私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

2018年 02月 14日 ( 2 )

天才対決の予測!

羽生竜王対藤井五段の初対決が話題を呼んでいる。

この土曜日2月17日に朝日オープンの準決勝で二人が闘うのである。

非公式戦では1勝1敗だが、あくまで非公式戦に過ぎない。

棋界の第一人者羽生に藤井が勝ち、さらに決勝でも勝利すればそれはとてつもなく凄いことなのである。

まあ、普通はあり得ない!

どう考えてもあり得ないのだが

実は羽生自身が、五段時代にNHK杯戦で、歴代四名人を破ったことは羽生伝説としてあまりにも有名である。

とすれば藤井五段も、伝説を作って何らおかしくない。

の藤井五段。

前哨戦である14日に、大阪市の関西将棋会館で指された新人王戦で藤井五段は古森悠太四段を難なく85手で破った。

将棋連盟アプリで見たが(というか、夕方、仕事を終えてABEMAにアクセスすると終わっていた)強すぎる!

しかもニュースによれば、この日はバレンタインデーとあって、同会館には藤井五段宛てのチョコレートも大量に届けられ、藤井五段は持ち帰れないほどだったという。

何やら流れが藤井に吹いているように思える。

しかし相手は歴戦の強者、羽生である。

永世七冠である。

いやあ、まったく読めない。

羽生が貫録を示して藤井を打ちのめすのか、

それとも藤井伝説第二章が始まるのか。

オールラウンドプレイヤー羽生がどういう戦型をとるかも注目である。

私は,相居飛車で、羽生の勝利と予想するが、まったく自信がない。

.


[PR]
by kazuo_okawa | 2018-02-14 23:53 | 将棋 | Trackback | Comments(0)

藤山新太郎師の気概!

2月12日(祝)に「MagicSession大阪」なるマジック・ショーが開かれた。
会場は、道頓堀ZAZA。
もとは大阪では著名な老舗の舞台である。

そこに出演したのは我が京大奇術研究会の後輩鈴木大河師を初めとするFISM2018出場者3名と2017年度アンタイトルドコンサート出演者3名他である。

FISMとは、3年に一度開かれるマジック界のオリンピックであり、予選を勝ち抜いてそこに出場するだけでも素晴らしいのである。

後輩鈴木大河師がお目当てで、12日夜、ZAZAに駆けつけて拝見したが、出演者はいずれも実に見事なものであった。

このプロデュースは、藤山新太郎師。
和妻を中心としたベテランマジシャンである。

この日会場は満員であったが、実は、入場料がかなり廉価であった。
藤山師の話では、師自身は(東京から大阪に来ているのだが)ノーギャラ、ノー交通費で、むしろ若手マジシャンの支援の為に企画したという。

自分自身も、若いときに、先輩達に御世話になった。
だからこそ、今度は恩返しと考えているという。

こういう人がいるのはホントに嬉しい。

私利私欲を離れ、自ら属する世界と後輩達の事を考える。

とかく「今だけ、カネだけ、自分だけ」という風潮の世の中で、こういう人がいるのは素晴らしい。

後輩の応援に行って、藤山新太郎に率直に打たれた。
FISM2018出場者3名には是非とも入賞を果たしてほしい。


.


[PR]
by kazuo_okawa | 2018-02-14 00:41 | マジック | Trackback | Comments(0)