私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

手が震えた!

17日のNHK杯トーナメントは準々決勝、羽生善治九段対豊島将之二冠の極めて興味深い対局で、しかも解説は斎藤慎太郎王座である。

解説も含め、将棋ファンなら見逃せない組み合わせである。

そしてこの対局が何故、興味深い対局かといえば、若いころから将来を嘱望されていた豊島二冠は若くしてタイトル戦に出場するも、なかなかタイトルが取れず、その大きな壁の一つが羽生九段であった。
しかし昨年、羽生対豊島戦は9局行われ、その中に、豊島八段(当時)が羽生棋聖から、棋聖位を奪取したタイトル戦が含まれているのである。

加えて、次期名人戦の挑戦者を決めるA級順位戦は最終局を残すのみであり、この両者に挑戦者の可能性がある。
昨年は、順位戦同率プレイオフで羽生二冠(当時)が豊島八段を制したが、今年もプレイオフで激突する可能性はある。

さらに言えば、将棋というものは、ベテランが若手から負けが続くと、なかなか勝てなくなる。
その意味で、羽生九段としては、豊島二冠にはここはどうしても負けるわけにはいかないのである。

逆の立場である豊島二冠としては、ここは是非とも勝利して羽生九段に差をつけたいのである。

戦型は、誰しもが予想した通りの「角換わり」。
そして最新形である。

斎藤王座の解説によれば、両者事前に、相当に研究しているとのことである。

しかし何よりも、斎藤王座の解説で驚いたのは、対局前の両者は、実にピリピリしていたという。
このことが、テレビ対局であるが、両者にとっては「大一番」であることを物語っている。

そしてその大きな一番を羽生九段が制した。

贔屓の豊島二冠が敗れたのは残念であったが、久々に素晴らしい映像を見た。
それは勝利を決める羽生九段が「95歩」の一手を指したとき、駒がスムーズにとれなかったのである。

聞き手藤田綾女流が「手が震えていましたね」といい、斎藤王座も「震えていましたね」と答えた。

そう、将棋ファンなら有名な「羽生の震え」!
勝利を確信したときに出る震え!である。

何やら久々に見た気がするが、この「羽生の震え」に、羽生九段の復活が窺えるのではないだろうか。

いやあ、何やら楽しみである。
.

# by kazuo_okawa | 2019-02-18 07:43 | 将棋 | Trackback | Comments(0)
本日、統一地方選挙を前にした木村真豊中市議の支援者集会に参加する。

特別ゲストは金平茂紀キャスター。
木村氏と金平氏との対談が実にいい。

その中で、金平氏が木村真氏の素晴らしさを述べる。

政治家は、バッジをつけるとふんぞり返っている者が多いが、木村さんは、常に動いている。
それはこういう会場の設備・設営もスタッフと一緒になって動く。
その姿勢が、森友事件の告発につながった。

そういったエピソードも絡めてその木村氏の行動力を褒める。

金平氏は、NHK相澤氏が「左遷」されたときの木村氏の活躍と、それをつぶそうとする一見「人権派」の実質妨害の動きや、別件事件の法廷における木村氏のエピソードなど、さりげなく話す。

その上で、開陳する金平氏の木村氏への評価がいい。
これらのエピソードは私も聞いているが、金平氏に全く同感である。

私も、挨拶させて頂いたが、本日2月17日は、ちょうど2年前に、(森友事件で)安倍首相が「私や妻が関係していたら、総理大臣も国会議員も辞める」と言い切った日である。

無論、今や、少なくとも首相夫人安倍昭恵氏の「関係」は明らかである。
従って、安倍氏はやめなければならない。

ところが、安倍氏は、今では何と、「賄賂をもらっていないという意味で関係していない」ということだと、話をすり替えている!
こんな嘘を許していること自体がひどすぎる。

「嘘まみれ」政治をなくすことが、今、必要だということを訴えさせて頂いた。

【追記】
本日、何度も出た森友事件。
原告木村氏代理人私の「豊中国有地国賠裁判」は、2月19日午前11時、大阪地裁202号法廷です。
.

