私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

<   2018年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧

本日(30日)朝日新聞一面は「陛下 務め全うの意向」との見出しとともに、次のように報ずる。
「天皇陛下の退位まで30日で1年。宮内庁は陛下の84歳という年齢を考え、この1年で徐々に公的な活動を皇太子さまや秋篠宮さまに引き継ぐことを提案したが、陛下は平成が終わる退位日まで活動を全うする意向であることがわかった。」

これを読んで思い出すのが、白井聡氏の近著「国体論~菊と星条旗」である。
白井氏は、明治維新から敗戦までと、敗戦から現在までを、いずれも「国体の形成期」「国体の相対的安定期」「国体の崩壊期」と三つに分ける。

そして国体とは何かについて、副題から察せられる通り、戦前は「天皇」戦後は「アメリカ」というわけだ。

戦後の日本がアメリカの属国であることは異論ないだろう。
そして「権力」を支える側がそのシステムからの脱却もはからない。
それを「国体」というキーワードでもって分析するところに斬新さがある。

そして新たに取って代わった「国体」アメリカがもたらした「民主主義」は、「天皇制民主主義」であり、戦後レジームの一翼を担うものとして象徴天皇制がある。
そしてその象徴天皇制における(いいか悪いかは別として)「象徴」を、天皇は、動きまわり「祈る」ことをもって体現したという。
それはアルカイスムであるが戦後レジームであり、それに対して天皇は「居るだけでよい」とする「戦後レジーム脱却派」とは異なる。

そういう白井氏の指摘があるだけに、そういう白井観を知ったうえで本日の朝日記事を読むと実に興味深いのである。

白井氏の近著をお勧めする。

.


[PR]
by kazuo_okawa | 2018-04-30 10:36 | 本・書物 | Trackback | Comments(0)

ペンタゴン・ペーパーズ

何人かの知人が評価していたので連れ合いと最終上映を見に行く。
スピルバーグが、アメリカの歴史を描いた作品である。

その内容は泥沼のベトナム戦争情勢など政権が国民に隠していた最高機密文書を、まずニューヨーク・タイムズが報道し、政府から指し止めをくったとき、その後ワシントンポストもその機密文書を入手したが、同様に圧力がかかる。
主役はこのワシントンポストの社主にメリル・ストリープ。
そして同紙の編集主幹にトム・ハンクス。

トム・ハンクスがいい。
社主を熱く説得する。
当時、地方紙と侮られたワシントン・ポストが、政権の圧力や裁判所命令に抗してまで、社主ストリープは報道を決意するのである。
タイムズ、ポストが報じた後、報道の自由を守るかのように、報道機関が連帯するかのように、地方紙が相次いで報道する。
ここが泣かせる。

報道の役割は何か。
権力からの圧力にどう対応するか。
そしてライバル紙でありながら、そのライバル紙が権力と闘っているとき報道はどうすべきなのか。…。
テーマは幾つも浮かび上がる。

アメリカや日本の現状、権力とマスコミの関係を見て、なおさら興味深いテーマである。

主幹トム・ハンクスの力強い言葉が心を熱くする。

「権力を見張らなくてはならない。我々がその任を負わなければ誰がやる」
「報道に対する圧力があったとき、その報道の自由を守るのは、報道することだ」

そしてラストのブラック判事の言葉。
「報道の自由は民主主義に不可欠である。報道機関は国民に仕えるのであって政権や政治家に仕えるものではない」

.

[PR]
by kazuo_okawa | 2018-04-29 09:05 | 出来事いろいろ | Trackback | Comments(0)

空転国会!

