人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

2017年 10月 17日 ( 2 )

木村真豊中市議の代理人として提訴した情報公開行政訴訟。
いわゆる森友学園に国が激安で払い下げたその売買契約書の開示を求めたところ一部黒塗りだったのでその不開示の取消を求めた訴訟である。

その第5回口頭弁論期日が10月17日に行われた。

被告国第4準備書面陳述、国家賠償請求訴訟に訴えを変更した後の被告国の実質的な主張である。
しかし内容がとうてい納得しえない。
そこで急遽反論の書面を作った。
それが原告準備書面3陳述である。

法廷でも要約を述べる。
内容は、<公開することによる相手方の事業への支障を配慮するのは、その契約書が正当な場合のもの。不当な値引きのような場合は非開示にして保護すべきものではない。国は、公開して現に恐れが顕在化したとして、森友学園が民事再生をしたことを指摘するが、これではあたかもこういう森友学園を守るべきだったと言いたいがごときで不当である。また木村議員のブログを精査して「ラッキー」の言葉を引いて損害はないなど、まるで揚げ足取りとしか言いようのない国とは思えない主張だ。>
と述べました。

選挙中で、かつ小雨の中、今回も傍聴席はほぼ満員であり、有り難く思っています。
終了後、今回も裁判所南側の河川横で報告集会を開きました。

次回は12月15日午前11時半、202号法廷です。
引き続きご支援をお願いします。




by kazuo_okawa | 2017-10-17 17:09 | 出来事いろいろ | Trackback | Comments(0)

よく言うよ、アベさん!

一体全体この人はどういう精神をしているのだろう。

ニュースによれば、安倍首相は16日の街頭演説で、新党を批判して「阪神タイガースは、連敗しても名前を変えませんよ。」「しかし、選挙で当選するために名前を変えている政党がある」と新党を批判しているのである。

よく言うよ!

そもそも、「戦争法」を「安保法」と呼び名を変えたのは誰なのか?
「共謀罪」を「テロ等準備罪」と呼び名を変えたのは誰なのか?
「残業代ゼロ法案」を古くは「ホワイトカラーエグゼンプション」、そして今ではそれも変えて「高度プロフェッショナル制度」と呼び名を変えたのは誰なのか?

いずれも法案を通すために、真実を隠す呼び名にしたのではなかったか?!

しかもこの人は、自らこういう「印象操作」をしながら、国会では森友疑惑を突きつけられ「印象操作をしないで下さいよ」と平気でいう人なのである。

「法の支配」を平気で破りながら、アジアを歴訪して「法の支配が重要だ」という人なのである。

国内では「報道の自由」などを自由を抑圧し(安倍政権で、世界の「報道の自由度」ランキングが大きく落ちたことはよく知られた事実)、強行採決の数々の通り「民意」を無視しながら、アメリカ議会では平然と「自由と民主主義を共有する」と言う人なのである。

メディアはどうしてこういう安倍首相を批判しないのだろうか。

「報道の自由度」はさらに落ちたのだろうか!


【追記】
何で「阪神タイガース」の話をしたのかと思ってユーチューブを見ると、何と「安倍総理【街頭演説フル】大人気 なんば高島屋前 2017年10月16日「安倍総理がんばって~」と出ている。
16日、まさか大阪に来ていると思わなかった。
私は16日東京出張であったため、(東京で聞けないかと思って)15日に安倍首相の演説日程を調べたが、そのときはステルス作戦のためか、安倍首相の16日の予定は出ていなかった。
さて、「安倍総理【街頭演説フル】大人気 なんば高島屋前 2017年10月16日「安倍総理がんばって~」 を全部見たが、聴衆の様子がほとんど出ていない。
演説の内容は、北朝鮮と民主党批判、そして大阪よいしょ(串カツ二度付け禁止ネタなど、しかし受けていない)。
肝心のモリカケ疑惑やアベノミクスの失敗など都合の悪いことは一切述べない。
無論、消費税増税について前回の公約との矛盾も…。
何よりも気持ち悪いのは、所々に声援・拍手が起こることだ。
しかし、聴衆の様子はほとんど見せない。
演説終了後、安倍首相が聴衆と握手しますとアナウンスされ、ようやく聴衆の様子が見られると思ったら、番組は突然そこで終わった。つまり肝心のその握手の場面はない。
ちなみに枝野氏は聴衆にもみくちゃにされるくらい囲まれる。
このような状態なのに「 安倍総理【街頭演説フル】大人気 なんば高島屋前 2017年10月16日「安倍総理がんばって~」 との表題でアップされているのである。
これが何を意味するかは改めて言うまでもないであろう。






.


by kazuo_okawa | 2017-10-17 00:46 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)