人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

2019年 09月 25日 ( 1 )

カーディストリーの流行

9月15日放映の「4Kカメラvs天才マジシャン」を録画で見る。

評判のマジシャン高橋匠師の凄腕には、ただただ感心する。
北欧の怪人レナート・グリーンの唯一の弟子だという。
そのテクニックは実に見事である。

左手に持った1枚のカード。
右手でそれを配ったはずが(本来、左手には何もなくなるはずが)左手にカードが残っている。
それを繰り返す。

これは「四つ玉」のある種の技法と同じであり、なるほど、こういう使い方があるのか、と感心したものである。

こういうトリックを見ると、まだまだ開発の余地があると感心する。

とはいえ、彼の影響なのか、若手マジシャンはほとんどが、カーディストリー(カードをアクロバティックに操る言わばカードのジャグリング)を用いる。

私は、サーカスやジャグリングも好きである。
しかしそれはそのジャンルとして楽しむ。

マジックはマジックであってほしい(不思議さを提供するもの)と思っている。

「凄いテクニックだな!」と言うよりも「実に不思議だな!」というパフォーマンスであってほしいと思うのである。
.

by kazuo_okawa | 2019-09-25 21:42 | マジック | Trackback | Comments(0)