私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー

カテゴリ:未分類( 92 )

私も共同代表のひとりである「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合・豊中」の主催で下記のような企画をしている。

「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合・豊中」とは、安倍首相の傍若無人な憲法違反の戦争法を廃止し、そのことにより立憲主義を回復することを目指し、その共通の目的で立場を超えて幅広く結集した市民グループである。

その「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合・豊中」主催の集会、どうぞ奮ってご参加下さい。


~平和のための講演とミュージカルの夕べ~
 国会を市民の手に取り戻そう!
日時 9月21日(金)午後6時15分開場 6時半開会
場所 アクア文化ホール(阪急曽根駅下車) 

講演 山口二郎さん(政治学者)
法政大学法学部教授、安保法制と立憲主義の回復を求める市民連合世話人
演題 国会を私たちの手に取り戻すために
ミュージカル 劇団「天然木」公演 ~大矢野原に立って~
~プロフィール~
1996年子どもミュージカルの劇団として熊本市で結成。
2005年山都町に拠点を移し、家族+αでの活動を開始し、自作自演生演奏の出前ミュージカルを県内外で行っている。
2015年早川倉庫杯若手演劇コンテストDENGEKIvol.4で長女しずくと次女凛花(脚本凛花)の二人芝居が優勝。これまでにRKK、BS日テレ、KKTで5本のドキュメンタリーが制作・放送されている。
2018年6月沖縄辺野古ゲート前テントで自衛隊軍事演習問題をテーマにした「大矢野原に立って」を公演し、大きな感動を呼ぶ。
ブログは「劇団天然木」で検索。
参加費 500円(介助者無料)
主催 安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合・豊中
  共同代表  安富 巌  大川一夫  中北龍太郎  藤木 邦顕
  連絡先 松岡幹雄(090-4033-1376)
.

[PR]
by kazuo_okawa | 2018-08-15 02:01 | Trackback | Comments(0)
モリかけ疑惑をまともに説明せず、それどころか、アベゲート事件は益々疑獄化しています。

安倍氏の腹心である麻生氏は厚顔にも財務省のトップでありながら自らは責任を取ろうとしません。
それどころか、麻生氏は、これまで数々の暴言・失言を繰り返してきましたが中でも特筆されるのが「ナチスの手口に学べ」です。

この言葉通りに、安倍政権のありようはまさしくナチスの手口としか言いようがありません。

しかし、真に学ぶべきは、私たち民衆の側でなければなりません。
そこで下記の通り、6月29日に講演会を開催します。

講師は、石田勇治東大教授。
歴史学者で、専門はドイツ近代史。
主な著書は『ヒトラーとナチ・ドイツ』『ナチスの「手口」と緊急事態条項』(共著)など。
石田教授は、まさしく「ナチスの手口」を知る専門家であり、今こそ、私たちはこの歴史に学まねばなりません。
どうぞ振るってご参加ください。


6月29日(金)18:00開場 18:30~20:30
会場:エル・おおさか 606号室
資料代¥1000
(講師)石田勇治(東京大学教養部教授)「安倍改憲が狙うもの ナチスの手口と緊急事態条項」
(司会)大川一夫(弁護士)
(趣旨説明)辻恵(元衆議院議員・弁護士)
主催:集会実行委員会
連絡FAX06-6607-6409(オール関西 平和と共生)
.


[PR]
by kazuo_okawa | 2018-06-23 11:43 | Trackback | Comments(0)

琉球館~東京での初講演

一葉社社長和田さんのお陰で、2005年に出版頂いた「裁判と人権」をこの4月に大幅に改訂しました。(改訂5販です)
その出版記念を兼ねて、東京琉球館で講演することになりました。

実は、関東で講演するのは(日弁連主催の企画を別にすれば)全く初めてであり、ありがたい限りです。

主催は東京駒込の琉球館。
6月15日に下記の通り行います。
私がかかわった人権事件を題材に「裁判と人権」を語るというものですが、琉球館の性格上、沖縄の事件とちょうその30年後に発覚した森友事件を報告し、合わせて日本の人権状況を語るという内容です。

本日、昔の記録などをみて、ほぼ構成を固めました。

関東在住の友人の皆さん。
お時間があれば、ぜひ、東京琉球館にお越しください。


6月15日(金)午後7時~9時
参加費1800円(1ドリンク付き)
一葉社トーク「裁判と人権 改訂5版 平和に、幸福に生きる法律ばなし」出版記念
「裁判と人権~沖縄日の丸焼き捨て事件と森友事件
お話 大川一夫(森友学園のトリックを暴く弁護士」
要予約

.

