私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

2018年 03月 08日 ( 1 )

森友公文書の改ざん!

近畿財務局は、豊中国有地を只同然で売り渡した。
8億円を値引きしなければならない「ごみ」などないことは最早明らかである。

そのような「ごみ」のないことは日本共産党の調査結果に出ているし、逆に、財務局側が何ら根拠を示していないことは会計検査院報告も指摘している。
本来禁じられている「交渉」も、交渉テープも明らかにされた。
つまり財務局は森友学園に、最初に「値引き」ありきの「交渉」だったことも明らかになったのである。

そして朝日のスクープ。

契約当時の文書と、その後開示された文書が、同じ決済文書でありながら、内容が違うという。
これは明らかに、開示するときに中身を精査して、都合の悪いところを削除したのだろう。
ではその都合の悪いところとは何か。

削除には「特例的な内容」「本件の特殊性」などの表現があるという。

要するに安倍昭恵夫人が名誉校長となり、夫人お付きの谷公務員が問い合わせするというのがその「特殊性」である。
そうすれば、財務省がわざわざ法に触れかねないことまでして削除し、何を隠そうとしたのかは明らかだろう。

安倍夫妻とのつながりである。

必死になって安倍首相夫妻を守りながら、いまや、財務省はその安倍首相から、切り捨てられようとしている。

当初「いい教育と聞いている」と持ち上げた籠池理事長夫妻を、その後一転して「詐欺師」呼ばわりしている身勝手さを想像してしまう。
ひどい話である。


.

[PR]
by kazuo_okawa | 2018-03-08 23:33 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)