# by kazuo_okawa | 2019-02-17 19:34 | 出来事いろいろ | Trackback | Comments(0)
2月13日のことである。

帰宅してから、夜のニュースをはしごしたが、
私の見た限り、「お父さんは憲法違反なの?」という国会中継をそのまま映していたのは「報道ステーション」だけであった。

どういうことかと言えば、13日、衆議院予算委員会では、憲法9条に自衛隊を明記する必要性をめぐり、安倍首相の下関講演が取り上げられた。

安倍首相は、「自衛隊員の父に『お父さんは憲法違反なの』と息子さんが涙を浮かべて聞いた。だから憲法に明記しよう」という話をしているらしい。

立憲民主党・本多平直衆院議員は、自ら自衛隊駐屯地近くで育ち自衛隊員の子供と親しいがそんな話は聞いたことはない、と述べた上で、安倍首相の話は「実話なのか」「いつどこで聞いたのか」と質問した。
すると、安倍首相は「実話であります」、「防衛省から聞いた話であります」と答え、更に、「本多議員は、わたしの言ったことはうそだと言っているんでしょ。それは非常に無礼な話ですよ。うそだって言ってるんでしょ、あなたは」、「本当だったらどうするんですか、これ」とまくし立てた。

本多衆院議員は「いつどこで聞いたんですかって聞いてるんですよ。例え話なのか実話なのかと聞いただけじゃないですか」
…。

こういう興味深い論戦があったのだが、私の見た限り「報道ステーション」以外、流されていない。

興味深い国会中継ニュースであったので、後日、ネット・ニュースなどで確認すると、安倍首相は更に
「わたしがうそ言うわけないじゃないですか」とも答えたらしい。

「わたしがうそ言うわけないじゃないですか」
- これほどひどい嘘は聞いたことがない!
.

# by kazuo_okawa | 2019-02-16 07:44 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)

統一名簿構想

今朝の朝日新聞に面白い記事が出ていた。

夏の参院選で野党候補を束ねる「統一名簿」構想をめぐり、野党間で論争が起きている、として、自由党の小沢一郎代表らが比例区の共闘策として実現を呼びかけるが、野党第1党・立憲民主党の枝野幸男代表は「迷惑だ」と完全拒否する、という記事である。

そもそも統一名簿に効果はあるのか、というのが論点だが、かねてから「オリーブの木」構想論者小沢氏は、「一つになったら相乗効果で投票率が上がる」と述べ、これに反対する枝野氏は「トータルの獲得票は間違いなく減る」と断言している。

「統一名簿党」と仮に名づけるが、大きな政党になればなるほど、自己の投票は生きてくる。
逆に言えば、死票になる確率は少なくなる。
そう考えれば、これまで、自分の投票が生きないとして消極的だった人が投票に行く可能性はある。
これは小沢氏の考えだろう。

一方、コアな政党支持者は自己の支持する「A党」だからこそ投票するのであり、「統一名簿党」では投票しない、ということもあるかもしれない。
これが枝野氏の考えだろう。

どちらが正しいのか。

人々の行動心理は一概に予測できない。

それゆえ、専門機関により意識調査などをして、人々の行動がどちらがより大きく動くのかを、統計的に論じていくべきだろう。

立憲野党同士、結論だけ述べるのではなく、科学的に冷静に議論して,
そしてより効果的な方法を選択してほしいと思うのである。
.


# by kazuo_okawa | 2019-02-15 19:34 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)

ゴジラと自衛隊

大ヒットした映画『シン・ゴジラ』が極めてリアルにゴジラとそれに立ち向かう自衛隊の姿を描いていたため、当時、弁護士間で自衛隊を出す根拠法は?と話題になったことがある。

合わせて、だから「立法」が必要なんだとか、いや不要だとか…。

2月11日の大阪弁護士会主催の講演で木村草太教授の比喩が巧みであることは述べた。
同時に、聞き手を引き付ける引き出しが多いことも感ずる。

安保法で、自衛隊が出動できるのは、防衛出動、治安出動、災害派遣の3つに限られるという説明に続いて、「ではゴジラが出てきたときに、どの条文で自衛隊は出動できるのか?」と聴衆を引き付ける。

話をこういう風にもっていくと身を乗り出しますよね。

そして木村教授は、「防衛出動ではない。何故なら、ゴジラは『他国』ではない。」
「次に、治安出動でもない。国内の治安問題ではないですからね」
「残るは、災害派遣。一見、災害のように思いますね。しかし違います。災害派遣には武器は使えません。」

「…だって、台風に向かって武器を使わないでしょう?」
見事ですね。
.


