人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

2019年 06月 18日 ( 1 )

大阪城天守閣前にある「ミライザ大阪城」に2018年6月15日、マジシャンのメイガス師がプロデュースする「イリュージョンミュージアム ~幻影博物館~」がオープンした。

常設のイリュージョンを見せる施設である。
会場自体は60人規模で、今は無き「ワン・オー・シックス」のような小規模劇場である。

その1周年を記念して2019年6月15日に、メイガス師自身が実演した。

私はこの日メイガス一回目のショーに入場した。演目は
①ダンシングシルク(ビッグボトル)
②ブックテスト
③折り紙ボックス
④ウーダンの「実のなる樹」
⑤ロシアンルーレット(恐怖の五寸釘)
⑥人体浮揚

ブックテスト以外はテレビでよく見たが、それでも不思議であり、何せすぐ目の前の生の実演は迫力がある。

メンタルマジックは好きなので、②のブックテストは不思議であった。

また⑤ロシアンルーレット(恐怖の五寸釘)が実に意外な結末となった。
このマジックは、6つの紙袋のどれかに上向きの釘が入っていて、ひとつずつ手で上から思い切り紙袋をつぶして、最後の一つまで釘を残すというマジックであり、テレビではかつてマリック師が演じていたこともある。
ところがこのマジック、とある番組でそれに挑戦した女性キャスターの手に、見事にぶっささってしまった失敗動画(放送事故)がユーチューブに流れていることを、冒頭、メイガスがつぶやく。
「怖いマジックです」とも。

そして実演。

無論、一つだけ五寸釘が入った紙袋は他の紙袋とも、客、メイガス共々に混ぜ合わせるから何処に五寸釘が入っているかは分からない。
そして客に紙袋を一つひとつ選ばせ、メイガスが手で上から思い切り潰す。
一つ目成功、二つ目成功、そして三つ目。

何と、掌でペシャっとつぶすも、指の間から五寸釘が…。

「怖い怖い、釘はこれだったんですね。ただ、指の間だったから怪我はしませんでしたが…」と終わった。
これだから、一回目のショーは面白い。

いやあ、怖い!怖い!
.

by kazuo_okawa | 2019-06-18 20:50 | マジック | Trackback | Comments(0)