[PR]
by kazuo_okawa | 2018-05-27 15:55 | Trackback | Comments(0)
リスペクトの政治を作る大阪弁護士有志の会(リスペクトの会)は、設立1周年を迎えました。
憲法の理念(個人の尊厳)を実現するという目的で幅広く集まった弁護士有志の会です。

そのリスペクトの会では、
「国民投票法シリーズ」第3弾として、「投票を促す『説得』の極意!」を企画しました。

異文化コミュニケーションの研究者・海野素央先生から、アメリカ大統領選挙での戸別訪問実践(7700軒)のご経験をふまえた『説得』の手法を学ぶというもので、とかく法律家団体の企画は、固くなりがちですが、今回の企画は実践的で大変興味深い内容です。

最近の世論調査でも、憲法改正に賛成、自衛隊を憲法に明記することに賛成が、50%を超えている場合があります。
お互いの立場や考え方を尊重し認め合いながら、個人の尊厳が守られた政治(リスペクトの政治)を実現していくには、民主主義の過程での「説得」の手法のあり方がとても大切であり、私自身も海野先生の講演は楽しみにしています。

第三弾企画は
5月18日午後6時より
ドーンセンター大会議室1にて
です。

奮ってご参加ください。

.



[PR]
by kazuo_okawa | 2018-05-16 23:51 | Trackback | Comments(0)

憲法カフェ・箕面編

明日、箕面で下記の通り、憲法カフェをします。
振るってご参加ください。


4月14日憲法カフェ
時間:午後2時~4時 場所:箕面市中央生涯学習センター講座室
参加費:500円(お茶とお菓子付き)
お話:大川一夫

憲法は国の決まりの大本(おおもと)
これが変えられるって話ですから、大変です。
はたして何が変わって、それがこれからの政治や私たちの暮らし、そして国のあり方、また世界にどんな影響をもたらすのか‥?私たち庶民が何か危ないことに耐えなければならない時代がきたようにもいわれるけどそれって、どういう憲昧?…何かモヤモヤしてませんが? この際、それをスッキリしませんか?

「改憲」の中身は「自衛隊」に関することですが、安倍政権が無理押ししてでもやろうとする意 味は何なのでしょうが!?
世論調査(フジテレビ系列・昨年11月)では国民の望んでいる「優先して取りくむべき政策課題」は、医療・年金などの「社会保障」が25.4%の断トツ1位「憲法改正」 は2.8%、8位です。

私たち、そして何より私たちの子どもや孫たちのために、国のあり方の屋台骨がどう変わる のか、それを国会の中だけの話にまかせておいていいのか!?
これからの憲法を、専門家のお話も含めて、いっしょにコーヒーしませんか?

お気軽にぜひご参加ください。お待ちしています。
主催:あぶネット(教育が危ない!みのお市民ネットワーク)090-6329-7126偲地)

.


[PR]
by kazuo_okawa | 2018-04-13 17:56 | Trackback | Comments(0)

ゆがめられた政治と教育

財務局の文書改ざんで揺れる森友事件ですが、事件の本質は、公正であるべき行政が恣意的に歪められたということです。

また前川喜平さんに対しては今なお、自民党議員がその「授業」内容を調査するなど、不当ともいえる「監視」を続けています。

森友事件、前川事件とも流動的な中、
明日3月31日夜7時より下記の通り前川喜平さんらをお招きして、表題の集会を開きます。
前川喜平さんに「敵対」する人たちの参加も予想され、会場が一杯になることも考えられますので、どうぞお早い目にお越しください。


<森友問題から見えてきたもの~ゆがめられた政治と教育>
3月31日19:00~21:00(開場18:30)
豊中市立文化芸術センター大ホール(阪急電車曽根駅)
対談:寺脇研さん&前川喜平さん 
コーディネーター 矢野宏さん(新聞「うずみ火」代表)
参加費:500円(学生300円)※手話通訳あり
主催:森友学園問題を考える会


【31日追記』
参加者は会場を溢れんばかりの約1500名。
前川さんの人気と、森友事件の幕引きを許さない、という市民の怒りを感ずる。
共同通信は集会を次のように報じている。
「文部科学省の前事務次官前川喜平氏が31日夜、大阪府豊中市で、学校法人「森友学園」への国有地売却の経緯を追及してきた木村真同市議らと集会に参加し、森友学園問題や加計学園問題を例に「政治の力で行政がゆがめられることが、あちこちで起こっている」と批判した。
 前川氏は証人喚問を受けた佐川宣寿前国税庁長官が森友学園問題で今井尚哉首相秘書官と話したか問われ、直ちに否定しなかったとし「(否定は)偽証だと思った。虚偽答弁するしかなくなったのだろう」と感想を述べた。「今井氏が重要な役割を果たしたのではないか」との見方も示した。」


.


