戦において
羽生が無傷の4連勝で勝ち越し、名人位を奪還した。
将棋の七大タイトル中、羽生はこれで名人を含む四冠となり
再び棋界の第一人者に返り咲いたと言えるだろう。

それにしても強い。
また今期名人戦は、相懸かり戦であったが、素人目には見ていて実に面白かった。
将棋ファンが見ていて、緊張感溢れる面白い将棋を指す。
これこそ、プロの将棋と言えよう。

また、攻めの羽生、受けの森内、という両者の個性を発揮しながらも
そもそも互いに名局を作ろうという姿勢がなければ
人々を感動させることはない。
その意味でも、勝った羽生が素晴らしいのは表現しきれないが
敗れたとはいえ、真っ向から受けて立った森内名人も大変素晴らしい。

いやあ実際、「相懸かり戦」がこんなに面白い将棋とは!
そして決め手となった105手目4二角などとうてい気づかない!

羽生・森内の両者は、過去の「大山・升田戦」とも闘いながら
同時に、ある意味で、未来の「コンピュータ同士の対局」とも闘ったといえよう。

実に素晴らしい名人戦であった。

さて、羽生三冠が名人になったことで
日本将棋連盟の発行する免状は凄いことになる。

すなわち

会長谷川浩二
竜王森内俊之
名人羽生善治

と3名が自署で連記することになる。

言うまでもなく十七世、十八世、十九世という永世名人のそろい踏みである。
しかも丁度その順になっている。
実に美しい。

すでに免状を持っていても、再発行してもらおうという将棋ファンも、きっといるに違いない。

【追記】
再発行できるのか、日本将棋連盟に問い合わせました。
下記がその回答です。
昇段するしかないですね。

大川一夫様
いつもお世話になります。
初段免状再発行の条件はあくまでも
災害などで紛失した場合に限ります。
大変申しわけございませんが、ご了承ください。



.
# by kazuo_okawa | 2014-05-22 21:57 | 将棋 | Trackback | Comments(0)
市民が刑事裁判を担う裁判員裁判が始まって
明日5月21日で丸5年になる。

刑事裁判は、「事実認定」と(有罪の時の)「量刑判断」の2つの判断をしなければならない。
例えば殺人を例に挙げると、被告人が殺人を起こしたかどうかの事実認定と
仮に殺人を行ったと認定した後の、死刑か無期懲役かなどの量刑判断をしなければならないのだが
この両者はかなり様相が異なる。

事実認定は、日常的に誰しも普通に行っている。
従って、市民が事実認定するのは問題ないだろうが、量刑判断はある意味で
法律解釈に近いものがあり、市民にはかなり判断が難しい。
私は制度開始前からこういう考えであり、5年を経た今でも基本的にはかわらない。
(詳細は、拙著「裁判制度の本義」(一葉社)参照してください)

一方、市民の事実認定能力に疑問をいだき、冤罪が増えるとして
裁判員裁判に強固に反対する人もいる。
果たして、事実認定能力に、専門家と非専門家で違いがあるのか。

本日付け日経新聞朝刊に興味深い記事が出ていた。

清水勝彦氏(慶応大学ビジネススクール)が、アイエンガー教授の著「選択の科学」を紹介する中で、同教授が、経験則の重要性とバイアスから、専門家も非専門家もウソを見抜ける確率は変わらない、と大変興味深い指摘をしているのである。

つまり日々事実認定に関わる専門家は、その経験則が有利に働くが
一方、その経験則が思いこみににつながり、結局、そのプラス・マイナスで
事実認定は素人と変わらない、という結論である。

アイエンガー教授の指摘は、市民が事実認定に加わることに
何ら問題は無いことを示す。

とはいえ、何故、専門家が事実認定でミスをするのか。
同教授は「判断した結果についてフィードバックを受けない」
「そして自信過剰」を挙げているという。

この点は(私も含めて)専門家はきちんと受け止める必要があるだろう。
# by kazuo_okawa | 2014-05-20 23:19 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)
本日午前中、たまたま大阪地裁岸和田支部の裁判があったため
その移動の帰りに「スピリッツ」を購入し、車中で、安斎育郎氏(立命館大学名誉教授)以下の「美味しんぼ」批判と意見の記事を読了する。

