人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

2017年 02月 26日 ( 3 )

東洋経済オンラインニュースがいい。

国民の財産である国有地を、(豊中市に売却した金額を基準にすれば)約13億円になるものを、(売買契約書上、有益費を国が負担したと見られることから)わずか200万円で払い下げしたという大スキャンダル。
このような巨額の激安を、一役人の判断で出来るわけが無く、当然、政治家の関与が想像されるところである。

東洋経済は国会の報道を元に、次のように報じている。

24日の衆院予算委員会で日本共産党の宮本岳志衆院議員が「2015年9月4日午前10時から12時まで、近畿財務局9階の会議室で近畿財務局は森友学園側と売買・価格交渉をしたのではないか」と財務省を問い詰めた。

そして<この日の前日午後2時17分から27分まで、財務省の迫田英典理財局長(現国税庁長官)が岡本薫明官房長と共に官邸に入っている。迫田氏は安倍首相の地元・下関市の出身だ。そして安倍首相は4日午後、テレビ出演のために大阪入りしている。>

2015年9月という時期は、国民的反対運動が起こったいわゆる安保法案の国会審議の真っ最中である。
安倍首相が、そのような時期に、国会を休むこと自体が不遜であり、しかも、自ら好むメディアを選別して出演すること自体もとうてい許されない。
それだけでもひどいのだが、仮に好みのメディアに出演するとしても、何故に在阪局でないといけないのか。
全く不可思議としか言いようがない。
いずれにせよ、その時期に、安倍首相は、わざわざ来阪してきたのである。

<このように森友学園問題に関しては、9月3日に国有地売買を管轄する理財局長が安倍首相と面会し、翌4日午前には近畿財務局が瑞穂の國記念小學院の建設会社と会合を開き、午後には安倍首相が大阪入りするという一連の流れが見てとれる。ちなみに昭恵夫人が名誉校長に就任したのは、その翌日の9月5日のことだ。>と東洋経済は続く。

さて明日からの国会で、迫田氏を始めとする重要参考人の国会喚問は是非とも実現されなければならない。
自民党が喚問に反対するなら、そのこと自体が批判されなければならないだろう。




.
by kazuo_okawa | 2017-02-26 20:16 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)
政権を揺るがしかねない大スキャンダル。
豊中国有地激安払い下げ疑惑。
約13億円の土地を、実質200万円で購入する。
こんな不可思議なことが、単に、一役人の判断で出来るのか。

2週続けての集会。
怒りの声を示すためにも、是非多数お集まり下さい。

「瑞穂の国小学院国有地売却疑惑の真相究明を求める緊急市民集会」(仮称)
3月11日(土)午後2時から
豊中文化芸術センター多目的室(阪急曽根駅東)
ゲスト:菅野完さん(『日本会議の研究』著者)
運営協力費 500円

「瑞穂の国小学院と日本会議」
3月19日(日)午後2時から
豊中市立中央公民館(阪急曽根駅東)
講師 上杉聡さん(「日本会議とは何か」著者)
運営協力費 300円

【3月6日追記】
主催者からの連絡では、3月19日の講師上杉さんから「都合が悪くなった」との連絡があったそうです。
上杉さんの講演が無くなったのは残念ですが、集会自体は行うそうです。


.
by kazuo_okawa | 2017-02-26 13:05 | Trackback | Comments(0)
「将棋界の一番長い日」A級順位戦最終局。
1敗で首位を走る稲葉は最終局は森内九段。
1差で追いかける羽生三冠は屋敷九段と戦う。

羽生と森内は小学生時代からの長い長いライバルにして戦友。
こういう流れだと、森内が稲葉を倒し、羽生も勝って、プレイオフということもかつてならあり得た。

しかし結論は、羽生は負け(もう一人可能性のあった広瀬も負け)、稲葉は勝ってあっさりと挑戦権を獲得した。

羽生のいない名人戦は一体何年ぶりなんだろうか。
何やら、羽生(森内)時代の終焉を感じさせる。

佐藤天彦名人対稲葉陽八段。
20代同士の、そして、今、もっとも勢いのある者同士の対局である。

実に楽しみである。



.
by kazuo_okawa | 2017-02-26 09:49 | 将棋 | Trackback | Comments(0)