人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

2019年 07月 05日 ( 1 )

第25回参院選が7月4日公示された。

争点は、安倍晋三首相の政権運営そのものと言えるだろう。

或いは多くのメディアの指摘の通り、消費税増税、年金制度、憲法改正などが争点ともいえる。
しかし増税、年金、憲法が真に争点なら多くの国民からすれば、政権を支持するとは思えない。

にも拘わらず政権が支持されるとしたら、ひとえに投票率が低い時だ。

そしてテレビが取り上げなければ選挙は盛り上がらない。

では実際テレビはどうなのか、5日朝、通勤前にテレビを見ていても選挙の報道は全くない。
一体この国のテレビは誰の味方なのか、と思う。
まあ、テレビが安倍政権にのっとられて久しいともいえる。

そして4日の公示日。
証紙貼りなど選挙事務所は大変であることを知っている。

微力ながら支持する候補者の事務所に赴いて手伝った。
作業しながらここでも公選法の馬鹿馬鹿しさに嫌気がさす。

それやこれやで腹立たしさ、馬鹿馬鹿しさでやる気がなくなるのが普通だろう。

いつものことながら、選挙が始まると、本当にこの国は民主国家なのか、とつくづく思う。

そして皮肉なことに、真に民主国家を作り上げるためには、インチキ選挙制度のもとでも、よりましな候補に投票に行くしかないのである。


by kazuo_okawa | 2019-07-05 23:57 | 出来事いろいろ | Trackback | Comments(0)