私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

2018年 09月 12日 ( 1 )

検察側の罪人!

「法廷ミステリ」は好きであり、また職業的関心もあって、たいていの「法廷ミステリ」映画は見に行く。

時間をみつけて見に行ったのが、今話題の「検察側の罪人」である。
私自身は俳優にはそれほど関心はないのだが、「元SMAPの木村拓哉と、嵐の二宮和也というジャニーズを代表する2人による夢の映画共演」らしい。

まあそれはともかく、法廷ミステリなので見に行ったのだが…。

【以下、少しネタバレと私の評価をのべています】

ストーリーは以下の通り。
<都内で発生した殺人事件。犯人は不明である。事件を担当する検察官は、東京地検のエリート検事・最上(キムタク)と、新たに配属されてきた駆け出しの検事・沖野(二宮)。最上は、一人の男に狙いを定め、執拗に追い詰めていく。その男・松倉は、過去に時効を迎えてしまった未解決殺人事件の重要参考人であった人物であった。最上の指導のもと沖野は、被疑者に自白させるべく取調べに力を入れるのだが、松倉は犯行を否認し続ける。
…。>

まあこのあたりまでは、「弁護士のアナザーストーリー」と説明する主役の言葉や、検事が検察庁を「会社」と呼ぶところなど、かなりリアルで興味を持って観ていったのだが…。

実はこの「会社」と言う言葉のごとく、検事は基本的には「サラリーマン」なのである。

ところが主役の検事のこのあとの行動が、この「サラリーマン」からすればとうてい考えられない驚愕の行動をする。

無論、それを可能にするのが「ミステリ」の醍醐味であり、そこにリアリティがあればミステリファンは喝采する。
しかし、実は、全く「その説得力」がない。

最後の場面は、本作のクライマックスだろう。
この物語の作者が、二人の「顔あわせ」で終わりたいというのはよく分かる。

しかし、その必然性も描かれていない。
(一方が、来いと呼べば良い、というものでない)

ミステリは、「動機のリアリズム」「トリックの必然性」が不可欠である。
それがないのはミステリとしてどうかと思われる。

しかも、本作の根本トリック、すなわち、主役の「動機」、「意外な犯人」とも、実はミステリ史では、昔からある使い尽くされたテーマなのである。
原作を読んでいないので、何とも言えないが、映画自体は面白くない。

実は、日曜日夕刻という、映画館としては、比較的集まりやすい日時にもかかわらず、梅田の映画館の一番大きなシアターでガラガラであった(50~60人くらいであろうか)。
私にはそれがこの日一番の「意外性」であった。
.

[PR]
by kazuo_okawa | 2018-09-12 00:22 | ミステリ | Trackback | Comments(0)