人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

2018年 08月 25日 ( 2 )

小隙沈舟

土曜日昼から、
日本将棋連盟棋士会主催「夏休み特別企画!北斗館ビュッフェランチ&プロ棋士と遊ぼう!」
に参加する。

参加棋士は、久保利明王将、稲葉陽八段、今泉健司四段、山口絵美菜女流一級である。

棋士との交流会であり、プロ棋士同士の対局観戦のほか、例えば、プロ棋士と組んでの神経衰弱ゲームなどを楽しむ。
棋士は記憶力が良いからである。
私は(京大の後輩)山口絵美菜チームに参加する。
記憶力勝負であるからどう考えても圧勝である(はずだったが…)。

お楽しみプレゼント。
私はこの種のプレゼントにめったに当たらないのだが、この日は珍しく、関西若手実力者A級棋士の稲葉八段の直筆色紙を頂いた。

その稲葉八段が揮毫した文言が、表題の「小隙沈舟」である。

文字通り、小さな隙から舟は沈む。
ゆめゆめ油断してはならない、という意味である。

ところで稲葉八段と言えば、奨励会時代からのライバル豊島将之棋聖を思い出す。

その豊島棋聖のキャッチフレーズは「序盤、中盤、終盤に隙が無い」
そう思うとなにやら興味深い。

無論、この小隙沈舟の精神は将棋に限らずどの分野にでも言えることだろう。
.

by kazuo_okawa | 2018-08-25 20:39 | 将棋 | Trackback | Comments(0)
先ごろ「訴因 安倍晋三」(一葉社)を発行した。
森友事件を扱った著であり、主に発端になった事件と裁判を中心に書いているが、私自身が経験した他に報じられていない事実も発表している。

幸い関心を持って迎えられ、一葉社の協力で講演などさせてもらっている。

この度、下記の通り、東京で講演することになりました。

東京の友人の皆さん、
お時間あればお立ち寄りください。
森友事件を風化させないためにも…。


<一葉社プレゼンツ
シャーロキアン弁護士トーク
「森友裁判の現状と安倍政権の対応」>
2018年9月7日午後7時~9時
東京琉球館(03-5974-1333)
駒込2-17-8(駒込駅から徒歩2分)
参加費1800円(1ドリンクう付き・要予約)
.

by kazuo_okawa | 2018-08-25 08:28 | Trackback | Comments(0)