人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

カテゴリ:将棋( 400 )

祝!豊島新名人!

第77期将棋名人戦七番勝負の第4局が16、17日行われ、挑戦者の豊島将之二冠が佐藤天彦名人に勝ち、4連勝で初めて名人位を獲得した。

豊島二冠は10代の頃から将来を嘱望され、谷川浩司十七世名人以来おおむね関西棋士を応援している私としても、大いに注目してきた棋士であり、とりわけ2014年に大阪弁護士会の企画で豊島七段(当時)を直接インタビューさせて頂いてからは一気にファンになった。

そのときすでに将棋界を背負って立つ気概を感じたことは既にブログに述べた。

豊島新名人は、将棋自体が素晴らしく(<かつての序盤、中盤、終盤隙が無い>から、現在は、序盤は飛ばし、序中盤も隙あらば攻め込む。そうでありながらももともとの豊島流も忘れない、という大変魅力的な将棋である)、そうでいながら人柄は申し分ない。
控えめで、謙虚、それでいてさわやかな好青年である。

その豊島二冠も、若くしてタイトル挑戦の機会を得ながら、長年奪取できず苦しんできた。
それが、昨年、棋聖と王位のタイトルを立て続けに獲得、その勢いのまま、名人を含む三冠となり一気に将棋界の頂点に立った。
実に素晴らしい。
そして嬉しい。

新名人インタビューで、記者からの質問に、普段とかわらず淡々と受け答えし。「名人位は小さいころからのあこがれであり、思い描いていた名人とは、技術的にも、人間的にもまだまだ未熟のところがあり、これから成長して生きたい」と謙虚に述べたのが印象に残る。

八冠制覇を目指して是非とも頑張ってほしい。

【5月19日追記】
朝日、毎日と新名人誕生記事を読んでいるが、糸谷哲郎八段の言葉が印象に残る。
「すごく励みになるというか、闘志を呼び覚ましてくれる。3冠は取りすぎなので、もう一度群雄割拠の状態にしなければ」
若き頃からライバルとしてしのぎを削るこの二人。<豊島さんは、糸谷さんのエンジン>と山崎八段が称したこともある。糸谷八段がタイトル戦線に加わってくると大変面白い。
.

by kazuo_okawa | 2019-05-18 00:13 | 将棋 | Trackback | Comments(0)

敗者高見叡王の涙!

将棋の第4期叡王戦七番勝負の第4局は11日、広島県廿日市市で指され、挑戦者の永瀬拓矢七段が高見泰地叡王に132手で勝ち、シリーズ4連勝で叡王を奪取し、初タイトルを獲得した。

4勝0敗の結果に特に驚くこともなく、実力的に見て予想された結果であろうと思われる。

ニコ生で見ていたが、解説渡辺明二冠はいつもの通り明快である。
「龍の価値を重く置かないんですね」(渡辺二冠)など、「負けない将棋」永瀬新叡王の思考もよく分かる。

驚いたのは終局後、高見叡王が涙で固まったことだ。

最近は、対局現地で解説会が開かれ、対局終了後に対局者がファンの前に姿を見せて挨拶をする。
その挨拶の場で、高見叡王は言葉にならずいったんは姿を消したのである。

まずは司会役の山崎隆之八段は敗者に気遣って慎重に述べていた。
「対局を終えられてすぐというのは、我々も対局するので分かるのですが、終えられた直後というのは…。まあ、叡王戦というのは大舞台なので、ファンの皆さんも応援してくれますし、大舞台はなかなか出ることが出来ない。僕なんかも出てないし。…」
しかし高見叡王はいったん引っ込む。
「まあ、これは初めてで…。そうですね。勝負の直後と言うことで…」とつなぐと
高見叡王が再び出てきて大声援。
そして、涙の挨拶となるのである。

勝負の世界は、負けて悔しいものだが、しかしどんな超一流棋士でも2~3割は負ける。
負けて悔しくとも、人前で涙するというのはまず見ない。

ここが高見叡王の人気のゆえんなのか…。

見ていた渡辺二冠の解説。
「珍しいシーンでしたね。高見さんはファン思いの棋士で、応援してくれるファンの為に勝ちを目指すということを常々述べておられる方ですから、ストレート負けという結果が人一倍悔しかったのでしょうね」

「山崎隆之八段は、結構言葉を選らんでいましたね。でも結局、何が言いたいのか分からない」
渡辺節は健在である。
.

by kazuo_okawa | 2019-05-12 14:21 | 将棋 | Trackback | Comments(0)

豊島二冠、3連勝!

