人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

2019年 11月 02日 ( 1 )

人間がやるべきこと!

10月31日「news zero」で放送された有働由美子キャスターと羽生善治九段の対談が興味深かった。

タイトル戦対局会場ともなる都内ホテルの一室で行われたらしい対談は、両者のオセロ対決からスタートする。
将棋はもちろんであるが、あらゆるボードゲームに通じている羽生九段に挑むとはあまりにも無謀である(無論洒落であろうが)。

序盤でほぼほぼ羽生九段の必勝体制である。
まあ、本来は、オセロではなく「駒落ち将棋」をすべきだろうと思うのだが…。

それはともかく羽生九段の印象に残った言葉。

将棋では「ほかのものにゆだねる勇気」(これで負けたら仕方がない)が重要、
勝ち負けではなく、プロセスに自分なりに意義・意味を見出すことが大事という。

AIにも造詣が深い羽生九段は、AIは確率的・統計的に精度の高いものを追及していく、ではそのAIと違う人間の役割とは何かを、ノーベル賞の研究に例えて、ノーベル賞の研究は誰もやらない1%、0・1%といったところを研究する。

ここにAIとは違う人間の役割を述べる。
1%の可能性。
そういうものが、人間がやるべきことという。

またこの情報過多の時代に大事なのは「捨てる」ことだとも。
これがなかなか実践できない。

良い企画である。
.

by kazuo_okawa | 2019-11-02 19:22 | 将棋 | Trackback | Comments(0)