[PR]
by kazuo_okawa | 2018-03-30 10:36 | Trackback | Comments(0)
本質は「アッキード事件」であることは、今や誰の目にも明らかであるのに、佐川理財局長のせいにして「とかげの尻尾切り」で逃げ切りを図ろうとする安倍政権。

連日、国会前では、安倍政権を倒そうと市民が集会を行っています。
それに呼応して全国各地で怒りの集会や宣伝が始まっています。

大阪でも、いまこそ、市民・国民にウソをつく政権はいらない!怒りの声を広げていきたいと、下記の通り緊急企画されました。
明日土曜日に、「大阪総がかり実行委員会」と「九条の会・おおさか」が共同して下記のロング宣伝を計画しています。

この取り組みには、立憲野党の方々などのほか、リスペクトの政治を実現する大阪弁護士有志の会から私大川、阪大の木戸先生、ママの会から糸数さん、そして、森友問題追及の豊中市議木村真さんなど豊中の市民も次々とアピールする予定です。

ぜひ、みなさんの応援参加をお願いします。


名称:安倍9条改憲NO!憲法生かそう ヨドバシカメラ前街頭宣伝
日時 3月17日(土)午後3時~5時まで
場所 ヨドバシカメラ前周辺
内容 立憲野党、各党、市民によるリレートーク、歌、署名活動等々


.
-

[PR]
by kazuo_okawa | 2018-03-16 23:43 | Trackback | Comments(0)

緊急集会の呼びかけ

財務省の森友改ざん事件に端を発して
国会前抗議行動の輪が連日広がっていますが
大阪でも
ミナセン大阪・森友学園問題を考える会から
下記の通り、緊急集会の呼びかけが回ってきました。
ぜひ抗議の声を!


安倍政権が大きく揺らいでいます。

このタイミングで、各地でさまざまな団体や個人が、安倍政権退陣の声をあげることが重要と考えミナセン大阪でも、緊急ですが、街宣を行うことになりました。

●3/14(水) 18時半~19時半 梅田HEP前
市民と野党で共に闘う☆安倍政権は退陣へ!!
主催:みんなで選挙☆ミナセン大阪 森友学園問題を考える会

野党6党に参加要請中です。平日ですので現職の国会議員さんの参加はかないません。
さらには、急な要請ですので、6党の弁士がすべてそろうかどうかもわかりませんが、
とにかく声を上げたいと思います。


.


[PR]
by kazuo_okawa | 2018-03-14 10:43 | Trackback | Comments(0)

障害者選挙権訴訟へ

2013年公選法「改正」によりヘルパーの代筆が禁じられ、それまでヘルパーの代筆で投票してきた障害者が突然投票が出来なくなった。

それまで投票で来ていたのに、制限するというのは到底納得できない。
その「改正」公選法は違憲だと争う訴訟を継続しています。

裁判は、前回台風で延期となリ、その後、2017年12月14日に進行協議が行われました。

その協議の結果、2月28日午後3時大阪地裁202号法廷で口頭弁論が開かれます。

内容は、原告の準備書面陳述です。
要旨を代理人が説明する予定です。

どうぞご支援よろしくお願いいたします。

尚、大阪地方・高等裁判所は今年から、建物に入るとき、飛行場の検査のような手荷物委検査をはじめていますので、どうぞ時間的余裕をもってお越しください。


.


[PR]
by kazuo_okawa | 2018-02-25 18:04 | Trackback | Comments(0)
私たちは、安倍政権による立憲主義軽視の政治に強い危惧をもち、それに市民として、また法律家としてなんとか対抗していきたいと考え、昨年5月3日に「リスペクトの政治をつくる大阪弁護士有志の会」を立ち上げました。

これまで市民集会や街頭での宣伝活動をしてきましたが、この2月20日に下記の通り、「憲法改正 国民投票法の問題点と対抗策」と題して市民シンポを行います。

今、多くの市民が立憲主義、憲法9条擁護のために、安倍政権のもとでの憲法改正発議をさせないための取り組みに全力をあげています。
しかし、同時に万が一憲法改正の発議が強行されたときのために備え、今から準備を始めることも大切です。
そこで、今回、下記のような企画をいたしました。

冒頭、私も挨拶する予定です。

奮ってご参加頂きますようお願い申し上げます。


<リスペクトの政治をつくる大阪弁護士有志の会>
 ◆2月20日(火)18時半~20時半@天満橋ドーンセンター・大会議室1
     -『国民投票法』の問題点と対抗策-
<第1部> レクチャー 杉島幸生 弁護士
<第2部> パネルディスカッション
   ・2015年大阪都構想住民投票の経験者
   ・安倍改憲に反対する市民団体のメンバー
   ・広告代理店等関係者
  (コーディネーター)弘川欣絵 弁護士
 *入場料 一般1000円 学生500円(お子様連れOK)
憲法改正・国民投票では、憲法についての国民の意見をできるだけ正確に投票結果に反映されなければならないはずです。
 ところが、現行の国民投票法は非常に問題が多く、このまま国民投票が実施されてしまうと、国民の意識とはかけ離れた「憲法」になってしまうおそれが大きいのです。
 その怖さをリアルにお話しし、これから『国民投票法』を踏まえた憲法改正阻止のための行動をどのようにすすめていくかをご一緒に考えます。


.



[PR]
by kazuo_okawa | 2018-02-09 13:05 | Trackback | Comments(0)