口ばっかりで、何ら実際に「膿を出そうとしない」安倍政権に対し立憲民主ほか野党は国会を欠席した。
立憲民主党ら不在のまま、安倍政権は国会を開き、あいもかわらず口だけに終始している。

そして以下のように述べた。
「国会審議が政策論争以外に集中してしまう状況を招いたことは率直に反省しなければならない。」
よく言うよ、としか言いようがない。

今まできちんと「論争」してきたのか。

特定秘密保護法、戦争法、共謀罪など全てまともな「論争」のないまま、安倍政権は強行採決したではないか。
国会審議の軽視である。

今国会は「働き方改革国会」だそうだが、2016年9月に「派遣法改悪」の強行採決したのも安倍政権であり、真の意味でどこに政策論争があったか是非教えてほしい。

2017年の刑事改革関連法案もそうである。なぜ、一括法案でないといけないのか、それについてきちんとした「論争」はあったのか。

また、政策以外の「森かけ問題」に、おそらく安倍首相は逃げ切りたいのだろうが、この問題も、国会軽視・法治主義違反の疑いなど重要な問題である。

空転国会を野党の責任にするとすれば、そのこと自体が問題である。

.

[PR]
by kazuo_okawa | 2018-04-27 18:49 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)

4月22日のNHK杯戦は面白かった。

若手の大橋貴洸四段が、強豪三浦弘行九段見事に下したからである。

しかもその内容が力戦形でトリッキーで見ていて面白い。


実はこの大橋四段昨年度の実績は、全棋士中、

勝率2位,勝数2位、対局数3位という実に好成績の実力派なのである。


ところがその上位に藤井聡太六段がいたために目立たなかったが本当はすごいのである。


そして大橋四段はその藤井とプロ入り同期で、かつ藤井とは公式戦で2勝2敗なのである。

いやあこれだけでも藤井六段に対する秘めたる闘志が窺えますね。


大橋四段は、関西将棋まつりなどで何度かお見かけしたが、お洒落な服装とともに

謙虚な雰囲気、それでいて将棋は強気と、俄然面白い。

楽しみな若手棋士の一人である。


.



[PR]
by kazuo_okawa | 2018-04-26 22:04 | 将棋 | Trackback | Comments(0)
民法改正により賃金債権の時効をどうするかが議論になっているが、当然民法に合わせるべしと、私は繰り替えしこれまで述べてきた。

一方、厚労省は2020年施行を念頭に置いて、有識者検討会を開いて検討している。
その「賃金等請求権の消滅時効の在り方に関する検討会」議事録が厚労省ホームページに公開されている。
第2回・第3回は関係団体等からのヒアリングが行われ、とりわけ、第2回は、労働側弁護士と経営側弁護士で意見が真っ向からぶつかっている。

経営側の伊藤昌毅弁護士は「民法(債権法)の改正によって民法の時効制度が改正され、短期消滅時効 (これには、民法 174 条 1 号の使用人の給料債権の 1 年の時効が含まれる) が廃止され、一般債権の消滅時効(権利行使できることを知ったときから 5 年間、権利行使できるときから 10 年間)に 1 本化されたから、労働基準法 (以下、労基法)115 条の時効(賃金等は 2 年間、退職手当は 5 年間)を見直し改正後の民法の時効に合わせるべきとの議論は、労基法が刑罰(取締) 法規であることを理解しない短絡的謬論である。」と激しい口調である。

「短絡的謬論』との決めつけに驚くが、そのこと自体が「短絡的謬論」だろう。
無論、刑罰の点だけ民法とは変えるという手法はありうるが、だからと言って、そもそもの時効自体を一般法の民法より短くするというのは論理の跳躍であり、その発想にはとうていついていけない。

伊藤弁護士は他の理由もあげるが、所詮使用者側の都合にすぎない。

また刑罰の点であるが、この点だけ、労働法、民法と変えるという手法はありうるのであるから、激しい口調の伊藤弁護士説は何ら根拠とならない。。

現に今、使用者の都合で働けなくなった労働者の賃金はどうなるのかという点では、一般に次のように考えられている。
A 民法第536条第2項は次のように規定する。
「債権者の責めに帰すべき事由によって債務を履行することができなくなったときは、債務者は反対給付を受ける権利を失わない。この場合において、自己の債務を免れたことによって利益を得たときは、これを債権者に償還しなければならない。」
難しく書いていますが「債権者」とは使用者のこと、「債務者」とは労働者のことと読み替えてください。
一方、労働法は次のとおりである。
B.労働法第26条
「使用者の責に帰すべき事由による休業の場合においては、使用者は、休業期間中当該労働者に、その平均賃金の100分の60以上の手当を支払わなければならない。」
さてこの両者の関係をどう考えるか。
実は、通説は、A、B両者の関係について、「両者は併存する」と考えられている。
つまり、60%の支払については、Bは罰則を持って強制しているというわけである。

