私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

2018年 03月 12日 ( 1 )

奈良大学名誉教授の中尾真理氏がちくま学芸文庫から『ホームズと推理小説の時代』を発行された。

英文学の専門家にしてシャーロキアン。

ホームズ誕生からいわゆるミステリ黄金期を論じたものである。

中尾氏によれば、ホームズ物は英文学の対象となっていなかったらしいが、その中尾氏は「時代は常に動いている」との指摘のもと、ドイルとホームズが英文学の重要な位置を獲得する、と述べられる。
この指摘はシャーロキアンとしては大変嬉しい限りである。

とはいえ、現時点では英文学の対象ではないという位置づけの中にありながら、ホームズとワトスンに引き付けられる「謎」を解き明かす、というのが本書のテーマである。

そして推理小説論の中から著名な3冊を指摘し、そしてミステリファンならおなじみの著名作家が並ぶ。

読み始めたところだが、ミステリファンなら垂涎の著だろう。


.


[PR]
by kazuo_okawa | 2018-03-12 19:10 | ミステリ | Trackback | Comments(0)