人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

2019年 08月 01日 ( 1 )

見事な切り替し!

8月1日、れいわ新選組から初当選した重度の障害を持つ舩後靖彦議員と木村英子議員が参議院に初登院した。
歴史的な日と言えるだろう。

その人の初登院の節目に、山本太郎れいわ代表がテレビ朝日系列「羽鳥慎一モーニングショー」に生出演した。
まずもって「そもそも総研」玉川徹氏のコーナーに出演させること自体が、これまで地上波アウトだったことを考えると素晴らしい。

この放送はユーチューブで見たが、山本太郎氏が障害者権利条約を紹介し、そして「合理的配慮」を説明していることが素晴らしい。

「合理的配慮」は是非広く行き渡ってほしいものであるからだ。
そして私が代理人をしている中田選挙権訴訟にも影響しかねないことについても山本太郎氏は「合理的配慮は、投票の権利も担保する」と述べている。
このようなことをストレートに述べた政治家は山本太郎氏だけだろう。

ところが、この重度身体障害者(舩後靖彦氏、木村英子氏)の議員活動に際し、必要な介助費用を参院が当面負担すると決めたことについて「国会議員だけを特別扱いするのか。一般人であろうと公平平等に支援を受けられる制度に変えるべきだ」と松井一郎維新が反対のコメントをしたという。

維新の主張の基本は自己責任論である。

相も変わらず卑しい維新である。
<「身を切る改革」と言いながら自らは身を切らない>のであるが、
このような自己責任論に対して
山本太郎氏は、
「政治の中で自己責任論が強まるのであれば、『なぜ自己責任を求めるあなたたちは税金でご飯を食べてるんですか?』という話にならないですかね」とさらりと言ってのけた。

あまりにも有名となった、ヤジの切り替えしに通ずる、山本氏の切り返しである!

ヤジの対応で安倍首相とは格が違うことを見せつけた山本太郎氏だが、松井氏とも格の違いを見せつけたと言えるだろう。
.

by kazuo_okawa | 2019-08-01 21:21 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)