人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

2016年 04月 24日 ( 2 )

熊本震災で大変な状況であるが、
この国の政権は油断がならないから要注意である。

本日投票の北海道補選、京都補選を前にして、熊本震災後こそ報道されることは少なくなったが、菅義偉官房長官が相次いでテレビ出演や講演を行い、民進党と共産党批判のボルテージを上げていた。
衆院北海道補選や参院選に向けた両党の選挙協力をけん制するのが狙いで、さながら「民共合作」批判のスポークスマンと化していた。

ある時は「共産党の綱領は日米安保条約破棄、自衛隊解散だ」と述べ、同党と民進党の安全保障政策の違いを強調したというのだから、明らかに両党の分断を狙っていた。

しかし、「目くそ耳くそを笑う」とはこのことだろう。
自公の合体はどうなのか。
公明の平和主義と安倍首相の「戦争出来る国家」はどう相容れるのか。

また、共産党綱領をあげるのならば、およそ近代の思想から離れたまるで江戸時代かと思う「自民党の改憲草案」をもっとひろく知らしめるべきだろう。
自らの改憲草案をこっそりと隠しておくのではとうてい共産党を批判出来まい。
ちなみに、共産党は、国民連合構想で自党の政策は封印することを約している。
一方、安倍首相は、改憲を公約している。
どの箇所を改憲するかは、お試し改憲とか、緊急事態条項とか言うのみで、共産党のように、封印する箇所は何ら述べていない。

どちらが誠実かは明らかだろう。
本日の補選、どういう結論になるのだろうか。
もうすぐ投票締め切りである。



.
by kazuo_okawa | 2016-04-24 19:27 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)

天彦返して、1勝1敗!

将棋名人戦、第2局は、挑戦者佐藤天彦八段が羽生名人に勝利してタイになった。

第1局は横歩取りであったが、第2局は相矢倉。

「矢倉を制さずして、天下は取れない」ということだろう。
天彦のこの戦型選択にその自信を感じさせる。

ニコ生の佐藤康光九段の解説が興味深い。
対局者の次の手が当たらないことが、却って、指された手の意味を際だたせている。

それにしても天彦は強い!
最終盤、どれくらい秒読みに負われて指し次いだであろうか。

これまで、あのような局面になれば、最後は必ず羽生が勝ったものだが…。

ひょっとすれば、ついに、羽生が敗れる、という将棋史の境目に立ち会うことになるのだろうか!
名人戦、俄然、面白くなった。

【追記】
本日の朝日新聞記事の見出しは「佐藤逆転、1勝1敗」
毎日新聞の見出しは「佐藤、大逆転でタイ」
見出しを見たとたん「やはりそうだったのか!?」と思う。
控え室が「先手(天彦)持ち」と言ってるときも
佐藤康光は「後手(羽生)持ち」と述べていた。
最後の場面は、やはり、羽生の詰みがあって、それを羽生がそれを見逃した。
毎日新聞記事は次のように書く。
「佐藤が最後まであきらめない姿勢を貫き、羽生のミスを誘った」
羽生こそが今まで「羽生マジック」といわれる逆転をしてきた男である。
その羽生に逆転で勝利した!
今季名人戦は、何か実にぞくぞくする展開である。



.
by kazuo_okawa | 2016-04-24 00:10 | 将棋 | Trackback | Comments(0)