人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

2019年 09月 21日 ( 1 )

23日付の日刊ゲンダイに閣僚が「暴力団」に関係しながらそれを無視する安倍政権とそれを報じない大メディアのご都合主義が報じられている。

つまり、安倍政権の新閣僚武田良太国家公安委員長と竹本直一IT担当相が、元暴力団関係者との「黒い交際」を週刊誌が報道しているが、安倍政権は全く無視を決め込んでいる。

にもかかわらず大メディアは一切そのことを報じない。

問題は、かの吉本問題の時は、こともあろうに安倍政権の幹部や閣僚も吉本問題でガバナンスやコンプライアンスが重要であり説明すべきであると強調していたのである。

そしてメディアも、テレビを中心にこれでもか、これでもかというくらいに連日大騒ぎしていたことはご承知の通り。

しかし、今回は全く沈黙であり、どこから考えても整合性は取れない。
しかも単なる「一私人」にすぎない吉本タレントと公人中の公人たる政権の閣僚と比較すればその問題の重要性は改めて言うまでもない。
安倍政権の閣僚こそ大騒ぎすべきだろう。

かつてジャーナリストの大谷昭宏氏が、危険なもの(原発)を売って商売にし、博打(カジノ)で稼ごうとするのはヤクザと変わらない、と痛烈な批判をしたことがある。

メディアに携わる人達は、まさか、ヤクザではない吉本芸人がヤクザと関係するのはニュースになるが、ヤクザがヤクザと付き合ってもニュースにならないと思っているのではないでしょうね。
.

by kazuo_okawa | 2019-09-21 23:10 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)