この「美味しんぼ」問題は、福島を訪れた主役に鼻血が出たという表現に
「風評被害」が生ずるとして激しく批判されたわけだが
各氏の意見を拝聴すると「鼻血を訴える人が多い」ことは事実のように思える。
(否定する意見もあるが、その論者の見聞の範囲などを考えると、鼻血を訴える人が多いのは事実だろう)

問題は、「鼻血を訴える」ことは、安斎氏の指摘の通り、「後付けバイアス」かもしれないし、或いは逆に、津田敏秀氏(岡山大学教授)指摘の通り、放射線が血管に影響を与えるのはほぼ定説であるから、そこから考えて、鼻血が多くても何の不思議もない、と考えるかである。

私自身は、津田教授には水俣病訴訟で大変お世話になり、その鋭い指摘と頭脳のシャープさは十分熟知している。
それ故、津田氏の意見には共感を覚え、その意見は実に痛快に感ずる。

しかしそれだけに、私自身が「バイアス」に掛かっているのかもしれない。

そう思って読めば小出裕章氏(京都大学原子炉実験所助教)がいう、<鼻血が出ることについて現在までの科学的立証はない、しかし可能性がないといえない>というのが一番科学的な態度のように思える。(少なくとも「絶対にあり得ない」と否定する意見は科学者の態度ではないだろう)
しかも小出氏は、問題は、他の重要なことを忘れさせようとしているマスコミと行政を鋭く批判しているのである。

かれこれ読んで考えて、改めて「美味しんぼ」を見るに
一体そもそも、批判されるほどの表現かと思う。
その意味で、一番問題なのは、このような「美味しんぼ」の表現に対して「圧力」がかかったということであろう。

自分と違う意見でも、それを表現すること自体は尊重する。
その「表現の自由」が、今、危機に瀕していることを感じさせる。

実際はこれが一番怖い。
# by kazuo_okawa | 2014-05-19 22:46 | 出来事いろいろ | Trackback | Comments(0)

本格ミステリ作家クラブ

有栖川有栖氏や綾辻行人氏らの呼びかけの元に
2000年11月に、本格ミステリ作家達が、
本格ミステリというジャンルの発展を望んで設立したのが、
「本格ミステリ作家クラブ」である。
同クラブは、本格ミステリ大賞を創設し、それは、本格ミステリとしての評価を第一義とした年間の最優秀作品を表彰することにしている。

その2014年度小説部門の本格ミステリ大賞に、「スノーホワイト」森川智喜氏が選ばれた。
大変素晴らしい。

森川氏は、京大推理小説研究会(京大ミステリ研)出身のミステリ作家であり、
同時に「シャーロック・ホームズ・クラブ」のメンバーでもある。
2010年デビューの期待の若手作家であり、その彼の受賞は大変嬉しい。

考えてみれば、この本格ミステリ作家クラブの選ぶ、本格ミステリ大賞には、
評論部門も含め、我が京大ミステリ研出身者が実に多い。
これは非常に嬉しいことである。
と同意に、このクラブ自体に大変親近感を抱いてしまう。

とかく面白い本格ミステリを見つけにくい昨今であるが
同クラブの選ぶ作品は、毎年の大賞のみならず、
候補作も読書の指針になる。

そして、2014年度の新会長は、京大ミステリ研出身作家法月綸太郎氏である。
新たな役員のもと、同クラブの益々の発展を期待する。

…というか、面白そうなので、私も入れてほしい(笑)。





.
# by kazuo_okawa | 2014-05-19 00:29 | ミステリ | Trackback | Comments(0)
本日、大阪弁護士会で「解釈改憲を許すのか!?」という市民集会を開催した。
参加者204名。
私は企画には全く関与していませんが、多数お集まり頂き有り難うございます。

用意していた資料が足らなかったというのですから
弁護士会は目標設定を低くしていたんですね。

パネルディスカッションは青井未帆教授、西岡芳樹弁護士(解釈改憲反対派)、徳永信一弁護士(解釈改憲賛成派)の三者ですが、徳永ファンが会場に多数来ていましたから、解釈改憲に危機感を持つ人が想定したよりも少ないのがやや気になります。
加えて、危機感派には、パネルディスカッションに欲求不満が生じたのではないでしょうか。何せ徳永さんの頑張り具合が凄かったですからね。

