私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

2018年 02月 08日 ( 1 )

  • 日本将棋連盟から、2017年獲得賞金・対局料ベスト10が発表された。
    1位は渡辺明棋王である。

    昨年、誰が活躍したかを考えたとき、将棋ファンなら「これはないだろう」と思うのではないか。

    渡辺棋王は、昨年、竜王位を失冠している。
    そして、棋王、竜王以外のタイトルには何ら絡んでいない。
    それどころか前半は勝率3割台であった。

    にもかかわらず渡辺棋王がトップなのは、竜王戦に限っては、翌年に賞金が得られるからである。
    つまり渡辺は、2016年に竜王だったからその賞金が2017年に反映されているのにすぎない。
    毎年いっているのだが、その年の活躍ぶりが分かるのが、「獲得賞金・対局料ベスト10」の意味なのであるから、
    実際に払われる年でなく、その権利が発生したときにすべきである。

    そうすれば、渡辺は一位ではなく、一位は羽生竜王である。
    羽生のみが唯一複数タイトルであるから、これは実感にもあう。

    私は以前からそのように訴えている。

    ときあたかも藤井聡太四段が、五段に昇格した。
    史上最年少五段であるが、実はひふみん加藤一二三九段も同じく若くして五段になっていた。
    しかし加藤九段は権利獲得時でなく、年度変わってから昇段となった。
    それゆえ藤井五段が史上最年少である。
    これは権利獲得時に昇段という規定に変えたからである。

    これはこれで良い変更である。

    それならば「獲得賞金・対局料ベスト10」についても同じようにすべきだろう。


    .






  • [PR]
    by kazuo_okawa | 2018-02-08 20:46 | 将棋 | Trackback | Comments(0)