いやあ、凄い!

77期名人戦七番勝負の第3局。
挑戦者で後手の豊島将之二冠(棋聖・王位)が佐藤天彦名人に136手で勝ち、3連勝で初の名人奪取と三冠にあと1勝とした。

仕事の合間に見ていたが、一日目序盤は、じりじりと、まるで「達人のにらみ合い」のようなやりとりである。

そして封じ手以降の二日目、豊島二冠の積極的な攻めがいい。

夕方、アクセスしたときには、名人が飛車を見切るという終盤戦。
素人目には、飛車を取った豊島二冠が優勢だと思うが,しかしながらAIは全く微差。
ここらあたりが本当に将棋は難しい。
無論、だからこそ面白いのだが…。

そして、夜に私は、弁護士会館で開かれた会合に参加して、終了後の午後9時ころに、再びアクセスすると、何とまだ激闘が続いていた。

そして、豊島二冠の勝利。
実に気持ちよい。

次は先手でもあり、これで名人奪取は間違いないだろう。
.

by kazuo_okawa | 2019-05-08 22:50 | 将棋 | Trackback | Comments(1)

豊島二冠対渡辺二冠!

いやあ渡辺明二冠は強い。

豊島将之棋聖(二冠)への挑戦権を懸けた第90期ヒューリック杯棋聖戦決勝トーナメントは26日挑戦者決定戦が指され、渡辺明二冠が郷田真隆九段に勝ち、豊島棋聖への挑戦権を獲得した。

豊島二冠は今、名人戦で佐藤天彦名人に挑戦中であるがおそらく名人位を奪取するのではないか。

そうするとこの二人はおそらく現時点での、棋界最高峰同士の闘いとなるだろう。
そう考えると実に重要なタイトル戦である。

羽生九段が覇者の座を譲って無冠となった今、下から上がってくる怪物(いうまでもなく藤井聡太七段である)が覇者となる前に、時代を制するのは誰かという興味もある。

私は個人的には豊島二冠を応援しているが、同時に、関西棋士という括りで見たとき、豊島二冠には久保元王将を倒した渡辺王将を倒してほしいという思いもある。

まあそんな意味付けは別として、戦型は角換わりになるのだろう。

「後手番千日手作戦」のような見ていて面白くない将棋でなく、隙あらば攻めかかるという魅力的な将棋を期待している。
無論、豊島二冠ならなしえるだろう。
.

by kazuo_okawa | 2019-04-26 22:46 | 将棋 | Trackback | Comments(0)
益田ミリ氏の本日の朝日新聞エッセイ「オトナになった女子たちへ」
のイラストに、同氏は「人は考えるときどうやら上を見るようです」と書いている。

無論これは間違いであり、人の考えるポーズは千差万別である。

私は頭脳プレイヤーである棋士の対局姿は数え切れないほど見てきたが棋士のその対局ポーズからも言える。
棋士は頭に中に将棋盤を描いているから、実際の盤面を見なくても考えられる。
では棋士はどんなポーズで考えているのか。

その考えるポーズは実にいろいろなのである。

上を向いて考える代表は三浦弘行九段だろう。
天井を向く独特のポーズはファンにはよく知られている。

一方、下を見て考えるのは佐藤天彦名人であり、体が前に倒れていって、ついには倒れこんだように考えている。
羽生善治九段は動きが多く絵になるスターであり、時にはカメラの方を向いて(つまり首を横に向けて)考える。

「あっ、こっち見ている」というファンのつぶやきがネット画面上広がるのも定番である。

席をたって、何と、歩いて考えるのが「哲学者」糸谷哲郎八段!
当然、上を向いてはいない(ぶつかってしまう)。

逆に、ほとんど動かないのが、豊島将之二冠である。
…こう見ると、思考のスタイルは色々であることがわかる。

おそらくいえるのは、「視覚」はエネルギーを使うから、視線を外して(特に動くものをとらえないようにして)思考するというのは、それなりに理由があるのだろう。
しかしその視覚をはすず方法(顔の向く方向)は千差万別なのである。

益田ミリ氏が表題のように言うのは、
<人は、数少ない自己の経験例を一般化してしまう>
という陥りやすいバイアスを明らかにしている。
.

by kazuo_okawa | 2019-04-19 20:51 | 将棋 | Trackback | Comments(0)

豊島二冠、先勝!

