私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

2018年 10月 01日 ( 1 )

先日、リスペクトの政治を作る大阪弁護士有志の会主催でいわゆる立憲野党をお呼びして集会を開いた。

国民からは集会のご協力を得ていたものの、日程の都合が合わず、結局参加は、立憲、共産、社民、自由。

自由党の渡辺氏は、沖縄県知事選という選挙前で大変な時期であったがご協力いただいた。
その為かこの日に会場からの質問で出たのが「日米地位協定の見直し」問題である。
無論、主催者たる私たちとしても忘れている問題ではないが、改憲問題を中心のテーマとしたため本論で取り上げなかったにすぎない。
むしろ、質問が出たことにより、各党にすかさず答えて頂いた。
そして重要な問題であり、見直しは必要と回答してもらったのである。

真に日本が主権国なら当然であろう。

そして沖縄県知事選。

米軍普天間飛行場の辺野古移設反対を掲げた玉城デニー氏が、移設実現をめざす安倍政権が支援した佐喜真淳氏を引き離し当選を決めた。
重要なのは、辺野古移設問題のだんまりを決め込んだ佐喜真淳氏も公約では「日米地位協定の見直し」を挙げていたことだ。
これから「日米地位協定の見直し」が主要課題とならなければならない。

今朝のテレビのワイドショーを見ていると、台風のニュースばかりで、そもそも「日米地位協定の見直し」はおろか、沖縄県知事選のニュースすら取り上げていなかった。

政権の耳に痛い話は避けているように思える。
残念である。
.


[PR]
by kazuo_okawa | 2018-10-01 11:45 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)