私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2018年 01月 23日 ( 1 )

昨年、成文堂から690頁にも及ぶ大著が発刊された。
『新時代の刑事弁護』である。

編著者の浦功先生は、私たちの先輩であり、大阪弁護士会刑事弁護委員会をリードされてこられた方だ。
かつ私にとっては、浦先生が労働者弁護団、連合大阪法曹団の代表をされたときに、いずれも私が事務局長をさせて頂いたというご縁もある。

その執筆メンバーに加えて頂き、私は拙稿「数学的刑事弁護~検察官の誤謬に打克つ」という論考を寄せた。

刑事裁判における検察官の統計的立証には誤謬もあるので注意すべしというものであるが、幸い、好評をもって迎えられ、この新年に同期の弁護士から暖かいお礼を頂くなど大変嬉しい思いをしている。

とはいえこれも論文発表の場を頂いたからともいえよう。

昨日、その執筆メンバーの打ち上げ会があった。

大変楽しい打ち上げ会である。

各人の挨拶に、企画から出版までの苦労が伺われるが、同時に、この日本の刑事司法を良くする為の思いが詰まっているともいえる。
少しでも、日本の刑事司法の前進のために役立てばこれに勝る喜びはない。

一読頂ければ幸いです。
.

[PR]
by kazuo_okawa | 2018-01-23 22:58 | 出来事いろいろ | Trackback | Comments(0)