人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

2019年 03月 11日 ( 1 )

豊島将之棋聖の挑戦者を決める、第90期ヒューリック杯棋聖戦二次予選で、久保利明九段VS藤井聡太七段の対局が3月11日に行われた。

公式戦初対局であるが、久保九段が127手で藤井七段を破り、12回目の決勝トーナメント進出を決めた。

藤井七段の歴代年間最高勝率もかかる大一番であり、この注目の一番に久保九段が藤井戦の勝利したのは私としては嬉しい。

無論、格から言えば、久保九段の勝利で当然なのであるが、何せ、相手はあの天才藤井七段である。
しかも過去には、佐藤名人、羽生九段、広瀬竜王、渡辺棋王と数々の実力者に公式戦で勝利してきたのである。
加えて、藤井七段の対振り飛車戦の勝率は9割以上と半端でない。
しかも非公式戦では藤井七段が勝利している。

もっとも、非公式戦はどこまでいっても非公式戦である。

本日の終盤、藤井七段の落ち込みようは明らかであったが、いささか自信を持ちすぎたのではないだろうか。

無論、藤井七段はそれを学習して修正してくるだろうから怖いのであるが…。

AIの影響で、振り飛車が「不利飛車」と揶揄されるなど、「振り飛車冬の時代」にも、久保九段は振り飛車党エースとして、孤高に振り飛車を採用する戦士である。
私は、ここが好きである。

気は早いが、久保九段にはこのまま棋聖戦の挑戦者に是非成っていただきたい。
.

by kazuo_okawa | 2019-03-11 19:49 | 将棋 | Trackback | Comments(0)