私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

2018年 05月 31日 ( 2 )

5月30日に行われた党首討論。
はっきりいって茶番である。

まずは立憲民主党党首枝野氏。
論客であるが19分しかない。

枝野氏はまず森友事件について追及する。
安倍首相が「私や妻が関係していたら総理大臣も国会議員もやめる」と昨年2月に述べていたのが、近時急に「金品の授受はないので問題ない」と矮小化しているのは卑怯な行為だと指摘する。

これに対して安倍首相は、19分の限られた時間を引き延ばしするかのように「私も枝野さんも同じ25年前に当選した」とかなんとか関係ない前口上を延々と述べたうえ、お金の流れの話は昨年3月にしている、従って今回初めてではない、と強弁する。
これは誰が見たってまともに答えていない。

「金品授受があったらやめる」といったのではなく、「私や妻が関係していたら総理大臣も国会議員もやめる」といいていたのである。それが、もはや少なくとも妻の関係は明らかになったために、その発言を打ち消すかのように、「金品の授受はないので問題ない」と矮小化すろことを問題にしているのに、有名な「ご飯論法」で逃げている。

次いで、枝野氏の質問は<私人の総理夫人に公務員の谷氏がつき、その谷氏が財務局へ問い合わせしたこと>の問題を問いただしたとき、安倍首相は、<森友事件の本質はそこにはない。谷氏は「そういう制度をあてはめるべきではないか」と政策を求めた>とこれまた強弁する。

誰が見ても、論点外しである。

しどろもどろであり、まともに答えていない。
無論「丁寧に説明する」とは程遠い。

これが「一国の首相」とは!

あらゆる意味で情けな過ぎる。

.

[PR]
by kazuo_okawa | 2018-05-31 23:06 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)
豊島将之八段は、昨夏以来レーティング一位の最強棋士である。
贔屓目でなく強い。

早晩タイトルを取るだろう。

6月6日から、羽生善治棋聖に挑戦する棋聖戦が始まる。

そして5月30日、王位戦白組プレイオフで豊島八段は澤田真吾六段に勝利し、紅組の覇者羽生竜王と挑戦者決定戦を戦うことになった。
それが、6月4日である。

つまり、羽生竜王と豊島八段は棋聖戦で戦うが、同時に王位戦挑戦者をかけても戦うのである。
これはまるでデジャブ現象のようにこの冬の久保王将との戦いを思い出す。
久保王将と豊島八段は王将戦を戦いながら、同時に名人戦挑戦者をかけても戦った。
豊島八段はその過密な日程で、そのハードさも話題になった。

この冬には結果を残せなかったが、今回は違うだろう。

ワンマッチの挑決戦は別として、番勝負となれば、豊島八段は棋聖位は奪取すると私は予想している。

(菅井・豊島戦はこの先何度も見られるだろう。むしろ、菅井のゴキゲン三間飛車に対する羽生竜王のリターン・マッチが見たい。また豊島八段にはぜひタイトルをとってほしい、という私の主観が多いにに入った予想であるが…)

.


[PR]
by kazuo_okawa | 2018-05-31 00:22 | 将棋 | Trackback | Comments(0)