私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

2018年 03月 09日 ( 1 )

混乱の責任!

ニュースによれば、森友学園への国有地売却問題をめぐり、大きな動きがあった。
一つは、またしても「自殺」事件である。

新聞記者から知らされたのだが、財務省近畿財務局の担当部署で対応に当たった男性職員が神戸市の自宅で死亡しており、自殺とみられるという。
物悲しいとしか言いようがない。
遺書を残していたというのであるから、きちんと真相を調べてほしい。

そしてもう一つは、佐川国税庁長官が辞任したという。
国会で「丁寧な説明を欠き、混乱させた」責任を取るという。
彼の国会の説明は「丁寧さ」を欠いたのではなく、「虚偽答弁」が疑われているのである。
安倍政権にとって大きな打撃と言われているが、やめれば済むものではない。
そもそもこのような人物を国税庁長官にした安倍政権の責任が一番大きい。

加えて、混乱の責任は、やめるだけではなく「真相」を語ることだろう。

ときあたかも木村真議員の代理人として起こしている森友国有地不当払下げ国賠訴訟において、本日が提出期限で、国側に求釈明をすることになっていた。
この訴訟は、森友事件報道のきっかけになった訴訟である。

この間の急速な動きを見ながら、木村議員とぎりぎりまで打ち合わせを重ねてきたが、それを本日、裁判所と被告国に提出した。
その日の、このニュースである。

全く偶然ではあるが、印象深い一日となった。
森友事件の責任を取らせる、その始まりの一日としたい。


.

[PR]
by kazuo_okawa | 2018-03-09 22:51 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)