とはいえ青井教授の基調報告は憲法学者の通説にのった正論(現行憲法上、集団的自衛権は認められない)であり、きちんと整理されていて勉強になる。

以下、青井教授の基調報告で印象に残った言葉です。

「昨日、安倍首相はフリップを出し、赤ちゃんを抱いた親を示して感情に訴えていた。また、PKOで働く日本人を助けられない、見捨てなければならない、などと感情に訴える発言をしていたが、こういった言葉に騙されない賢い国民を目指さなければならない」
「『国民の命を守り抜く』これは正しい。しかし、この『自由』の話と、統治(国の仕組み)は違う。『自由』を守ることから当然に、集団的自衛権を認める、とはならない」
「パッションのない政治は、政治でないが、パッションは暴走をうむ。パッションに任せるのは危険と考えたのが立憲主義」
「かつて戦争は国の自由であった。それが、戦争は違法となり、そして、紛争コントロールは一元的にしようと、きたのが歴史の流れ。集団的自衛権は、この一元的解決とは逆のモメントである」
「戦争は狂気をはらむ。その反省から、武力によって解決しない道を探るようになった」
「『私達の生活』を守ります、というのと、その『私達の生活』がどうなるかは別である。」
「軍隊による自由があっても、一方で軍隊を持つことによる不自由がある。軍隊からの自由。軍隊の暴発をどう防ぐか」
「北岡氏は、憲法は最高規範でない、と言っていた。憲法に従わなくても良いと考えている者がいるということほど恐ろしいことはない」

安倍首相は、憲法解釈は自分がするというのであるから、彼は憲法よりも自分を上に置いている。
これほど恐ろしいことはない。
# by kazuo_okawa | 2014-05-18 00:08 | 出来事いろいろ | Trackback | Comments(0)
谷川と井山という異色の組み合わせに惹かれて表題の新著を買う。
表題通り「勝運」をつかむ方法を述べた著であるが、
谷川は、ひとり一人が持っている「運」の量は平等であり、運の悪い人は、つまらないところで運を使っているから、運が悪くなると言う。

こういう考え方は、谷川以前のベテラン棋士に多くある考え方である。
例えば、米長永世棋聖は、運を導くにはどうすれば良いかを常に考えてきた男である。
「勝利の女神」に好かれるようにせよ、という言葉は余りにも有名である。

ところが羽生世代以降はこういう考え方はしない。
より深く研究し、より鋭く考えたものが勝つ。

かつて、谷川、羽生が真っ向からぶつかった時代に
谷川が、羽生に対して「将棋をゲームのように考えるものに負けるわけにはいかない」という趣旨の発言をしたことがある。
将棋に「芸術性」を見いだす谷川らしい言葉であるが、将棋がゲームであることは違いないだろう。
そしてゲームに勝つには、結局、研究と読みである。
もっとも将棋は、ゲームといっても、見る者を感動させる大変良くできたゲームなのではあるが。

谷川の対談相手井山は、谷川の「運を無駄遣いしてはいけない」という言葉が心に残ったという。
しかし、ゲームに勝つのは、より深く研究し、より鋭く考えたものが勝つのであり、決して運を無駄遣いしたからではないだろう。
谷川が挙げる、「遅刻ぎりぎりに対局場に飛び込む」例は、運を無駄遣いするというより、ぎりぎりに飛び込むようでは精神的にハンデを負うということであろうし、普段博打ばかりしているというのも、運の無駄使いというよりも、その分、研究についやしていない(つまり研究不足)というだけに過ぎないだろう。
つまり、運の無駄遣い、といわれる事例は全て勝負にマイナスである具体的な理由があるのであり、それならば、「運の無駄遣い」などという、非合理で、情緒的な表現をすべきではないだろう。

谷川の将棋は大変魅力的で、私も大ファンであるが、こと「運」に対する考え方は、羽生世代以降、とりわけ渡辺のような合理主義に私は共感を覚える。


.
# by kazuo_okawa | 2014-05-16 23:42 | 将棋 | Trackback | Comments(0)