「 千日手」という波瀾万丈の幕開けとなった名人戦。

その指し直し局は、佐藤天彦名人が採用した戦法は、「名人奪取」の原動力ともなった「横歩取り」である。

いやあ何ということだろうか。
これを見ただけで心が躍る!
何せ名人の「エース戦法」である。

しかし、豊島将之二冠はそういう場合も想定して研究しているに違いない。
それゆえ、名人のエース戦法も受けて立つ!!

現に勝利者インタビューにより、豊島二冠の前例と別れる88歩は「研究手」であることが分かる。

Abema増田康宏六段は、<豊島二冠の研究は、コンピューターソフトAIの推奨している手と違う手を指し、相当深く研究している>と解説する。

以前、私が豊島七段(当時)にインタビューをさせていただいたとき「私は天才ではない(だから努力する)」と謙遜されていたが、無論、それはその謙虚な姿勢から出た言であり、実際は<天才+努力>なのである。

豊島二冠は、いち早く棋士同士の研究会を辞めて、AIを用いて独自の研究を始めたことで有名だが、実はAIを利用しつつも、それに頼っていないことが伺え、そこに、豊島二冠の真の強さがあると垣間見える。

そして豊島二冠の先勝!

昔から応援しているものとしては、初戦勝利は実に嬉しい。
三冠に向けて好スタートを切ったことは間違いないだろう。
.

by kazuo_okawa | 2019-04-11 20:37 | 将棋 | Trackback | Comments(0)

衝撃のスタート!

待ちに待った名人戦である。

佐藤天彦名人に挑戦するのは豊島将之二冠。
この二人は子供時代、奨励会時代からのライバルで、プロになったのも棋士番号で一番違い。
そして新人王決勝戦で相まみえ、順位戦の昇給もデッドヒートし、七段への昇段は同時。そのような若きライバル同士が最高の舞台で相まみえるのである。

将棋ファンとしてこれほどワクワクすることはないだろう。

その開幕局が本日10日始まった。

名人先手で、戦型は大方の予想通り角換わりである。
共に得意形。
しかし対局は両者互角のまま午後三時ころ思わぬ形で終了する。

何と、千日手!
つまり引き分け。

いやあ何ということだろう。
こんな場面はこれまで見たことが無い!

明日、先手後手、入れ替えて「指し直し」である。
まるでこれからの両者の熱戦を象徴するかのような波乱万丈の幕開けである。

私の予想は4勝3敗2千日手で、豊島二冠の奪取。

【5月18日追記】
名人奪取は予想通りであったが、結果は4連勝。実に強い。
.

by kazuo_okawa | 2019-04-10 16:22 | 将棋 | Trackback | Comments(0)

2018年度の藤井七段

将棋の対局も2018年度を終えようとしている。

2018年度の最優秀棋士は、豊島将之二冠か渡辺明二冠のいずれかだろうが、メディアを多く占めたニュース性、スター性棋士は藤井聡太七段であることは違いないだろう。

さてその藤井七段の年度最終局が3月27日に行われた。

帰宅後、Abemaをつけて見てたが、竜の横に只捨てする、あの62銀は強烈な一手であった。
こういう華やかな一手を指しこなすところに、その魅力とスター性がある。

対局は藤井七段に不利な状況ながら、いつもながらの「怪しい手」を炸裂する。
そこで出たのが、逆転に導く銀のタダ捨てなのである。

最後は、藤井七段の駒台に駒が一つも残らない見事な詰め!

Abema解説の阿部健治郎七段も佐藤和俊六段も驚いてはいたが、二人ともおとなしいタイプであり、表現が柔らかい。
もしも解説が米長邦雄永世棋聖や加藤一二三九段であったなら、あの「羽生マジック」を絶賛したように(「羽生の52銀」や「あれ!あれ!これ頓死ですよ」などなど)もっとその凄さを強調していたであろう。

そう思うと解説の役割というのは非常に大きい。

この日、昼間、地上波テレビも藤井七段を(みろく庵閉店のニュースと共に)特集していた。
閉店間際のみろく庵はこの日も将棋ファンで長蛇の列であったそうだが、昼食に、藤井七段が勝負飯として「肉豆腐定食」を注文すると、店にいた将棋ファンはこぞって「私も」「私も」と肉豆腐定食の同じ注文が相次いだという…。

いやあ、凄い。
.

by kazuo_okawa | 2019-03-28 18:27 | 将棋 | Trackback | Comments(0)

最優秀棋士とは?