このように、基本は民法によりつつも、刑罰は別異に解する、というのは手法としてありうるのである。
従って、労働法は刑罰法規であるからという伊藤弁護士の主張は(刑罰の点は民法と別とるするとしても)時効そのものを民法と別にする理由にはならない。

まあ、伊藤弁護士の論考を見る限り、賃金債権の時効は、民法に依拠して5年とすべきと思われる。

【追記】
本稿は、刑罰と民事上の義務は別にしても構わないから、刑罰を理由とする使用者の論理はおかしいと指摘したところに主眼があり、<2年分の未払より、5年分の未払の方が悪質だろうから>刑罰も、時効5年に連動させておかしくないと思っている。

.

[PR]
by kazuo_okawa | 2018-04-25 00:21 | 労働 | Trackback | Comments(0)

花見でハシャギまくる人

あるはずのゴミは出てこない。
一方、ないはずのものはいっぱい出てくる。
公文書に、首相案件メモに、自衛隊日報…。どうなってるんですかね。
毎日のように不祥事記事。
辻元清美さん曰く、「疑惑のもぐら叩き」である。

安倍政権の異常なのは、何が出てきても自らの疑惑と責任は「否定」しまくることである。
実際、それで通ってきたから今回も同じようにしようとしている。

その安倍さん、週末は何をしていたのか。
21日になんと1万7500人を招待して「花見を見る会」などを開催している。

外遊(というトランプへのしっぽ振り)に続く、明らかな人気取りでしょう。
こんなのに参加する方も、参加する方で、結果的には安倍首相延命に手助けしているということに気づかないのかと思う。

無論、招待者は何らかの推薦母体があり、その推薦の関係上、参加を断ることはできないのかもしれない。
大人の対応というのもあるかもしれない。

しかしせめて、「安倍首相に招待された」とハシャギまくるのは止めてほしいものである。
花見ではしゃぐのは本当にみっともない。

.


[PR]
by kazuo_okawa | 2018-04-24 11:19 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)
私の住む豊中では、22日に、豊中市長選・大阪府議補選・豊中市議補選の投開票が行われ、注目の豊中市長には、維新ではなく、いわゆる私たち市民派も応援した長内候補が当選した。

維新の市長とならなかったこと自体は、ほっとしている。
何せ、維新はあの森友学園・塚本幼稚園の教育を推し進め、合理化・効率化の名のもとに不当な切り捨てを行ってきたからだ。

とはいえ、大阪府議補選・豊中市議補選では維新は強い。

まあそいう選挙結果もさることながら、いつも思うのは投票率の低さである。
今回の投票率は、36・9%。

つかり過半数の豊中市民は、無関心・絶望・あきらめなのだ。
しかしだからと言って、あまりにも棄権・無投票が多すぎる。

私は選挙権訴訟を比較的多く担っている。

しかしこういう投票率の低さをみると余りにも物悲しさを覚える。
選挙権を求めて戦っているもの、人権闘争に力を入れている方たちの姿を見れば、その選挙権の価値は理解できるはずであり、およそ「棄権・無投票」などという軽々しい行為は取りえないであろう。

それはなおかつ、我々の選挙権を求める闘いが知られていないことなのかもしれない。
いや、そもそも先人たちの血の努力で勝ち得た民主主義が、我々の血肉となっていないということだろう。

.


