人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

2018年 09月 05日 ( 1 )

斎藤七段、先勝!

第66期王座戦5番勝負第一局を見る。

台風の影響で早めに帰宅し、中盤以降をリアルタイムで見る。

中村太地王座に斎藤慎太郎七段が挑戦する。
東西イケメン対決、あるいは王子対決と言われた人気棋士同士の対決である。
しかも上に羽生世代、下に怪物藤井聡太七段に挟まれた世代でもある。
Abemaの解説者の一人が、これまたイケメンで名高い都成竜馬五段。
女性「見る将」ファンにとってはたまらないだろう。

戦型は「角替わり」。
見ている分には面白く、その上、中村王座が右金を72と配置し、飛車を6筋に展開するという新基軸。

解説者群ではAbema三浦弘行九段がA級である。

ニコ生の画面を見ながら(ニコ生にはコンピュータソフトAIの評価値や次の一手が出る)、三浦九段の解説を聞くのが実に興味深い。

例えば、斎藤73手目55銀打ちと中村王座の角を攻め、中村王座が63角と逃げた後、AIがその角を歩で攻める65歩を示していたが、なかなか考えにくい手である。
しかし(三浦九段は考えた末)、こういう場合は歩で攻めるのがいいのですよ、とAIの示した手を指摘したのはさすがである(斎藤七段は別の手)。

その他、三浦九段の読み筋が勉強になる。

終盤、ハラハラしながらも、結果は斎藤七段の先勝!

斎藤七段を応援している身としては、いやあ、実に気持ち良い。

このまま王座を奪取するのではないだろうか。

【追記】
王座戦は斎藤挑戦者から見て〇〇●●〇の3勝2敗で見事に奪取した。
.

by kazuo_okawa | 2018-09-05 01:54 | 将棋 | Trackback | Comments(0)