ニコ生のタイムシフトで「どこよりも早く「第46回将棋大賞」を予想する会」を見る。

将棋大賞とは、毎年4月に発表、毎年度功績を残した将棋棋士などに日本将棋連盟から与えられる賞であり、とりわけ最優秀棋士とはその年のナンバーワン、MVPである。

松本 博文氏(ライター)、野澤 亘伸氏(カメラマン・将棋ライター)、鈴木 肇氏(将棋講師)の3氏が議論し、それを聞いたユーザーが投票して決めるというものである。
この3氏、実に将棋に詳しい。
率直に関心しました。

しかし、この3氏の、2018年度の最優秀棋士を選ぶ議論がいささかどうなのか。

まあ、普通、豊島将之二冠、渡辺明二冠、そして広瀬章人竜王の3氏が候補だということは分かるが、私は、文句無しに豊島二冠だと思っていた。
同じ二冠であっても、豊島二冠の王位は、渡辺二冠の棋王よりも序列が上である。
加えてなんと言っても豊島二冠は名人戦の挑戦者である。
将棋は名人戦だろう。

私からすれば文句なしのはずが、しかし鈴木氏が、「渡辺押し」に話をリードする。
その理由は、渡辺15連勝を評価し、豊島二冠は①後手番勝率が悪い②後半の印象が薄い③二人に勝ち数が足りない、と言うのである。

しかし、何故後手番勝率の悪いのがいけないのだろうか。
例えば、Aは先手勝率9割だが後手勝率5割、しかしBは先手後手とも7割としたとき、Bが何故に上なのだろうかわからない。
また豊島二冠の後半の印象が薄いとしても、同じように渡辺二冠は前半の印象が薄い。
ましてや二人に勝ち数で負けているなどと言うのは、マイナス点を探しているような指摘である。
渡辺氏とて、朝日オープンで藤井聡太七段に完敗しているではないか。

一番、多くのタイトルを保持し、そして名人戦挑戦者となったものが、最優秀棋士とならないのはおかしくはないだろうか!

【4月1日追記】
本日のニュースによれば、第46回将棋大賞選考委員会が1日開かれ、2018年度の最優秀棋士賞は、豊島二冠が初めて選ばれ、升田幸三賞にはAIを超えた一手と言われる「あの77飛車」の藤井聡太七段が選ばれたという。率直に嬉しい。
.

by kazuo_okawa | 2019-03-25 21:21 | 将棋 | Trackback | Comments(0)

羽生九段の強さ!

本日、将棋ファンはネットは「3窓」、そして午前中はNHK杯中継と将棋一色だったろう。

無冠となりながらも改めて強さを見せつけたのは,NHK杯戦である。
羽生善治九段は本日放映されたNHK杯将棋トーナメント決勝で郷田真隆九段を下し、7年ぶり11回目の優勝を達成した。
これで一般棋戦の優勝回数が45回となり、大山康晴15世名人の44回を抜いて単独トップに立った。

将棋史を「平成」で区切るというのもいささか抵抗もあるが、羽生九段の場合は、NHK杯で「4名人」を破って、あの衝撃の優勝をしたのが、平成元年であり、そして「平成」最後の年も優勝したというのだから、まるで絵にかいたような勝ちぶりである。

角換わり腰掛銀という最新形である。
アマチュアは指さない方がよいといわれる非常に難しい将棋である。
羽生九段は常に一番難しい将棋に挑戦する。
そして解説佐藤康光九段を唸らせる43歩を放つ!

金銀の効くただ捨ての場所である。
「凄い手ですね!」
「いやあこの手の意味は分からない」
「温めた手ですね」
「しかしこれは研究してても指せない」と佐藤九段を唸らせ、そして勝ち切るのである。

羽生九段は27年間何らかのタイトルを保持していたが、無冠の時も棋戦優勝はしている。
つまり本当の意味で、「無冠でかつ優勝もない」という年は、この「平成」の間は一度もなかったのである。

実に凄すぎる!
.

by kazuo_okawa | 2019-03-17 18:59 | 将棋 | Trackback | Comments(0)