[PR]
by kazuo_okawa | 2018-04-23 08:30 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)
ニュースによれば、安倍首相は20日、党所属の都道府県議を対象とした研修会で講演し、憲法改正について「自衛隊の違憲論争に終止符を打とう」と述べ、9条を含む改正の実現に重ねて意欲を示したらしい。

そして、「教科書に自衛隊が違憲と書いてある。われわれの世代で正したい。自衛官が仕事に誇りを持てるようにしたい」と述べ、9条への自衛隊明記を目指す考えを強調したという。

本当に、フェイクである。

この問題は、昨年、朝日新聞のファクトチェックで検証済みである。
すなわち「自衛隊が違憲と書いてある」教科書などない。
つまり嘘である。

安倍首相は、嘘だと批判されても、いまだに同じ嘘を繰り返しでいるわけだ。
要するに安倍首相は改憲のために、意図的に平然と嘘を続けている!

誰が最初に言ったか、「息を吐くように嘘をつく」

名言ではあるが、ひどい話である

.

[PR]
by kazuo_okawa | 2018-04-21 10:36 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)

名人返す!

佐藤天彦名人に羽生善治竜王が挑む第76期将棋名人戦第2局。
佐藤名人が返してこれで1勝1敗となった。

いやあ、面白い。

第1局後、田村康介七段が、「第1局をみると、両者均衡していて、シリーズは簡単には終わらない」と予言していたがまさしくその通りとなった。

第2局の感想戦で、羽生竜王が一日目封じ手の、「73角がどうだったか」と後悔していたのが印象に残る。

この角は、名人の歩を取りにいった手であるが、この手に対し佐藤名人が、飛車を回って、その歩を守るなどということはせず、悠然と羽生竜王に歩を取らせた。
そのことを、「頭が柔軟!」と解説阿久津主税八段は褒める。

まあ言ってみれば、羽生竜王の狙いである「歩取り」を、名人がそのまま受け止めているところに本局の勝敗が決していたのかもしれない。

そう思えば、将棋は何と奥深く、難しいものであることか!

第3局は奈良。
俄然、楽しみである。

.


[PR]
by kazuo_okawa | 2018-04-20 23:25 | 将棋 | Trackback | Comments(0)

ミスだと言ってますが!

中田氏の代筆投票が認められたことについて、先のブログに書いた。

NHKなど報道していただいた。

そしてメディアが、豊中市選管に問い合わせたところ、ミスだと答えたという。
それゆえ、各メディアから問い合わせと質問が集中した。
「選管はミスだと言ってますが!」

それはないでしょう、と言いたい。

何故なら中田氏は、訴訟を提起後も、何度も何度も、選挙のたびに、投票所に行きヘルパーの代筆投票を求めてきた。
そのことは、豊中選管は周知のことだろう。
中田氏の行動は十分に予測可能な事柄である。
もしも「ミス」なら、そのこと自体が大問題である。

いやそんなことはないだろう。

特に本件では、<男性係員が後ろから「代理」と言うと投票所入場券に付箋を貼り『代理』と書いた>という経過がある。
むしろ男性係員は、知ったうえで、柔軟に対応したということだろう。
中田氏が「投票の秘密を守りたいのです」と言うと,男性係員は少し離れた位置に移動されたということからも「秘密投票」や選挙権の意義を十分に理解しているとみるべきである。

さて今回のケース。

誰にも迷惑は掛かっていない。
中田氏は自己の思う通りの投票が出来た。
そして秘密投票は守られた。
国が改正理由に挙げていた「不正」はどこにもない。
これをミスと強弁するのか。

心配なのは、国・豊中選管が、柔軟な対応をした、女性係員、男性係員を問い詰めないかということである。

そのようなことは決してしないように心からお願いする。

【23日追記】
中日新聞 『わけあり記者』で著名な三浦耕喜氏がメールでこう伝えてきている。
「評価する以上、柔軟な対応をした職員にお咎めがないようにウオッチする必要があります。事情は聞かれるでしょうが、譴責とか、注意とか、減給などのペナルティーを行使させてはなりません。でないと、かえって萎縮するばかりでしょう。阻止せねばなりません。」
全く同感である。

.


[PR]
by kazuo_okawa | 2018-04-20 22:38 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)