人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

2016年 10月 28日 ( 2 )

小川心平師、亡くなる!

今朝、出かけ前にフジテレビ「特ダネ!」を見ていると、世界的マジシャン死す!とのニュースが流れた。
一瞬テレビに目を奪われると、亡くなられたのは小川心平師であった。
マジック界にその名を知られエンターテナーである。

日弁連の人権大会など、弁護士会の集まりは全国各地、持ち回りで行われることが多い。
私は、以前からマジックバーへいくのは好きだったが、2006年頃からは、意識的に日弁連などの企画に合わせて全国のマジックバーを回ってきた。

小川師は長崎県でマジックバーを開かれている。
いつしかそこへ行くことは楽しみの一つであった。

しかしそれがかなわぬまま亡くなられた。

例えば、「小川心平懇親の力作!!」と謳われた師の作品「MELT DOWN」。
その作品を購入して驚く。
マジックのトリックは単純なものが多いが、これも同様である。
しかし、トリックを買ったからといって、誰しも小川心平師のように美しく見せられるものでない。
この実演を、師のマジックバーで直接見たかったものである。
色々な意味で、あまりにも悲しい。
合掌。
.
by kazuo_okawa | 2016-10-28 23:19 | マジック | Trackback | Comments(0)
昨年成立の「戦争法」が違憲であることは、これまで繰り返しこのブログで述べてきた。
それゆえ全国的に、違憲訴訟が提起され、私も、大阪の弁護団の一人である。

そして今、南スーダンに派遣されようとしている「駆けつけ警護」
国会答弁を聞いても、政府の答えは矛盾している。
日本が平和主義国家ならとうてありえない派遣である。
無論、違憲きわまりない。

そこで本日その指し止め訴訟を提起する。

尚、先に提訴した戦争法違憲訴訟の第一回は、11月15日午前11時。
大阪地裁202号法廷(大法廷)です。
是非ふるってご参加下さい。
(私自身は、これらの弁護団ではありますが、実働は、冠木弁護士と若手弁護士に任せています。)

【2016年11月17日追記】

なんという皮肉なことか。
本年3月施行の戦争法に基づき、自衛隊の任務に「駆けつけ警護」が新たに付与される閣議決定を、安倍政権は11月15日に行った。
上記戦争法裁判の第1回期日である。
駆けつけ警護とは武装集団に襲われている他国軍部隊などのいる場所に要請を受けて向かい、武器を使って援軍する役目であり、まさに「戦争」である。
「専守防衛」でない以上、憲法違反はどのように言葉を変えようとも憲法違反である。




.
by kazuo_okawa | 2016-10-28 00:02 | Trackback | Comments(0)