私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

2018年 10月 02日 ( 1 )

人民新聞裁判

2017年11月21日に、人民新聞山田洋一編集長に対し不当逮捕が行われた。
これはこれで問題であり、刑事事件は別途争われている。

その逮捕と同時に行われた(彼の個人宅ではなく)新聞社への家宅捜索に対し、人民新聞が原告となり(私が代理人となって)兵庫県警への国家賠償請求訴訟を9月18日に提訴した。

要するに、彼個人のエリアは別として、何故、勤務先まで捜索・押収されなければならないのか、というのが本質的な問題である。
これは言ってみれば、あなたが経営者として、従業員が逮捕されたときに、事件と関係もないあなたの会社が捜索・押収されるようなものである。

本来、「刑事事件の捜査のための」捜索差押であり、刑事事件と関係なしに、市民・団体の私物を抑えるなどということは到底許されないはずである。

しかも本件では、山田氏の刑事事件の一審判決が終了しても、一部は返していない。
まさに、令状主義を無視した「保安処分」と言ってもよいだろう。

無論、こういうことは許されていいはずはない。

本裁判の第1回法廷は
11月28日(水)午前10時(大阪地裁202号法廷)と決まりました。
ぜひ協力と参加をお願いします。
.

[PR]
by kazuo_okawa | 2018-10-02 23:58 | 出来事いろいろ | Trackback | Comments(0)