# by kazuo_okawa | 2019-02-14 00:53 | 出来事いろいろ | Trackback | Comments(0)

暖房なしの拘束!

今週、日本列島を寒波が襲った。
北海道ではマイナス30度など報じられている。

これで思い出すのが、刑事拘禁者の処遇である。
日本では、原則的に冷暖房設備がない。
夏は熱中症が起こりうる。
そして冬は…。

日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン被告人(特別背任罪などで追起訴)に対して、人質司法、そして弁護人の立ち合いが無いことについて世界の先進国から「中世」と批判されている。

実は処遇自体も「中世」である。

先月報じられたが、カルロスゴーン氏の妻キャロル氏が「(ゴーン被告人が)非常に過酷な状況に置かれている」として、国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)に日本の司法制度を批判する書簡を送ったという。
その中で、ゴーン被告人が暖房のない小さな独房で常備薬の服用も許されず、勾留後に体重は7キロ落ち、米と麦の食事を強いられていると訴えている。

無論、これはゴーン被告人だけに限ったことではないが、こういうひどい処遇は「無罪推定原則」からして本来許されない。
「勾留」は本来、逃亡の恐れと罪証隠滅の恐れを防ぐだけのものでしかないからだ。

カルロスゴーン氏事件を契機に、処遇も含めた「中世」を是非改めてほしい。
.

# by kazuo_okawa | 2019-02-13 00:47 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)
2月11日、大阪弁護士会で、憲法改正問題に関する市民集会として、首都大学東京法学部教授の木村草太氏と東京新聞論説兼編集委員の半田滋氏をお招きして講演会を開催した。

「憲法9条に自衛隊を明記する」と、どう変わるのか、また、日本はどこに向かうのか?を問う集会である。
事前申し込み約500名の中、かなりお集まりいただいた。
顔見知りの方も来られ、非常に有り難い。

学者の方の講演は、私にとっても学説などの整理のためにも勉強になる。

木村草太教授は、学生や市民向け講演が多いからであろう。
比喩が巧みでそういう所も参考になる。

以下、面白かった比喩である。

<19世紀から20世紀初頭まで無差別戦争観のもと、宣戦布告せよなど戦争のルールだけを決めていた。これは学級崩壊状態で生徒のケンカはやむなしとして「お前らナイフだけは使うなよ」というようなもの>

そして現在の国際法として「武力不行使」だが三つの例外(集団安全保障、個別自衛権、集団的自衛権)がある。
アサド政権が化学兵器使用したのは非難されるべきだがあくまで国内の話。
<英米軍の攻撃を認めると、大阪でヘイトスピーチがあったとき、それは許されないが、他国がそのヘイト者にミサイル攻撃するようなもの>

今日、憲法9条だけでは解釈しない。
13条と併せて解釈する。これを説明するのに
<遠足を例に取ると、9条は「飲み物をもってきてはいけない。13条は「熱中症にならないように」。最初は、国連が「熱中症対策」の水を用意すると考えられていた。しかしそれは無理なので、今日では熱中症対策の「水」はよい、とした>

抜群なのは、ゴジラの例である。
自衛隊が出動出来るのは、防衛出動、治安出動、災害出動の3つの場合しかない。
しかし、防衛出動は「他国」の攻撃の場合だがゴジラは「他国」でない。同じように、治安対象の犯罪などでもない。残るは「災害出動」であるが、ところが「災害」では「武器を打てない」。
<台風に武器打たないでしょう>

そして最後の極めつけ。
意味が分からないのは、それ自体憲法違反である。
<赤っぽい信号のときは止まった方が良い。これは困るでしょう>

もっとも、この意見に賛成してくれたのは日本で只一人だったとして、それは橋下徹のみだったと続くのだが…。
.

# by kazuo_okawa | 2019-02-12 08:25 | 出来事いろいろ | Trackback | Comments(0)