人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

2019年 07月 14日 ( 1 )

『「反緊縮!」宣言』

親しくさせてもらっている松尾匡編著になる『「反緊縮!」宣言』が緊急発行された。
副題は「人々にもっとカネをよこせ!」
参議院選挙前、というのが重要である。

松尾氏はかねてより、反緊縮運動を提唱しておられる。
(私は何度も講演を聞かせて頂いた)

松尾氏は、イギリスのジェレミー・コービン党首の労働党やアメリカのサンダース派、フランスのメランション派や黄色のベスト運動、スペインのポデモス、ヤニス・バルファキス元ギリシャ財務相の始めたDiEM25など、近年、欧米では反緊縮左翼が台頭している、とも強調される。
共通するのは、「財政危機論」は新自由主義のプロパガンダとみなしていることだ。
この間の日本の施策を見てもよくわかる。

確かに「財政危機」はウソだろう。
財政危機を口実にして財政緊縮を押し付け、公的社会サービスを削減し、人々を労働に駆り立ててきたことか。
そして一方、大資本を儲けさせている。

ではどうするか。そのために、財政緊縮反対が政策の柱となる。
つまり「反緊縮」である。

財政を拡大し、その中身として、医療保障、教育の無償化、社会保障の充実などの社会サービスの拡充を掲げ、財政の拡大で景気を刺激することで、雇用を拡大する。
ではその財源はどうするか。

実は私は、松尾理論に100%理解しているわけではない。
税源として、国債を発行し続けても問題はない(政府が買い取ればよい)、というところが、なかなか落ちない。

無論、財源としては、大企業や富裕層の負担になる増税を提唱している点は大賛成である。

まあ、理論的な面は別として、松尾氏率いる、薔薇マーク運動のマニュフェストは以下の通りである。

これは、あなたが富裕層でない限り、このマニュフェスト自体は多くの共感を覚えるのではないだろうか。

【薔薇マーク運動のマニュフェスト】
1. 消費税の税率を5%に
2. 100 万⼈分のまっとうな労働需要を追加創出
3. 同⼀労働同⼀賃⾦を実現
4. 最低賃⾦を1500 円に
5. 雇⽤・賃⾦の男⼥格差を是正
6. 違法な不払い残業を根絶
7. 望む⼈が働いて活躍できる保障を
8. 外国の労働者を虐げて低賃⾦競争を強いる「労働ダンピング」は許しません!
9. 法⼈税の優遇措置をなくし、すべての所得に累進課税を
10. 富裕層に対する資産課税を強化
11. ⾦融機関の野放図な融資を抑制
12. 社会保険料も累進制にして、国保など庶⺠の保険料負担を軽減
13. 環境税・トービン税を導⼊
14.「デフレ脱却設備投資・雇⽤補助⾦」創設
15. 健全財政の新たな基準を
16. 財務省による硬貨発⾏で政府債務を清算
17. ⽇銀法を改正
18. すべてのひとびとのため公⾦⽀出
19. 経済特区制度は廃⽌
20. ベーシックインカムの導⼊をめざします
21.「デフレ脱却⼿当」で⽉ 1 万円配布
22. 社会保障制度を組み換え
23. 地⽅でも常に仕事が持続するインフラ事業
24. ひとびとの命や暮らしを守るのに必要な施設は建設を
25. 奨学⾦債務を軽減・解消
26. 教育・保育を無償化
27. 介護、保育、看護などの賃⾦⼤幅引き上げ
28. 待機児童ゼロ、介護離職ゼロを実現します
.



by kazuo_okawa | 2019-07-14 17:30 | 本・書物 | Trackback | Comments(0)