私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

2018年 09月 03日 ( 1 )

9月3日、テレビ朝日「報道ステーション」の富川悠太キャスターの冒頭の言葉である。

安倍首相は、総裁選において、石破氏と議論しないように
とかく逃げまくっていいるが、今回新たに分かったのは、
派閥ごとに議員全員から誓約書をとっているという。

誓約書には、安倍首相に対して「全力を尽くして応援するとともに、必ず支持することを誓約する」などと書かれているという。

あまりにも恥ずかしく、あまりにも情けない。

総裁選でも本来、選挙は「無記名投票」なのに、それを実質、形骸化させるものであり、およそまともな神経ではありえない手法である。

後藤謙次コメンテーターも、自民党内でこういうやり方を批判するものもいなくなったのか!と指摘していた。

当たり前である。

もりカケや、石破氏のスローガン「正直・公正」から逃げまくる安部氏に、まるで奴隷のようにこういう手法に唯々諾々と従う理由を教えてほしい。

この言葉は、安倍首相のみならず、支持者に対しても問われている。
「何でそこまでするのでしょうか!?」
.

[PR]
by kazuo_okawa | 2018-09-03 22:51 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)