人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

2016年 04月 04日 ( 2 )

週刊将棋、休刊!

週の初めである月曜日に駅の売店で、その日発売の「週刊将棋」を買うのが楽しみであった。
その「週刊将棋」が昨年度で休刊となり、先週3月28日の発売が最終号(3月30日号)であった。

本日、駅売店を通っても、もはや販売していない。
実に寂しい。

「週刊将棋」の休刊は、ニコ生その他ビジュアルな将棋メディアが発達してきたからであり、休刊の挨拶でも「メディアをとりまく環境の変化は著しく、「週刊将棋」はその役割を終えたと判断いたしました。」とある。

事実であろう。
無論、少子化と他の遊びの増加などを受けて将棋ファンの減少も要因に違いない。

そして、何も将棋だけに限らないが、「活字離れ」も大きいだろう。

確かに、視覚、聴覚に訴える映像メディアの力は大きい。
今後、そのメディアの重視は避けて通れない。

しかし、一方、人類はその視覚、聴覚などの情報を「言葉」に代えることによって、その知能が発展してきたはずである。

「活字離れ」は、何やら人類が「幼児化」していくようで不気味である。
4月6日は<新聞を「読む」日>だそうであるが、この日、「週刊将棋」が読めなくなった。

【注記】
駅スタンドで一早く買うから月曜日に買うが、定例発売日は水曜日である。
従って、最終号は3月30日号であり、もしも休刊なくば、4月6日号であった。


.
by kazuo_okawa | 2016-04-04 19:24 | 将棋 | Trackback | Comments(0)
このたび発売された東野圭吾の文庫版「禁断の魔術」は、2012年に発行された単行本「禁断の魔術・ガリレオ8」所収の「猛射つ」(中編)を、基本はそのままに、内容を膨らませて長編化したものである。

先に単行本を読んでいても、十二分に楽しめるところが、さすが東野圭吾である。

文庫本(長編)冒頭は、単行本(中編)にない、ホテルでのエピソードから始まる。
あたかも「マスカレード・ホテル」を想起させるとともに、いきなり登場する女性が「瓜実顔で、大きな目がやや吊り上がっている」。
いいですね。
東野ミステリによく出てくる「目の吊り上がった美女」パターンである。

長編化している分だけ登場人物への心理的共感は深くなる。

真相を解明するためのきっかけは、文庫本(長編)の方がいいだろう。
読み手にとって、長編化すれば最初の方のストーリーを忘れがちだが、このインパクトのある手掛かりは印象に残るからである。
こういう細かいところもうまい。

考えてみれば、古くは森村誠一の「新幹線殺人事件」などを始め、
ミステリの世界では、既に発表した自己の短編を長編化することがある。
それは、その短編の構想に作者として思い入れがあるからだろう。
だからこそ東野圭吾自身、文庫本の帯で、「シリーズ最高のガリレオ」と断言している。

最終場面は、映画「ジャッカル」を思わすサスペンスである。
映像化が期待される作品と言えるだろう。

(本稿は2015年6月にアップしたものをうっかり削除したため再掲です)



.
by kazuo_okawa | 2016-04-04 11:43 | ミステリ | Trackback | Comments(0)